PMS、生理痛……月に1度のツラ〜イ女の子の日を乗り越える方法♡

月に1度やってくる、女の子の日。PMSや生理痛に悩まされている人も多いのではないでしょうか?今回はそんな悩みを解消すべく、緩和するためのストレッチや見直したい生活習慣などをご紹介します。そのポイントは”自律神経”にあり?これでもう、女の子の日も怖くない!

月に1度のツラ〜イ”女の子の日”を乗り越える方法♡

毎月やってくる、ツラ〜イ”女の子の日”。

その1週間だけ気分がどうしても上がらなくて、悩まされている人も多いかと思います。今回は、そんな大変なPMSや生理痛の緩和方法をご紹介します!

厄介なPMSは自律神経を整えることで解決!

生理前に起こる心とカラダの不調、PMS。

気分がワケもなく落ち込んだり、イライラしたり、肌が荒れたり、だるかったり……様々な症状がありますが、これらを改善する1番の手段は、”自律神経”を整えることだと言われています。

呼吸を整えることを意識しよう!

生活習慣を整えることが、自律神経を整えるマスト。

その中でも、とっても大切だとされていることが”呼吸”。

不調を感じる時は、無意識に呼吸が浅くなっていると言われています。深く、ゆっくり深呼吸すると、リラックス効果や安眠効果、疲労回復などが期待できるんですよ♡

食事、睡眠、ストレッチがカギ♡

次に、生活習慣を整える基本である「食事・睡眠・運動」を見直してみましょう。

情緒不安定になっている時は、カフェインをなるべく避け、頭痛や腰痛、むくみがひどい場合はアルコールや塩分摂取を控え、利尿作用があるものを摂取するようにしましょう。

PMSの時は、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、ひじき、さば、わかめなどの食べ物がおすすめです。

そして十分な睡眠をとり、軽い運動やストレッチを意識的にするようにしましょう。

毎日同じ時間に起きることは、生活習慣を整えるために効果的なのだとか。ヨガや散歩など、気軽に出来る運動を日常的に取り入れることで、PMSの緩和に繋がるはずです♡

生理痛がツライ時の痛み緩和法♡

では、生理痛が辛い時はどのような対策があるのでしょうか?

まず、カラダを温めましょう。
膝掛けや毛布、カイロなどで子宮や腰のまわりを温め、血行をよくします。夏は冷房でカラダが冷えてしまいがちなので、薄手の上着などを羽織ると◎夏場でもシャワーですませないで、湯せんにつかるといいですよ♡

また痛みがひどい時は、ゆったりとしたワンピースやズボンなど、お腹を締め付けないものを選んで着るようにしましょう!

”女の子の日”に、もう負けない!

自分のカラダと生活習慣をしっかり見つめ直すことで、女の子の日の悩みとおさらば!

もうPMSも生理も怖くない♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ