せっかく塗るなら効果的に♡正しい《ハンドクリームの塗り方》講座

じわじわ近づいてくる、乾燥の季節。みなさん保湿の準備はできていますか?特にどんな服を着ても出てしまう”手”は、女の子として、しっかり保湿しておきたいですよね。今回は、保湿のために誰もが持っている《ハンドクリーム》の効果をもっと大きくする、正しい塗り方をご紹介♡

ハンドクリームの効果、最大限発揮させたい♡

どんどん寒くなり、迫ってくる乾燥の季節。もちもち美肌の大敵・乾燥から守るためのハンドクリーム、正しい塗り方できていますか?

せっかく高いクリームを買っても、塗り方次第でちゃんと効果が出ていない場合も……。今回は、効果を最大限発揮させるための、《ハンドクリームの正しい塗り方》をご紹介します♡

STEP1. 化粧水で保湿をする

外出しているとなかなか難しいですが、意外と大事な”ハンドクリーム前の化粧水”。これをすることで、だいぶ保湿力が上がるのだとか。

乾燥がひどい日には、小さいものやスプレータイプの化粧水を持ち歩くと◎

アベンヌウオーター ¥756(税込) /50g

持ち歩きに便利なのが、敏感肌にもOKな化粧水、”アベンヌウオーター”。

ミストタイプで50gの小さいのもあるので、バッグに忍び込ませるのにぴったりです♡

資生堂 アベンヌウォーター

¥756(税込)

購入はこちら

STEP2. 手自体をしっかり温める

お次に大事なのが、”手そのもの”を温めること。化粧水も同じですが、肌が温かい状態の方が、成分の浸透力が上がります。

手をすり合わせたり息を吹きかけたり、できるだけ温かい状態にしてから、ハンドクリームを塗り始めましょう♡

手のひらより甲の方が冷たいので、手の甲が温かくなったら準備OKです◎

STEP3. ハンドクリームを、"手のひら"に出す

ハンドクリームを塗る時やりがちなのが、”手の甲”に出してしまうこと。クリームの美容成分は温かい方が浸透するので、”手のひら”に出す方がいいんです!

手のひらでクリームを温めて、なめらかになってきたところで、甲まで広げていくと効果的♡

どうしても手のひらに出したくない場合は、両手の甲をくっつけて、クリームを温めれば◎

STEP4. 指先までしっかりと塗る

指先は冷えやすく、クリームが浸透しにくい場所のひとつ。でも男の人って、意外と女性の指先をしっかりチェックしているのです。

すみずみまで成分を行き渡らせるために、指1本1本マッサージをしながら塗りましょう♡

簡単指先マッサージHOW TO♡

1. クリームを親指に少し出し、人差し指にのばしつつ温めます。
2. 反対側の指を取り、ちょっと引っ張りながら、根元から指先まで3回ほど押していきます。
3. 全ての指が終われば完成♡

正しい塗り方で、乾燥しらずの指先美人に♡

ハンドクリームの塗り方ひとつで、効果の大きさまで変わっちゃうなんて、驚きの事実ですよね。

これからの乾燥がひどい季節は、正しい塗り方で保湿して、もちもち美肌を手に入れましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ