【恋愛=マーケティング⁉︎】王道モテ→狙い撃ちモテで本当の幸せを

やみくもにモテテク駆使して 王道モテを狙ってない?

みんなにモテる=幸せな恋愛とは限らない。

恋愛をマーケティングで考えれば 「本当に自分に合う相手」が見つかる⁉︎

「モテ」や「愛され」に強い興味をお持ちの方へ。モテのお勉強や実践を続ける中で、幸せな恋愛は掴めましたか?

「たくさんの人にモテるって、本当に幸せなことなの……?」今回は、この疑問を”マーケティングの考え”で解消しようと思います!

マーケティングとは「顧客のニーズに合ったものを適切に届ける仕組み」のこと。これを恋愛に当てはめると、”自分に合う男性像”が見えてきます!

この製品(自分)はどんな市場(男性)でウケるのか?どんなフロー(デート)で心を掴むのか?3つのモデルを見ていきましょう!

私のアピールポイントはこれ♡ 自分を知るべく「SWOT分析」を考える

気になる相手を狙い撃ち♡への第一歩!

「SWOT分析」とは、強み・弱み・機会(外部的強み)・脅威(外部的弱み)を分析すること。SWOTを細かく考えると、自分を構造的に知ることができるのです!

例を挙げましょう。Aさんは美人だけどいつも友達止まり、良いところまでは行っても彼氏が中々できません。

S:親しみやすさ(デートは楽しい)
W:内面の女性らしさの欠如(付き合うイメージを与えづらい)
O:男友達の多さ(協力者はいそう)
T:来春から遠距離(就職で彼と離れてしまう)

これを見たAさんは、「Tを埋めるためにSとOを早々に強化するのが一番かも><」と考え、早速グループデートを企画するのでした。

ライバルはもう動いてる⁉︎ デート方針を定めるべく「3C分析」を考える

「顧客・競合・自社」 →「彼・ライバルのあの子・自分」

「3C分析」とは、Customer(市場)、Competitor(競合)、Company(自社)のこと。恋愛で当てはめると、「彼・ライバルのあの子・自分」のことですね。

今回は、それぞれがお互いのどういうニーズに合わせて動いているかを考えます!

例えば、BさんのCompetitor(競合)であるCさんが彼と二人っきりで飲んでいる情報を得たら、その行為の背景を市場調査します。

Bさんは、彼が”相談できる女友達”の存在を重視することが判明!Cさんの3C分析にあっぱれと思いつつ、負けたくはないので”姉御感”と言うS(強み)を身に付けようと精進したのでした。

ベストなマッチング方法を見つける♡ 最後は「マーケティングの4P」を考える

「製品・価格・流通・PR」 →「自分の魅力・手の届きやすさ・デート内容・モテテク」

続いてはマーケティングの4P!4つのPを意識して、最適な方法で製品と顧客、つまり自分と彼のマッチングをします。

この時も、彼のニーズを意識しつつ4Pを設計するのです。

Production(魅力):容姿や家庭的な性格
Price(手の届きやすさ):高値(高嶺)の花ではなく均衡価格な私
Place(デート内容):スポーツ好きな彼にスケートデート
Promotion(モテテク):教えてもらうことで距離を縮める

「自分という製品をいかにして的確に彼の心の内に印象づけるか」というイメージで考えましょう。

気になる相手を狙い撃ち♡ 「恋愛マーケティング」で賢く幸せを掴もう!

恋愛もビジネスも、 「最適なマッチング」が幸せの方程式♪

今回は、「恋愛マーケティング」を用いて幸せな恋愛を掴む方法をご紹介しました。

非常に戦略的な恋愛にも見えたかもしれません。相手ありきではなく本当に自分の合う相手が知りたい!という方は、まずはSWOT分析から初めてみてください♪

恋愛もビジネスも、最適なマッチングが幸せの方程式です。ぜひ参考にしてみてください!