夏の終わりだけどまだ聴きたい!K-pop定番《夏song》プレイリスト♡

そろそろ涼しくなって秋に近づいていますが、どんな曲を皆さん聴いていますか?「夏の終わりが寂しい……」そんなときは、盛り上がる《夏ソング》をあえて聴いて元気になっちゃいましょう!今回は、一度は聴いたことがあるかも?というk-popを限定してご紹介します♡

今だからこそ聞きたい《夏ソングプレイリスト》♡

夏もそろそろ終わり。「寂しい……」、なんて感じることも。それなら、夏に聴いていた曲をもう1度聴いてみませんか?

今回は筆者がよく夏に聴いている、韓国アイドルのK-popソングをご紹介しちゃいます♡

少女時代《Party》

まずはじめに紹介するのが、日本でもおなじみの女性グループ《少女時代》の夏ソング。

2015年発売のこの《Party(パーティー)》という曲は、サビが頭にとても残る、少女時代らしいポップな音楽になっています♡夏のワードや夏に行きたい国・地名が、歌詞に入っているのが特徴。

また曲だけでなく、MVのメンバーのヘアスタイルや衣装がとってもかわいくて、マネしたくなっちゃうところもおすすめポイント!

サビの「We can’t stop stop stop 여긴 Party time(ここはParty time) 이대로 계속 Party time(このままずっとParty time) It’s a party!」という部分が、特に頭から離れられないメロディーになっています♪

Red Velvet《Red flavor》

2曲目は少女時代と同じ事務所で、後輩の《Red Velvet(レッドベルベット)》の《Red flavor(レッドフレーバー)》日本ではあまり知られていないグループかもしれませんが、こちらのグループは女性ファンが多いのが特徴。

夏の女の子の熱い恋を「ストロベリーの味」と表現した歌詞がかわいい1曲。2017年発売されたばかりなのですが、今年本当に何回も聴いてしまった曲です!

特に「그러니 말해 그래 그래 말해(だから言って さぁ言って)」というウェンディのパートは、とっても伸び伸びと歌っていて、聴いている側も気持ちよくなっちゃいます♡

SISTAR《Touch my body》

3つ目に紹介するのが、《SISTAR(シスター)》の《Touch my body(タッチマイバディ)》という曲。実はSISTAR、今年の5月で解散してしまったグループ。グループ名の通り、セクシーなお姉さんグループとして活躍していました。

《Touch my body》は、夏と言ったらこの曲!ともいえる韓国では、有名な夏ソングです。特にサビのダンスが女性らしい動きで、ついつい踊りたくなっちゃうパートになっています♡

「지금 이 리듬이 좋아 뜨거운 태양아래 너와나 (今のこのリズムがいいわ 熱い太陽の下 あなたと私)」と言った、男女2人の様子が描かれた歌詞になっています♪

とっても大人っぽいSISTARのこの曲、ぜひ聞いてみてください!

SHINee《Boys meet U》 

ここからは、ボーイズの夏ソングをご紹介します!

最初に紹介するのが、日本デビューもしている《SHINee(シャイニー)》!SHINeeの夏ソングと言えば、こちらの《Boys meet U(ボーイズミートユー)》。日本で発売されたため、日本語の歌詞になっていて、とても聞きやすいと思います♡

MVでは日本で活躍する、大政絢さんが出ているのも見どころ!

男の子の目線で描かれている歌詞が、とってもピュアでさわやか♪

サビの「一緒に踊ろう 笑ってよ oh baby Watching all the watching all the girls go by」という歌詞が、とっても聴いていて楽しくなる1曲です!

東方神起《Summer Dream》

ボーイズの2曲目に紹介するのが、日本に韓流ブームを起こした《東方神起》の《Summer Dream(サマードリーム)》。

5人の時代に発売された曲ではありますが、今でも2人でこの曲をライブで歌ってくれています。またもう1つ夏ソング《Ocean》もおすすめ!ちらも毎年聴いて、ノリノリになる曲です♪

「君と出会うたびに 夏は新しくなる 僕らは今 光の中 生まれ変われるよ summer dream」という歌詞のサビで、「あ!なんか聴いたことある!」と思った方もいるかもしれません。

こちらの曲は10年前、アイスの31のCMソングに起用されていたことで有名な曲です!懐かしい夏ソングもぜひ聞いちゃいましょ♪

ヨンファ(from CNBLUE)《Summer Dream》

最後に紹介するのが、韓国では珍しいバンドグループ、CNBLUE(シーエヌブルー)のヴォーカル、《ジョン・ヨンファ》のソロ曲《Summer Dream(サマードリーム)》です!

筆者が1番今、大好きで追いかけているグループです(笑)2017年の8月に発売されたばかりの曲で、MVには、テラスハウスで有名になったローレンサイが登場しています。

すべて英語の歌詞で、とっても切ないメロディーが歌詞とよく合っています。ヨンファは自分で作詞作曲をこなしていて、今回も彼が作詞作曲を手がけました。

「I don’t wanna ever (Ever) wake up from this dream I don’t wanna ever Never break this summer dream (目覚めたくないよ この夢から 目覚めたくない 壊したくないよ この夏の 夢を 永遠に……)」という切ない歌詞が、夏の終わりにもピッタリな1曲です♡

あえて夏の終わりに韓国の《夏ソング》を聴いてみよ♪

歌詞がわからなくてもノリノリで、メロディーもついつい頭に残ってしまうようなものが多いのが、k-popの魅力♡

ぜひみなさん、この夏の終わりに聴いてみてくださいね!