イマドキ女子はニットで髪を変える♡【ニット×ヘアスタイル】2選

また同じヘアスタイル?おしゃれ女子はニットで髪を変える♡

2017年も残り2か月。少しずつ寒くなってきましたね。すでにニットを着ている人もいるでしょう。

同じような形・色をしたニットを着ていると、ヘアスタイルに迷いますよね。「あれ?家帰った?」なんて言われたり……。

そこで今回は、王道の「ゆるニット」と「タートルネックニット」に分けて、髪の長さ別にヘアスタイルをご紹介します♡

ゆるニットは「巻いてるの?巻いてないの?」がカギ♡

女性らしさ満点のゆるニット。特に暗い時間に映える淡いカラーや、落ち着きのある色っぽいくすみカラーを着れるのは女子の特権♡

ゆるっ、たぽっとしたニットを着るのなら、ヘアスタイルも同じようにゆるっとしたいところ。キツキツのポニーテールでは、なんだかニットがかわいそうです。

髪の長さに関わらず、「巻いてるの?巻いてないの?」と男子の心を揺らすくらい、ゆる~く巻いて♡

髪の隙間にキュン♡「ゆるっ」で彼の心をガッチリGET!

①ヘアアイロン用のオイルやスプレーを付けます。
②髪をブロッキングします。上半分を留めて下半分から巻き始めます。
③毛先がくるんとならないように気を付けて、ゆるく巻きましょう。下半分はあまり見えないので、そんなに巻かなくても大丈夫です。
④上半分をゆるく巻き終えたら、数か所細く取り巻いていきましょう。隙間を作るイメージで。
⑤前髪もくるんとならないように巻き、スタイリング剤を付けたら完成です。

①ヘアアイロン用のオイルやスプレーを付けます。
②髪をブロッキングします。上半分を留めて下半分から巻き始めます。
③下半分は、毛先を外ハネにしましょう。毛先以外は巻かなくてもOK。
④上半分の毛先が外ハネと内向きのミックスになるよう、巻いていきます。
⑤数か所髪を細く取り巻いていきます。髪の間に隙間を作るイメージで。
⑥前髪も隙間を作るイメージで巻き、スタイリングを付けたら完成です。

タートルネックは「スッキリ×色っぽさ」に注目♡

冷たい風から首元を守り温めてくれる、タートルネックニット。

ゆるニットとは違いフィットするので、身体のラインが気になりますよね。しかしそれは、身体だけではありません。「顔」にも注目してください。

タートルネックは「顔」が大きく見えてしまいがち。髪を巻き下ろしていると余計大きな顔に見えてしまうかも……。

タートルネックを着る時には、スッキリ×色っぽいヘアスタイルで攻めて♡

【ミディアム~ロングさん】5分で出来る!瞬間しゃれ見えアレンジ

ロングさんにオススメなのは、手の込んでいる(ように見える)ヘアアレンジ♡「こんなのできない!」なんて思わず、試しにやってみてください♪

①顔の両側の髪を適当に取り、ねじって頭の後ろで1つに結び、くるりんぱをします。ねじった部分を引き出すことも忘れずに。
②ねじった髪と、余っている髪を1つに結びます。
③ねじっていない部分の髪の表面を引き出していきます。利き手の人差し指と親指の爪の先で細く取っていくと失敗しませんよ♡
④髪を三つ編みにします。三つ編みの表面の髪も引き出してくださいね。
⑤毛先、前髪を巻いたら完成!

【ショートさん】耳掛け濡れヘアで、色っぽさ最高潮♡

ショートさんにオススメなのは、耳掛けストレートヘアに濡れ感オイルを馴染ませただけの簡単スタイル。

①髪にうねりがないかを確認します。ある場合は水や寝ぐせ直しで濡らし、ドライヤーで髪を真っすぐにしましょう。
②ヘアアイロン用のオイルやスプレーを付けます。
③ヘアアイロンで、髪をストレートにしていきます。
④前髪にもアイロンをあて終わったら、髪全体に濡れ感オイルを馴染ませてきます。
⑤くしで梳かし、髪を耳に掛けたら完成!

ニットでヘアスタイルを変えて、もっとおしゃれを楽しもう♡

ついマンネリになりがちなヘアスタイル。

これから着る機会が増えるニットの特性ごとにヘアスタイルを変えれば、おしゃれに見えるだけでなく、小顔に見せられたりもするのです♡

ぜひニットでヘアスタイルを変えて、もっとおしゃれを楽しんでくださいね♪