八方美人なだけじゃだめ?《NOが言える子》の方が楽しく生きられる♡

人に好かれたいがために、なんでも「YES」と言いがちな「八方美人」になってませんか?でも、「八方美人」なだけだと、損をしてしまう事が増えちゃうかも……。また、「NO」と言いたいけど、言えない子も多いはず、そこで今回《NOが言える子》になれる方法をご紹介します♪

八方美人なだけより《NOが言える子》になろう♡

人に好かれたいがために、なんでもつい「YES」と言いがちな「八方美人」になってませんか?

確かにみんなに必要とされるけど、「八方美人」なだけだと、損をしてしまう事が増えちゃうかも……。また、「NO」と言いたいけど、言えない子も多いのでは?

そこで今回《NOが言える子》になれる方法をご紹介します♪
ついつい「八方美人」をやってしまう子は、変われるチャンスかも♡

八方美人なだけだと《損な役回り》になりがち

八方美人に寄って来る人ってみんな良い人とは限らない

八方美人だと、いろんな人から必要とされたりと、たくさん人が寄って来がちですよね。

でも、その人たちがみんな良い人だとは限りません。良い子だな、優しい子だなと思ってる人以外にも「この子ならなんでも言いよって言ってくれるし」なんて都合の良いように使ってくる人も、残念ながらたくさんいます。

見分けられたら良いのですが、たくさんの人を見分けるなんて難しい事。ですので、一回はっきり「NO」と言ってみる事が大切です。

そこで、離れた人は都合の良いときにだけ寄ってくるな人。残ってくれた人は、あなたの元々の優しさに惹かれた人なので、大切にしましょう♡

その人のためにならないこともある

なんでも「いいよ」と引き受けてしまうと、その人がやる事によって得られたはずの、チャンスや経験も得られません。

また、あなた自身も、自ら望んで始めた事ではなく、「頼まれ事」なので、多少の経験は積めても、チャンスが得られる可能性は低いので、どちらにとってもあまりいい事ではないかも。

「NO」が言えるのは《悪いことだけじゃない》

助かる子がいるかも!

あなたが「NO」と言った事で、助かる子もいるんです♡

あなたと同じ立場になっていた子や、あなたが頼まれていた事を本当はやりたいと思っていた子だったり。
いろんな立場や気持ちがいるので、「NO」と言った事で助かる子もいる事を知っておくと、「NO」と言いやすくなるはず♪

自分の好きな事ができる!

「NO」と言える事で、当然ですが自分のしたかった事が出来る時間が増えるんです!

自分のしたい事をするのは、全く悪い事ではありません。よっぽど困ってないようだったら断って、自分の事をすることも大切です。

また、自分のしたい事が出来ると、自分の余裕が出来るので、効率がよくなる事も♡自分のために「NO」と言う事もたまには大切です♪

「NO」が言える子こそ《本当に優しい子》

否定と意思表示は違う

「NO」と言ってしまうと「相手がかわいそう」だったり、「相手を否定している気になる」子って多いはず。

ですが、《否定》と《意思表示》は違うはず。頼まれごとをされても、それはあなたの義務でも責任でもありません。都合が悪ければ出来ないからだめだと言うことは《意思表示》に過ぎないので、《否定》ではありません。

あなたに頼んだ子のチャンスを減らすかも

上でも書いていたように、あなたがその子のお陰で「チャンスを得た」なんて事もあるかも。

つい人に頼みたくなるような事って、自分でやるとチャンスや経験を得られるので、自分でやるのがお得なんです!だからこそ「その子のためにならない」と、断る事も大事です。

その子のために「YES」と言うよりも、「NO」と言えるようになりましょう♡

八方美人だけじゃなく「NO」と言えるのも大事♡

八方美人なだけじゃ、お互いに損する事が増えるばっかり。

「NO」と言える事で、得する事が増えます♪「八方美人だけ」でも「NOしか言わない」のもどちらかに偏ってしまうのは良くないので、適度に使い分けられるようになれば、自分にも、他の人にとっても良い存在になれるはず♡