イライラしても変わらない!≪彼への不満≫は考え方ひとつで変わる♡

どれだけ大好きな彼でも、付き合っていくうちに多少の不満がうまれる人も多いはず。不満がつのってしまうと、どうしてもイライラしてしまいますよね。しかしそんな不満も、考え方ひとつで変わってくるもの!不満に対する上手な対処方を身につけましょう♡

不満がつのってしまう前に考え方を変えて対処する!

「彼への不満はあるけれど、直接言えないし……言ったけど治してくれないし」、と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな不満をため込んでしまうと、大好きな彼とのお付き合いも楽しいものではなくなってしまいます。

しかしそんな厄介な不満ですが、考え方を変えることで上手に対処できるのです!

≪恋人≫として≪人≫としての2つの不満があるって知ってた?

「彼に対する不満がある」という女性も少なくないと思いますが、その不満に大きくわけて2種類あることをご存知でしたか?

2つの不満は、それぞれ対処法が異なってくるのです。不満についてきちんと考える機会な中々ないものですが、この機会に不満と向き合ってみましょう!

恋人という視点からの不満

1つめの不満である恋人としての不満とはつまり、恋人ゆえの不満です。

例えば、「頻繁に連絡してほしい」「もっと二人の時間がほしい」などなど。あくまでこのような不満が、恋人に対して表れる不満ですよね。

彼が愛情表現をしているつもりでも、自分にとっては足りていなかったりと、愛情量に差を感じてしまうことが原因であることが多いのこがこの不満です。

彼の人間性としての不満

2つめの不満は、彼の人間性に対する不満。わかりやすく言えば、友達に対してもいだくような不満のことです。これには彼の生活習慣に対する不満も含んでいます。

例えば、「時間にルーズすぎる」「もうすこし家事を手伝ってほしい」「怒りっぽいのをやめてほしい」などなど。

これらは、彼の本質でもあるので恋人としての不満よりも、根本的に彼が変えることは困難と言えます。

"恋人"としての不満は≪自分が精神的に大人になる≫ことで対処

恋人としての不満がうまれる理由として「誰かに幸せにしてもらいたい」という潜在意識があるということがあげられます。

しかし少し考え方を変えれば、不満も解消されていくはず。そのためには、自分が精神的に大人になること。

「幸せにしてほしい」という気持ちから、「幸せにしてもらっている」「幸せにしてあげたい」と考えられるようになりましょう。

"人"としての不満は≪彼の良いところに注目する≫ことで対処

上記でも述べたように、彼の人間性としての不満に関しては、彼を根本的に変えることは難しいです。だからこそ、自分の考え方を変えていくのが吉。

例えば、「もう少し家事をしてほしい」「どうして手伝ってくれないの?」という不満は、彼が何かを"やってくれないこと"に対する不満です。

人はどうしてもマイナスな面を見てしまいがちですが、それを少しずつ変えて、"やってくれたこと"に目を向けるようになりましょう!

やってくれたことに目を向けることで、感謝の気持ちが自然と芽生えてきますし、不満も軽減されていくはずです。

不満なんて関係ない!彼とはずーっとラブラブ♡

大好きで大好きで仕方のない彼でも、不満が一つもないというのは中々ないですよね。どうしても交際というのは、多少の不満はつきもの。

しかし、不満を募らせていては自分もイライラしてしまいますし、関係もぎくしゃくしかねません。ちょっとした不満で二人の関係が壊れてしまうなんてもったいない!

上手に不満を解消して、ずーっとラブラブな二人でいましょう♡