芸術の秋に魅せられて♡一夜限りの《六本木アートナイト2017》にGO!

アートを身近に楽しむ新しいライフスタイルと、都市的なニューデザインの提案をテーマに行われてきた「六本木アートナイト」が今年も開催。あの有名な女性写真家が重役を務め、週末は町中が芸術的で華やかなお祭り仕様に♡今回は、その魅力と見所をご紹介します!

9/30&10/1は《六本木アートナイト2017》に訪れよう♡

"芸術の秋"を思いっきり楽しむのにうってつけのイベントが東京、六本木で今週末開催!2009年からアートと新しい生活デザインの提案をテーマに開催されている『六本木アートナイト』、その第8回目が9月30日(土)&10月1日(日)に行われますよ♡

2日間は六本木周辺の美術館やビル、道ばたまで現代アート一色。美術に限らず、有名な美術家や世界各国とのさまざまなプロジェクトが計画されているんだとか♪

今回は、そんな《六本木アートナイト2017》の魅力と見所をご紹介します!

《六本木アートナイト2017》は現代芸術の大祭典

「六本木アートナイト」は、いろいろな商業ビルや文化施設の中心地である東京・六本木が舞台。現代アート、デザイン、音楽、パフォーマンスなど、たくさんの作品が2日間にぎゅっと詰めこまれた芸術の大祭典です!

六本木の街全体がアーティスティックに彩られるイベントで、おしゃれな雰囲気を体感できるんですよ♡

今回のテーマは『未来ノマツリ』。六本木ヒルズや森美術館など、六本木を代表する大型施設がたくさんのクリエイティブな企画を準備しているそうです。

入場料は基本的に無料。多くの施設の開館時間が深夜まで伸び、ストリート作品も多数出現予定です。一晩中、ゆっくりアート巡りを楽しむことができます♪

幻想的な"蜷川実花ワールド"にときめきMAX

《六本木アートナイト2017》でメインアーティストを務めるのは、「さくらん」や「ヘルタースケルター」でおなじみの女性写真家兼映画監督・蜷川実花さん。

メインプログラムとして、六本木ヒルズ〜東京ミッドタウン〜国立新美術館をつなぐ、大規模インスタレーション作品を担当するそうです!

ビビットで幻想的、かわいいのに毒がある"蜷川実花ワールド"は乙女心をくすぐりますよね。アジアとヨーロッパの文化が混ざり合う、万華鏡のようなメルヘンな世界観に期待が止まりません♡

フォトスポットとしての展示なので、撮影ももちろんOK。インスタ活もはかどりますね!

アートでつながる"東南アジア・プロジェクト"

「東南アジア・プロジェクト」は、東南アジアで活躍しているアーティストやそれにゆかりのあるアーティストが集って作品を制作・発表する企画です。

今、現代アートがとにかくアツい東南アジア。こちらのプロジェクトは「アートナイト」企画側もイチオシなんだそう♪

大規模なオブジェ展示も多く用意されていて、その迫力に圧倒されること間違いなし!

短編映画の上映や伝統舞踊のパフォーマンスなど、他では見れないレアな作品が目白押しですよ♡ワークショップなどにもぜひ参加して、グローバルに芸術を吟味しちゃいましょう。

"アートナイトカフェ"で音楽もグルメも楽しみ放題

「アートナイト」開催中は、六本木ヒルズのヒルズカフェ/スペースも仕様がチェンジ!

『アートナイトカフェ』として、飲食と一緒に音楽ライブやDJ、アートパフォーマンスを楽しむことができます♪

1日目の夕方から2日目の朝方にかけての時間帯は"コアタイム"とされており、「アートナイト」及び「アートナイトカフェ」が最も盛り上がる時間帯。

オトナ女子には、バータイムとしての利用もおすすめです♡

週末、非日常的アートナイトを楽しまなきゃ損♡

一夜限りのアートの大祭典《六本木アートナイト2017》。六本木の街が隅から隅までアートに包まれる、幻想的でフォトジェニックなイベントです。

じっくりアート巡りをするもよし、ふらっと立ち寄って気軽にアーティスティックな気分を味わうもよし……友達とのお出かけにも、彼とのデートにもぴったりですよ♪

アートナイト当日に向けて、六本木の街にはすでに先行公開のオブジェも出現中なので要チェック。芸術の秋、昼も夜も120%楽しめる《六本木アートナイト2017》に行きましょう♡

六本木アートナイト2017

◆開催場所 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街など
◆電話番号 03-5777-8600
◆日時 2017年9月30日(土)10:00〜2017年10月1日(日)18:00
◆最寄り駅 六本木駅

詳細はこちら

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す