4時間遅刻した筆者が語る、自分or彼への【遅刻癖の原因と治し方】

遅刻癖が治らない彼/自分でお悩みのKeren女子へ。

毎回時間に遅れてしまう、2本早い電車に乗る予定を立てて、早めにアラームをかけたのに、毎回遅刻してしまう。

そんな経験をした人、された人は結構多いはずです。

筆者も遅刻癖が本当にひどく、大切な日に4時間の遅刻をして友人を困らせてしまったことがあります。このままではダメだと思い、遅刻してしまう
・原因
・対処法
を徹底的に調べて、だいぶ治ってきたので、Karen女子たちにも伝授しちゃいます!

遅刻癖の原因は《その場に自分は必要ない》と、心のどこかで思ってしまっているから

遅刻癖が治らない最大の原因は、自分のことを「その場に絶対に必要な人ではない」と思ってしまっているからなんです。

「私がいなくても別に平気」
「誰かが代わりになってくれる」
という、自己暗示がとても大きく影響していて、自己評価が低い人に多いです。

・バイトが長続きしない
・授業の時間に間に合わないことが多い
・責任のある仕事が嫌い
という人に多くみられます。

遅刻はあまりしないけど、当てはまった人は《遅刻癖予備軍》の可能性があるので要注意!

遅刻癖のある彼氏に《前日に伝える言葉リスト》

まずは、友人やパートナーに《遅刻癖》がある場合……。

前日に
・その人がこないと困る「具体的な理由」を伝える
・時間制限のある約束をする(例えば、上映本数の少ない映画や、決まった時間にしかみられないイベントなど)

相手のことが必要だとちゃんと説明してあげると、だんだん治ってきます♪

遅刻癖のある自分が《事前にやっておくことリスト》

次は、自分に《遅刻癖》がある場合。

前日に
・相手と落ち合うまでの分刻みのスケジュールを立てる(起床時間やメイク時間、乗る電車の時間まで)
・時間制限のある約束をする(先ほどと同じですが、自分から提案する=絶対に遅刻できないという意識ができます!)
・無理な予定は立てない。

遅刻癖のある人に多いもう一つの原因は「いつも限界まで頑張ってしまうこと」です。張りつめていた糸が切れた瞬間に、全て投げ出したくなってしまうんです。

「休むこと」も、スケジュールの中に入れてあげると、うまくいったりしますよ♪

いきなりは無理だから、ゆっくり実践していこう♡

「癖」になってしまったものをいきなり直すことはできません。

なので「昨日よりも少しだけ♡」という気持ちで、毎日頑張ってみてくださいね♪