染めたての色をキープしたい♡ヘアカラーを《長持ちさせる方法》

美容室でせっかく染めたのに、もう色落ちしちゃった……そんな経験ありませんか?髪色が落ちやすくなるには、いくつかの理由があります!そして色落ちは防げます。ライターの私が実践しいている、「ヘアケアの方法」を今回の記事では紹介したいと思います♡

かわいい髪色を維持したい♡

美容室でかわいく染めたのに、シャンプーするたびに色が落ち悲しくなることはありませんか?

ライターの私自身も髪色にはこだわりがあるので、少しでも髪色が長持ちするヘアケアの方法を今回の記事ではお伝えしたいと思います!

カラーしたその日は《洗っちゃダメ》

美容師さんに帰り際「今日は洗わないでね」なんて言われたことはありませんか?

カラー直後は染料が髪に定着していないので、髪を洗うとせっかくきれいに入った色が抜けてしまう原因になるんです……。なのでヘアカラーした当日は、髪を洗わないようにしましょう!

《シャンプー》の仕方を変えてみて♡

カラーするたびに色落ちしてしまうけれど、シャンプーの仕方を気をつければ色落ちを軽減できます!ごしごし洗うと痛みや褪色を引き起こしかねないので、洗う時は地肌を中心にもみ洗いをしてみてね♡

またカラー専用のシャンプーや、洗浄力の弱いシャンプーにすると、色落ち防止になるかも。

できるだけ、《水》から守って髪色キープ♡

ヘアカラーをしたばかりの髪の毛は、キューティクルが痛んでいるので、水や熱いお湯に触れると色落ちしやすいんです。お湯につかるときは、髪の毛をクリップで止めるのがオススメ♡また、シャンプーするときのお湯の温度もぬるま湯程度がいいですよ!

この時期は、プールの塩素や海の塩でも褪色しやすいので、染めたてのときは注意してみてくださいね♡

ドライヤーやアイロンの《熱》は要注意♡

髪の毛は、熱のダメージを受けやすいんです。ドライヤーで必要以上に髪の毛を乾かしてしまうと、キューティクルが剝がれてしまうことも!乾かすときはしっかりタオルドライをして、10cm以上離してドライヤーをすると、多少ダメージの軽減につながるそうです♡

高温のドライヤーを避けたり、熱を加える前にヘアオイルなどで髪を保護してみてくださいね♡

寝てる間も《ダメージケア》を心掛けて♡

寝てる間も寝返りなどで枕と髪の間に摩擦が起こり、想像以上に髪に負担がかかっています……。寝てる間にダメージを減らすには、お風呂上りにしっかりと髪を乾かすことが大切なんです♡髪が濡れているとキューティクルが剝がれやすいので、痛みの原因に!

枕カバーをシルクやサテンなど、摩擦の起こりにくい生地に変えると、髪の痛みを軽減できるかもしれませよ♡

髪に《紫外線》は強敵なんです!

ヘアカラーをした後に紫外線を浴びると、髪が乾燥しやすくなり、褪色(たいしょく)の原因になるんです。

外出するときは、帽子をかぶったり日傘をさして、紫外線から髪を守りましょう♡ヘアオイルを塗ったり、髪の日焼け止めスプレーをすることも効果的ですよ♪

毎日のヘアケアが大切なんです♡

毎日のケアの積み重ねで、髪へのダメージは軽減できます!

ぜひヘアケアを実践して、素敵な髪色をキープしてくださいね♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ