駆け込み需要モテに引き続き! 2018年【新春初売りモテ】を見極めろ

年末の駆け込み需要モテに引き続き、 【新春初売りモテ】してない?

年末年始は男女の恋心がザワつく時期だった!

新年が明け、恋も仕事も心機一転!新たな出会いに期待している人も多いはず。

「新年早々アプローチ受けちゃった♡」と浮ついている方!それ、【新春初売りモテ】かも……?

筆者は以前、「年末の駆け込み需要モテ」記事を書きました。そう、年末年始は男女の恋心が浮つくのです。”年末年始だから”という理由でモテたくない!そんな方に向け、今回は【新春初売りモテ】の特徴をご紹介します!

【新春初売りモテ】の特徴① 同窓会をきっかけに

成人式あるある。 「久しぶり!LINE交換しよう……」

成人された皆さま、おめでとうございます。成人式は楽しかったでしょうか?

近年の成人の日のメインは、ずばり同窓会!ここで男女が連絡先を交換するシチュエーションもあったはずです……。

同窓会で自然を装って連絡先を聞いてくる男子には2パターンあると考えて良いでしょう。

出会い目的のハイエナ男子 or 思い出に酔う少女漫画男子

一つは、「出会いを求めるハイエナ系男子」。数打ちゃ当たる戦法で、複数の女の子に声をかけます。自分以外の誰かにも連絡先を聞いていたか、思い出してみて!

二つ目は、「過去の思い出に酔う少女漫画男子」。昔、あなたのことが好きだったのかもしれません。しかしこの手の男子、過去に酔いしれるメンヘラ系の可能性も……。良い雰囲気になっても、彼の内面性を吟味する必要は大いにアリです。

【新春初売りモテ】の特徴② 「新年だし……」が誘い文句

新年だし、初詣行こう! 新年会しよう!ご飯でも行こう……!

続いては、あからさまに誘ってくるパターン。「新年だし、初詣行こう」「新年だし、新年会しよう」等々……。

そう、『新年だし』って言葉、かなり使えるんです。海やお花見のシーズンも同様、”カップル感”のあまりないイベント時って、デートの誘い文句に使いやすいんですよね。

とりあえず行ってみて、見極めるのもアリかも。

以前書いた年末の駆け込み需要モテの記事の中では、「クリスマス前に誘われても焦らすべし!」と書きました。しかし今回はちょっと違います。新年のお誘いには、一回乗ってみても良いかも♡

新年は気持ちも切り替わり、人間関係の大きな変化にも期待ができます。その意味でも、今までなんとも思ってなかった人の誘いに軽い気持ちで乗ってみてはいかがでしょうか。

【新春初売りモテ】の特徴③ 春休みリア充計画を立てている

確かに、2月・3月独り身はなかなか寂しい。

最後は、2月・3月の春休みを見越した新春モテパターン!学生は、冬休みから春休みに入るまで1ヶ月間ほどしかありません。

1月に恋人がいない人は、春休みに入る前に焦って作らない限り、春休みを”非リア充”として過ごすことになるのです!確かに、これは少し寂しいかも……。

年末モテに似てるかも! でも相手のペースに飲まれないで。

この場合、②とは違い「春休み前だから恋人が欲しい」という時期的な意味合いを含みます。これは年末の”クリスマス前に仕留めよう”と同じ考え!

相手が焦っているようならば、春休みまで持ち込んで。じっくり吟味して、ただの”新春初売り女子”だと思われていないかを見極めてみてください。

年末モテに引き続き! 【新春初売りモテ】も見極めて♪

新年だし、前向きな気持ちで検討するのもOK!

今回は、【新春初売りモテ】の特徴をご紹介しました。年末の駆け込み需要モテとはまた違った特徴がありましたね。

とは言え、新年は気持ちも切り替わり、出会いに前向きになっても良い季節!”安売り女子”と思われていない限り、前向きに考えてみてくださいね♡