あなたと彼の関係はどんな関係?【恋人との良い関係】を大調査♡

大好きな彼とは≪良い関係≫でいたい♡

理想の関係を知っておけば 付き合ってから長続きするかも!

お付き合いしている人も、そうでない人も知っておいた方がいい≪恋人同士の良い関係≫。今回は、それがどんな関係なのかを徹底解剖しちゃいます♪

大好きな彼とずーっとラブラブでいるためにも、今回ご紹介することをぜひ参考にしてみてくださいね。

①≪話し合い≫ができる関係

相手の意見を聞いて自分の意見を言う

話し合いができる関係は、恋人関係を円満かつ長続きするうえでとっても大切。喧嘩した時に、頭ごなしに怒鳴って喧嘩をするのはナンセンス。

相手の意見を聞いて、自分の意見もきちんと言える≪話し合い≫ができる関係が◎真剣な話ができない関係は、どこかでヒビが入ってしまいます……。

②お互いを≪尊敬≫し合える関係

自分に足りないものを相手が持っている

互いに尊敬できるところがあると、関係はとっても良いものになります。

自分と違うところに嫌悪感を抱くのではなく、「彼(彼女)のこういところ、私(俺)にはないから尊敬するなあ」と互いに思える関係が◎

「この人と一緒にいたら、自分はもっと成長できる」という関係が良いですよね♪

③≪思いやり≫を忘れない関係

相手本位になることを忘れない

そしてそして、とーっても大事なのが≪思いやり≫を忘れないこと♡

自分の立場にばかり固執してしまったり、自分のことばかり考えてしまうと、相手の良いところが見えなくなったり、相手に求めることが多くなってしまいます。

相手本位になることは、常に忘れないように心がけましょう♪例えば彼が忙しい時は、「なんで会えないの?連絡くれないの?」などと言わず、見守ってあげるのが◎

④≪個人主義≫でいれる関係

いつも一緒ではなく 自分の時間も大切にできる

個人主義でいれる=お互いが一人の時間を大切にしている、楽しめている、ということ♡

四六時中一緒にいるカップルがラブラブで素敵なカップルというのは、少し違います。お互いに、一人の時間を大切にすることを許せているうえで、一緒に居る時間を楽しめるのが素敵な関係と言えるでしょう♪

自律している関係は互いが重荷になることなく、余裕をもったお付き合いができるます。

恋人同士も人間関係の一つ ということをお忘れなく!

束縛ばかりの関係は いつか苦しくなっちゃう!

恋人関係とえいど、それも人間関係のひとつ。束縛ばかりしていては、お互いが苦しくなってしまうことは目に見えています!

互いの人生を尊重して、ゆとりを持って付き合えたら良いですよね♡