《強がり彼女》から脱出しよう!「俺にだけは甘えて」が男子の本音♡

「大丈夫」「気にしないで」そんな言葉が口癖になっていませんか?彼に心配をかけたくない、まだ頑張れる、そんな気持ちもわかりますが、たまには甘えてみるのも大切!彼と二人のときくらい、肩の力をぬいて「強がり彼女」から脱出しましょう♡

ほんとは嫌だけど「大丈夫」が口癖になってしまっている

「女の子とお出かけしても大丈夫だよ」「やきもち焼かないよ」そんな強がり、言っていませんか?「束縛しないよ」と言うアピールのつもりでも、その言葉、実は逆効果!

「嫌なのに何でいいよっていうの?」「私もほかの人と遊ぶからねってこと?」などと男の子も変に勘ぐってしまいがちです。

「大丈夫」「平気だよ」「気にしないよ」で会話をきるのをやめてみましょう。

「俺ってそんなに頼りない?」って男の子もへこんでいるんです。

心配をかけたくないがために、悩み事や困っていることを相談せず、一人で悶々としてしまっていることありませんか?

自分では出していないつもりの態度や表情も、意外と知らず知らずのうちに出てしまっています。

そんな彼女を見て、彼も「俺には相談できないのかな」「俺じゃ頼りないから話してくれないのかな」と内心へこんでいます。

そんな思いが交差してしまうと、喧嘩やすれ違いの原因にもなりがち。「彼に話してもどうにもならない」「彼には心配させたくない」そんな考えはいったん捨てて、「聞いてくれる?」と言ってみましょう。

解決策が出ないとしても、彼は「話してくれた」ことに安心します。

最大の敵は彼でも女友達でもなく「素直になれない自分」!

女子はリアリスト(現実的)な子が多い分、男子に比べて冷静な子が多いのは事実です。でもその言葉、本音ですか?

「物わかりのいい彼女」を演じるために出た強がりで、後から自己嫌悪を感じる子も多いからこそ、今から「素直になる練習」をしましょう。ついつい言ってしまいそうになったら、いったん深呼吸してからに。

彼の女友達や周りの女の子が気になることもあるかもしれませんが、敵はその子たちではなく、《強がってしまう自分》です!

今日は「素直に」気持ちを言ってみて!《頼りにしてるよ》を伝えよう♡

いきなり素直になるのは難しかったりハードルが高いなら、「素直になる練習」をしましょう。喧嘩やすれ違いの主な原因は、この「素直になれないこと」によっておきます。

「寂しい」「悲しい」など自分の気持ちや悩みを表に出すことが苦手で、目をそらしてしまいがち。でも言葉にしないのに「察して」は、ただのわがままになってしまいます。

彼とずっと仲良くいるために「ちゃんと頼りにしているよ」ということを伝えましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ