ちゃんとお手入れしてる?秋に大活躍な《革靴のお手入れ方法》♡

これからブーツやローファーなどを始め、レザーのシューズを履きたい季節ですよね。ボロボロに履きつぶした靴を履いていたら、とってもかっこ悪い……。長く長く可愛がりたい革モノだからこそ、正しいお手入れをすることが大切ですよね♡今回は、革靴のお手入れ方法を紹介します!

大事な大事なレザーブーツ、履きつぶしてない?

これから秋、冬とブーツを始め革素材の靴を履くことが増えてきますよね。

特におしゃれさんの大定番、ドクター・マーチンはMARBLE女子の中でも持っている人が多いのでは?おじカジも流行っているので、ローファーなどの革靴も流行中♡

そんなマーチンを始めとした革靴は、ちゃんとお手入れをしてあげないと、革が割れてしまったり、はげてしまったり……そんな状態じゃ、履けないですよね。こまめにしっかりお手入れをしてあげることが大切です♡

まずは道具を準備!100均は避けるのがベターかも。

準備するアイテムは、《5つ》♡

まず準備するべきなのはこの5つのアイテム。

・靴用の馬毛《ブラシ》
・汚れを落とすための《リムーバー》、または《クリーナーローション》
・革に栄養を与える《乳化性クリーム》
・ツヤ出しのために《ポリッシュ》。靴と同じ色をchoice♡
・《防水スプレー》
・磨く際に使用する《クロス》(古い布で代用可)

革の種類によって、合わない製品もあったりするので確認が大切。

100均のアイテムはクロス以外は避けるべき

優秀なアイテムが多く、頼りがちな¥100ショップ。でも、革靴のお手入れの時は避けるのが◎レザーによっては合わなかったり、劣化させてより傷などの状態を悪化させてしまうものもあるのだとか。

レッグアイテムのショップやハンズ、ロフトなどで扱っているので、店員さんに相談しながら選ぶといいかも♡マーチンは店頭・ネットで自社製品を販売してるので、それを利用しても◎

道具の準備はOK♡お手入れの手順をしっかり確認せよ。

ブラッシングとリムーバーで汚れを落とす。

靴紐がある場合は取り、ブラシで表面についた誇りを取り除きます。

次に、ブラッシングでは取れなかった汚れをリムーバーで落としていきます。リムーバー(クリーナーローション)をクロスなどの布に少量浸み込ませ、靴の表面をやさしくこすります。

乳化性クリームで栄養補給をして、ポリッシュでツヤ出し。

革に栄養を与えるための乳化性クリームを、こちらも布を使って塗っていきます。30分ほどおいたら、また一度優しくブラッシングをしてなじませます。

最後の仕上げに、ポリッシュを使ってツヤ出し。布につけて、つま先を中心に少しずつ、薄く薄く円を描くように伸ばして。べっとりつけないよう注意!

ここでツヤのでないタイプのクリームを使用する場合は、ポリッシュでツヤを出したほうが良いですが、面倒な人は最初からツヤの出る乳化性クリームを使っても◎

最後に、防水スプレーを吹きかけておしまいです♡

2.3ヶ月に一度はお手入れを♡大切な革靴は丁寧なお手入れでいたわって。

2ヶ月~3ヶ月のスパンでお手入れをするのが、理想的♡汚れが気になった時は、その都度お手入れをしてあげましょう。デイリーのお手入れとして、履いた後はブラッシングをして汚れを落としてあげると◎

長く長く可愛がりたい革モノだからこそ、正しいお手入れをしっかりすることが大切です!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ