意外とやってるかも?お肌によくない《お風呂》でのNG習慣♡

お風呂でのお肌のケア方法やシャワーの浴び方、正しい自信ありますか?お風呂って毎日入るから、自分なりの入り方が習慣になってしまって「見直そう!」っていう気持ちになりにくいですよね。でも意外とたくさんある”お風呂でやってはいけないこと”、しっかり見直しましょう♡

お肌や髪のために《お風呂》でやってはいけないこと

リラックス効果があったり、ダイエット効果があったり、美容にもとってもいい《お風呂》。

そんなお風呂での美容効果を半減してしまう、やってはいけないことをご紹介します♡

顔をシャワーで直接流す

洗顔をお風呂でする方は、シャワーで洗顔を流す場合も多いはず。しかしシャワーで洗い流す場合、上から下に強い水圧がかかるため、お肌のたるみにつながってしまいます。

また38℃くらいのお湯だと、顔の皮膚には熱すぎるため、直接お湯を当てないためにも、手を使った方がよいです♡

シャワーの前にお風呂に浸かる

冬になって寒くなってくると、「シャワー浴びる前にお風呂に浸かりたい!」と思うことありますよね。

でもお風呂に浸かることで、必要な角質が流れ出てしまうのだそう。そのあとにクリームなどで保湿せず、シャワーを浴びてしまうと、お肌に余計なダメージを与えてしまうことに。

寒くても少し我慢をして、お風呂をあとにした方が、お肌には優しいです♡

浴室内やその近くで化粧水を保管する

お風呂上がりにすぐ、「化粧水を使いたい!」という気持ちはわかります。

ですが、浴室やそのすぐ近くに置くこと、実はよくないんです……。

「高温多湿」は化粧品の劣化&カビの繁殖に

温度が高いことが多く、しかも湿気の多い浴室内は、化粧品の品質劣化につながってしまいます。

カビが繁殖しやすい環境なので、容器に気づかないうちに、カビが住みついてしまっているかも……。

日が当たらず湿気も少ない、棚などの中に

だからと言って、浴室から遠すぎても、乾燥してしまいそうで心配ですよね。

その時は洗面所などの棚の中か、もしくは密封の袋などに入れておくだけでも、だいぶ環境は変わります♡

熱いお湯に長時間浸かる

”半身浴はぬるま湯でやったほうがいい”と、なんとなく知っている方は多いはず。

せっかく美容のためにやる半身浴も、お肌を傷つけては意味がないので、いつものやり方を少し見直してみましょう♡

”皮脂”や”セラミド”が流れてしまう

皮膚を構成する、”角質細胞間脂質”というものが、肌を有害物質から守っていると言われています。

そこに含まれる”皮脂”や”セラミド”と呼ばれる肌の保湿成分が、長時間熱いお湯に浸かり続けることで、流れてしまう危険性が!

そうなると逆に乾燥肌になったり、乾燥によるシワの原因にも……。

今すぐできる対策♡

まず簡単にできるのは、お風呂の温度の見直しです。

半身浴に適した温度は、38℃~40℃で、30分以内と言われています!もうちょっと長めに浸かりたい方は、使用する入浴剤をセラミドなど保湿成分が含まれているものにしましょう♡

お風呂は正しく入りましょう♡

美容にいいはず……と思っていても、実は逆効果なお風呂の常識、意外とありますよね。

これからは正しい入り方をして、美容のためにちゃっかりお風呂を活用しちゃいましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ