その自撮り《縁起悪いショット》になってない!? 浴衣写メの落とし穴

夏と言えば、やっぱり外せないのが《花火大会》ですよね♡この日のために、可愛い浴衣を選んで、着付けを覚えて……。せっかく頑張った着付けだから、自撮りをして残しておきたいですよね。でも、一歩間違えるとその自撮りが縁起悪いショットになってしまうってご存知でしたか?

筆者は見た!SNSの《縁起悪いショット》

夏の思い出といえば、夏祭り♡ずっと前から浴衣を探して着付けを覚えて、夜道に映えるような、ちょっと濃いメイクをして……。

たくさん頑張ったんだから、自撮りをして残しておきたい!という女の子は多く、SNSなどにも、浴衣姿の女の子をよく見かける季節になりました♪

ですが、筆者は気づいてしまったんです……。

《自撮りアプリ》は、盛れるけど、左右が反転してしまうので、可愛い浴衣姿が《右前着付け》になってしまっていることに……!

「だから、何がいけないの?」という女の子、必読です!折角の《夏カワショット》が《縁起悪いショット》になってしまわないためのテクをご紹介します◎

意外と知らない《右前着付け》の意味

「右前着付け」というのは、「亡くなられた方」を意味する着物の着付けなのです……!

ホラー番組や、夏の定番の「ほん怖」などを見ていると、たまに着物姿の幽霊が出て来ていて、その幽霊たちはみんな「右前着付け」で出て来ています。

日本のマナーでもあるので、知らなかった女の子はこれを機に覚える&気をつけてください◎

折角の夏カワショットが台無しに……。

折角《いつもよりも可愛い私》を残すために、素敵なフィルターを使って自撮りをしたのに、《縁起悪いショット》になっていたら悲しいですよね。

筆者もInstagramやTwitterでもよく見かけます、年配の方々や、厳しい家柄の方に見られてしまうと「常識知らず」と思われてしまうことも……。

だけど写真に残したい!という女の子のために、《脱・縁起悪いショット》の撮り方&加工の仕方をご紹介しちゃいます!

《縁起悪いショット》の回避方法◎

簡単一手間!左右反転してから投稿♪

内カメで撮った写真は、反転されて撮影されてしまうので、「右前着付け」になってしまう、それならまた反転し直せば良い!という発想です!

見慣れない子も多いかもしれませんが、このたった一手間で《脱・縁起悪いショット》に大変身できちゃうのでぜひ実践してみてください♪

他撮りで綺麗に思い出残し♡

そもそも自撮りなんてせずに、人に撮ってもらう、という方法です!

最近は一眼レフを片手にいろいろなところへ旅をする、カメラ女子・カメラ男子も増えて来ているので、お出かけついでにパシャリ♪

iPhoneやスマホも十分画質がいいですし、あとでフィルターもかけられるのでオススメです♡

大和撫子マナーを守って、とびきりの《夏カワショット》を残そう♡

意外と忘れがちな、この《着付けマナー》をきちんと守りつつ、最高の《夏カワショット》を撮って素敵な思い出を残しましょう♡