あなたの知らない世界が、そこにある。《秋の夜長に読みたい本》4選

2017年も10月に入り、秋の気配を感じますね。1年の終わりが音もたてずに背後から忍び寄り、夕闇吸い込まれてしまいそうな秋。そんな少しだけ絶望してしまう秋の夜に、読書をしてみませんか?今回は、読者好きの筆者がおすすめする《秋の夜長に読みたい本》をご紹介します。

少しだけ絶望している秋の夜に、新しい世界を覗こう。

皆さんにとって秋は、どんな存在ですか?

1年の終わりが音もたてずに背後から忍び寄ってきていたことに気が付いたり、冬のように凍えそうなほど寒くはないけれど、ふとした瞬間、背中に冷たい空気が流れ込んだり。

まだこのままでは終われないという焦りや、夏の暑さに疲れ切った私たちを飲み込んでしまいそうな夕闇。

少しだけ絶望している秋の夜に、読書をしてみませんか?あなたの知らない世界を、覗いてみたくはありませんか?

今回は、読書好きの筆者がおすすめする《秋の夜長に読みたい本》をご紹介します♡

パニックに陥った人々の心理に注目!後味の悪さNO.1の‘‘Q&A’’

まずご紹介するのは、「蜜蜂と遠雷」で直木賞を受賞した恩田陸さんの「Q&A」。恩田陸の不気味さがズッシリと詰まった1冊です。

大型商業施設で死者69名、負傷者116名の重大死傷事故が発生。原因は不明なまま、質問者とそれに答える人の‘‘Q&A’’だけで繰り広げられます。

しかし目撃者の証言はことごとく食い違い、最初から最後まで不気味な空気が漂います。まるで自分の周りに黒い膜が張り付いているよう。

後味の悪いものが読みたい、現代に蔓延する不安やパニックに陥った時の人々の心理に興味がある人におすすめの1冊です。

Q&A 恩田陸

¥648

購入はこちら

読了後、自分の中の‘‘母性’’を信じられなくなるかも。

正直、筆者も読むのが辛すぎて、閉じては開き閉じては開き、を何度も繰り返した‘‘母性’’。母娘の本はいくつもありますが、ここまで真正面から向き合うものは‘‘母性’’だけ。

鋭利な刃物で体中を搔き乱されるような、時には大きな手のひらで握りつぶされるような、そして自分の中の「母性」を信じられなくなるような作品です。

それでも、狂っているように見える「私」と「わたし」を愛おしく思ってしまうはず。母と娘の間に潜む空気や闇を考えるきっかけになるでしょう。

母性 湊かなえ

¥637

購入はこちら

「好きって絶望だよね」。‘‘砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない’’

学生時代、毎日少しずつ体中の皮膚をナイフで削がれるような、切迫した日々を送っていた人たちは一定数いるはず。筆者もその1人でした。

こんな日々なんて嘘だから平気だと、そう本気で思っていた人の首を真綿で締めるような文章。救われるような話ではありませんが、純粋な彼女たちの姿に魅了されてしまうこと間違いなし。

「好きって絶望だよね」の名言が生まれたこの1冊。ぜひ秋の夜長に読んでみてください。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭 一樹

¥518

購入はこちら

静かで、少し痛くて、やわらかい。‘‘すべて真夜中の恋人たち’’

読んでいてちょっぴり辛くなってしまうような本が3冊続いてしまったので、最後は恋がしたくなるような本をご紹介します。

基本ネガティブな冬子と美しい言葉を紡ぐ三束(みつつか)さんとの、日曜日の木漏れ日のような、冬に飲むココアのような、あたたかくてやわらかい言葉のやりとり。

また、丁寧な表現や言葉の綺麗さに思わずウットリしてしまいます。

私たちを、日常の隅でひっそりと待ち望んでいる冬にめがけて読む本にピッタリです。

すべて真夜中の恋人たち 川上未映子

¥691

購入はこちら

あなたにピッタリの《秋の夜長に読みたい本》を見つけて♡

絶望に拍車をかけるような小説ばかりだったような気もしますが、どれも読書好きな筆者がおすすめするものばかり。

感傷的になってしまう夜に新しい世界を覗いてみると、普段感じない気持ちに浸れたりもします。

ぜひこの秋に、本を読んでみてくださいね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ