肌出しの季節はまだまだ!秋の味覚で《置き換えダイエット》♡

ダイエットでお困りのあなた!白米に比べてカロリー半分のかぼちゃで、置き換えダイエットはいかがですか?食べないダイエットは、便秘になってしまったり辛くて長続きしなかったりしてしまいますよね。置き換えダイエットなら、楽しくダイエットできちゃいますよ♡

秋といえば……食欲の秋!

「読書の秋」「スポーツの秋」色々な秋があるけれど、誰もが一番楽しみにしているのはきっと……「食欲の秋」ですよね♡

秋の味覚といえば、栗、さつまいも、かぼちゃが浮かんでくるのではないでしょうか?

どれも優しい甘さで、懐かしい味がしますよね。なんとなく太ってしまいそうなイメージで、「もりもり食べると後悔しそう!だけど好き!」と思っている人も多いはず。

今回は、その中でもかぼちゃを使って、楽して痩せる、ダイエットメニューを紹介します♡

健康的に痩せたいなら、「食べない」はNG

かぼちゃのカロリー……気になる

どうしてかぼちゃを選んだかというと、意外にもカロリーが低いから。100gでの目安を比較して見てみると……

甘栗 約222kcal
焼いも 約163kcal
茹でかぼちゃ 約93kcal

なんと、栗のカロリーが一番高いという結果に!

少し食べるだけでもお腹がいっぱいになるし、メニューも豊富。さらにカロリーが抑えられるのなら、ダイエットに使うしかありませんよね♡

かぼちゃの栄養素……気になる

ダイエットの大敵「脂質」は、野菜なのでほとんど含まれていません。

さらに、気になる炭水化物もさつまいもや白米の半分ほど!だから、長続きしにくい「食べない」ダイエットよりも、白米をかぼちゃに「置き換える」ダイエット法がおすすめですよ♡

とはいえ、かぼちゃは他の野菜に比べて糖質が多め。なので、調理をする際はお砂糖はなるべく控えましょう。またダイエットなので、油やマヨネーズなども控えるとより効果的ですよ!

おすすめ料理法

パパッと飲める かぼちゃのスムージー

パパッと飲めて、ヘルシー、かつお腹にたまるものといえば、スムージーですよね。

材料
バナナ1本
茹でたかぼちゃ かけら3つくらい
豆乳 適量
アガベシロップ(オリゴ糖などでもOK) 適量(甘さが欲しい人だけ)

料理法
ミキサーをかけるだけ!とても簡単♡

私自身、スムージーを家でよく作りますが、本当にお腹がいっぱいになります♡

さらに、かぼちゃと豆乳か生クリームをミキサーに入れて、味付けをして温めると、濃厚なスープにもなるのでぜひ試してみてくださいね!

かぼちゃのフムス

かぼちゃの煮物など日本の伝統料理はもちろんですが、ヘルシーに、かつおしゃれに食べればダイエットも続くはず!

フムスとは、もともと戒律が厳しいイスラム教徒の人々が食べていたもの。ゆでたヒヨコ豆をすりつぶして、味付けをしたペースト状の料理です。植物性であるのに、栄養価も高いので、ベジタリアンやセレブなどの健康志向が高い人たちも食べていますよ♡

そんなフムスのレシピはこちら。

材料
小さくカットした皮なしのかぼちゃ 700g
レモン汁/レモンジュース 小さじ2〜4
塩 少々
チリパウダー 少々
タヒニ 小さじ5
オリーブオイル
パセリ (飾り用)

料理法
1:オーブンを220℃に温め、ベイキングシートを引く
2:カットしたかぼちゃに、オリーブオイルでコーティングし、柔らかくなるまで(30分ほど)オーブンへ
(1、2の過程は柔らかくなるまで蒸すでもOK)
3:できたかぼちゃをフードプロセッサーに入れて、レモンジュース、チリ、塩、タヒニを加え、滑らかにする
4:盛り付けて、刻んだパセリなどをのせて完成

本来は小さくカットしたパンやピタパンをつけて食べたりするものだけど、野菜をディップして食べるとカロリーカット出来るのでおすすめ◎

少し手間のかかる料理なので、かぼちゃの煮物やスープに飽きたら試してみるといいかも♪

ダイエットは楽しく、健康的に!

せっかくのダイエットだけど、ストレスが溜まってしまっては続きません。

自分の体と相談しながら、上手に痩せていきましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ