そのファンデ、肌に合ってる?《肌タイプ》別でみる賢い選び方♡

リキッド・パウダー・クリーム・クッション……ファンデーションにはたくさんの種類がありますよね。それぞれのファンデには、「合う肌タイプ」があるのをご存知でしたか?自分の肌に合うファンデーションを選んで、キレイになりましょ♡

今使ってるファンデーション、本当に自分の肌に合ってる?

肌をキレイに見せてくれる《ファンデーション》。何も考えず手にとっていませんか?

デリケートな肌に直接触れるファンデーションは、選び方を間違えるとその効果を発揮しきれずくすんでしまったり、肌に悪影響を及ぼしてしまうこともあるんです。

たくさんの種類があるファンデーションから、自分の《肌タイプに合った》ファンデを選んで美肌を手に入れましょ♡

乾燥肌さんには《ミネラルファンデーション》など保湿力が高いものを♡

カサカサと肌表面の水分が足りず、乾いてしまっている乾燥肌さん。

肌がデリケートな状態であることが多い乾燥肌さんは、《保湿》ができるファンデーションを選びましょう。

天然由来の保湿成分が含まれ、シンプルで肌に優しい《ミネラルファンデーション》が特におすすめ♡

ミネラルファンデにも、パウダーやリキッドなど様々な種類があるので、なりたい肌で選んでみて!

中にはクレンジング不要のものもあるので、より肌をいたわりたい人はそちらがおすすめです。

しっかりメイクをしたい日には《クリームファンデーション》など油分が多めのファンデを使うと◎

テカリが気になるオイリー肌さんには油分の少ない《パウダーファンデーション》が◎

油分が多くテカリが気になるオイリー肌さんには、《パウダーファンデ》がおすすめ。

オイリー肌さんは、肌表面に皮脂がたくさん出やすいので、油分の多いリキッドやクリームファンデだと脂浮きしてしやすくなってしまったり、化粧ムラができたり、テカりやすくなってしまう可能性があるんです。

夏場など特にテカリが気になる場合は、下地にテカリ防止の役割をしてくれるものを取り入れると◎

テカリも乾燥も気になる……混合肌さんは《部分別で使い分け》♡

乾燥もテカリも両方気になる混合肌さんには、《それぞれの肌悩みのある部分》に合わせてファンデーションを使い分けるのがおすすめ♡

乾燥がきになるフェイスライン・目元・ 口元などには、肌に密着しやすい《リキッド》。皮脂量が多いTゾーンにはさらっとした使用感の《パウダー》で仕上げるなど、部分で使い分けると◎

下地も、Tゾーンには少なめに塗るなどバランスをとって。

《自分の肌にぴったり》なファンデをGETしてよりキレイに♡

ファンデの選び方を見直して、自分の肌に合ったファンデを使いましょう♡

そうすれば、いまよりもっとキレイな美肌が手に入るはず!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ