彼のこと、ちゃんと愛せてる?知っておきたい《愛と恋の違い》

あなたは彼氏や好きな人のことを愛していますか?自分の好きだけど理想を押し付けてしまっていたり、彼氏に不満な部分があれば、それは相手に恋をしているだけかもしれません。この記事では、知っておきたい《愛と恋の違い》についてお話しします。

あなたは彼氏や好きな人のことを愛していますか?

あなたは、彼氏や好きな人のことを「愛」していますか?

自分の好きだけど理想を押し付けてしまっていたり、彼氏に不満な部分があれば、それは相手に「恋」をしているだけかもしれません。

この記事では、知っておきたい《愛と恋の違い》についてお話しします。

恋はエゴ、愛は思いやり

自分が相手にああしてほしいこうしてほしいと求めるのは、自分のエゴを押し付けているだけ。

恋とは、ワガママな感情なのです。相手のいい部分も悪い部分も全部ひっくるめて愛せるのが、本当の愛です。

悪い部分といい部分は紙一重。悪い部分がなくなったらいい部分もなくなって、彼ではなくなってしまいます。

また、相手に何かをしてあげたいと思うことは素敵なことですが、そこに見返りを求めてしまうのが恋。たとえ何も見返りがなかったとしても、相手のためを思って行動できるのが愛です。

恋はひととき、愛は永遠

恋はひとときの感情で、いつかは冷めてしまいます。

しかし愛というものは、一度一人の人を愛したらその思いは永遠。他に恋人ができても、人として愛していたらその思いは消えることはありません。

恋と愛は、全く切り離された感情とも言えます。

恋は求めるもの、愛は与えるもの

付き合っていても、彼が本当に自分のことが好きなのか不安になってしまうことってありますよね。

しかし愛とは与えるもの。極端なことを言うと、たとえ彼があなたのことを愛していなかったとしても変わらずに愛していられるのであればそれは愛と言えるでしょう。

愛に相手の気持ちは関係ありません。相手が自分のことを好きでいてくれるから自分も相手のことが好きというのは、相手の思いに安心して愛している気になっているだけかも!?

恋は落ちるもの、愛は能動的なもの

恋は自然にするもので、好きでない人に恋をしようとすることは難しいですよね。

しかし、愛は自分からするもの。この人を愛そうと決めたら、相手のことを思って全てを受け止めれば相手を愛することができます。

人を愛することは簡単なことではありませんが、まずこの人を愛そうと決心することが大切なのです。

彼をあなたの愛で包み込めるような存在に。

恋と愛は別の感情なので、相手を縛り付けたいなどの恋の感情と、相手を信じたい愛の感情が自分の中でぶつかってしまうこともあるでしょう。

しかし、どちらも大切なあなたの感情。どちらも大切にしていいのです。

この記事を読んで彼のことをまだあまり愛せていないと感じた人は、この先もずっと彼と付き合っていきたかったり結婚を考えていたりするのであれば、彼のことを愛して受け止めるようにしてみてください。