常に100%のワタシでいたいから♡《大事な時に緊張しない方法》6つ!

人の前に立つってとても緊張しますよね!緊張して実力が出せず、せっかく準備したことが無駄になってしまうなんてことも……?そのような悲しい結果にならないように、緊張しない方法6つをしっかりと身につけて本番に臨めるようにしましょう。

緊張しない方法6つをマスターして、実力を発揮しちゃおう♡

学校のプレゼンや文化祭の舞台、人の前に立つ機会って意外と多いですよね。緊張してしまうと、自分の実力を100%発揮するのは難しくなってしまいます!

筆者も以前は緊張してしまうタイプだったのですが、色々な方法を試した結果、克服することができました♡

今回は、その中でも効果的だった6つの方法を紹介します!

①本当の目的を意識する

当たり前のことですが、プレゼンや舞台って緊張するためにやる訳ではないですよね?

人の前に立つということは、「伝えたい何か」があるはずです!緊張ばかりに気を取られるのではなく、聞いてくれる人に本当に伝えたいことに気持ちを集中させてください。

②練習は本番のように、本番は練習のように

練習する時には、何となくするのではなく本番の空気感を想像しながら本番のように取り組むように心掛けてください!

逆に本番は、本番ということを意識しすぎず練習通りを心掛ければ、最高のパフォーマンスができるはずです♡

③イメージトレーニングを事前にしておく

本番前までに、イメージトレーニングをしておきましょう!不安な人は何度も繰り返してやることをオススメします。

一度イメトレをしておくだけで、本番の緊張感が全然違います!嘘だと思う人は試してみて♡

⑤これさえすれば緊張がとけるという魔法を決めておく

緊張すると体がこわばってしまうことってありますよね?それを避けるために本番前にはストレッチなどで体を動かしましょう!

心も体もリラックスすることが大切です♡

「これをすれば緊張が解れる!」というのを、おまじないのように決めておきましょう!例えば、好きなアイドルの写真を見るなど簡単なことで構いません。

この方法は、緊張解れると「決めておく」ということが大事!決めることで緊張しないという自己暗示を掛けられるので効果が出てきます♪

⑥緊張を楽しむ

緊張する時って非日常的な出来事があるときですよね!緊張する経験って実はとっても貴重なのです。

緊張をネガティブに捉えずに、その時しか味わえない空気感を楽しんじゃいましょう♡

緊張を味方にできれば、120%の実力を発揮できるかも……?

緊張は決して悪いことではありません。しかし、緊張しすぎると自分の思ったようにパフォーマンスできなくて悔しい思いをすることも……!

もし緊張してどうしようもない時は、この記事を参考にしてみてくださいね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ