好きの押し売りになってない?彼の気持ちになって《喜ばせ上手》に♡

彼のことが好きだから、あれもこれもやってあげたい……。それ、気づかないうちに”好きの押し売り”になってしまっているかも。好きの押し売りは、彼にとっても自分にとっても、いいところが全然ないんです。しっかり相手の立場に立った、《喜ばせ上手》でハッピーになりましょ♡

気づいたら”好きの押し売り”、しちゃってませんか?

カレへの気持ちが大きすぎて、いつの間にか、”喜んでほしい”という気持ちが先走りしちゃっていませんか?

よかれと思ってやっていたことでも、実は彼にとっては、”あなたのために”という気持ちの押し売りになってしまってることも……。

彼にとっては”ちょっとめんどくさいな……”で、自分にとっては”どうして喜んでくれないの?”そうなってしまったら、どんどん悪いループにはまっていってしまいます。

”毎回わざわざ会いに行く”はNG。ちょうどいい距離感を保って

忙しいからお家まで行ってあげよう、最寄りの駅まで迎えに行こう……その考え方、重い女の一歩手前です。

付き合いたての頃は、嬉しいって思ってくれてた彼も、いつの間にか”めんどくさいな”って思ってしまったり、”都合のいい女だな”と思うようになってしまったりします。

デートをたまには彼メインにしてみよう♡

”デートは男が決めるもの”という考え方、実は彼を困らせてしまっているかも。

”会いたい”と言うだけは言語道断。たまには、彼の好きな食べ物があるお店に行ったり、もし彼がスポーツ好きなら一緒に観に行ったり。

片想いの頃は当たり前にできてたことを、もう一回思い出しましょう♡

愛されたい!を、愛したい!にチェンジ♡

”愛されたい”と思うばかりに、自分の都合で彼へ尽くす女の子、続出してます。

もちろん愛されたいって思うのは当然ですが、結局、”それをやってる自分が好き”な、自己満女子になってしまっているかも……。

見返りを求めず、愛を惜しまず与えましょう♡

愛したい!って思っていると自然と、何が彼にとって嬉しくて、何がやりすぎなのか分かってきます。

結局、ずっと離したくないなって思えるのは、相手の気持ちに立てる、愛情たっぷりの女の子。

もともと両想いで付き合ったんだから、見返りを求めずとも、いつか必ず返ってきます♡

いつまでたっても想いが返ってこなかったら、冷められてしまってしまった合図かも。思い切って、彼に聞いてみるのも手かもしれないです。

彼のツボを押さえた、《喜ばせ上手》になりましょう♡

自己満のための”喜ばせたい”を、自発的な、”彼を好きだからやる”という気持ちに変えることが、《喜ばせ上手》への第一歩です!

意識をほんの少しだけ変えて、ずっと一緒にいたいって思わせる、そんな彼女になっちゃいましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ