男性が守りたくなる♡うさぎみたいな甘えん坊アイは《涙袋》で叶える

男性が守りたい!と思う女子になるのが、モテへの1番の近道。そんな守りたい雰囲気は、メイクで作りましょ!目をみてニコっとされた時に、思わず男性がきゅん♡とするような目元を作るには「涙袋」がカギ。そんな甘えん坊アイを作る涙袋メイクについてまとめました。

「守りたい」そう思わせるアイメイクは《涙袋》で作る♡

男性に「守りたい」と思わせる雰囲気を纏うことがモテへの近道!そんな「守りたい雰囲気」は、メイクで作っちゃいましょ♡

涙袋を作ることで、ぷっくり甘えん坊アイが完成します。

ニコッとしたときに、男性が思わず「きゅん♡」とするナチュラルな涙袋を作る方法をまとめました!

自然な《涙袋》を作る3ヶ条♡

その①涙袋になるベースカラーはホワイトじゃなく「ベージュ」!

涙袋メイクでありがちな失敗は、「白浮き」してしまうというところ。

たしかにホワイト系のシャドウで涙袋を作るとぷっくりして見えるのですが、ベースに使うと白浮きして逆効果に……。

この問題は、涙袋になるベースカラーをベージュにすることで解決!馴染みカラーでまずベースを作ることで、さり気なくぷっくり見せることのでき、ナチュラルな涙袋に仕上がります。

甘めなメイクに仕上げたいときは、シアーな発色のピンクがオススメ♡

ピンクやゴールド、ベージュなどのカラーを用意しておくと、涙袋メイクはナチュラルに仕上がります♡

その②仕上げは黒目の下にラメ感のあるシャドウで♡

ラメ感のあるシャドウで仕上げることで、うるっとした泣いた後のような甘えん坊フェイスが完成♡

つけすぎるとナチュラル感をなくしてしまうので、指でポンポンと置くようにのせると自然に仕上がります!

その③影の部分に濃い線は引かず、ぼかしラインで影を作る♡

涙袋メイクに大事なのは、「影」。

涙袋の下に影があることで、ぷっくり感を演出することができます。

しかし、アイラインなどで引いたらそのまま……なんていうのはNG!影を作るときは、アイラインやシャドウではなく「アイブロウパウダー」でかくのがマスト。

①まず濃すぎないカラーを”ちょん”と細い筆にとり、涙袋の影になるところに点を書くように、黒目の下、目尻側、目頭側の3点においていきます。

②3点置いた点の真ん中を目頭側、目尻側になじむように綿棒などでぼかしていきます。この時力は入れず、サッと滑らせるように綿棒を動かしていきましょう。

③バランスを見て「少し足りないかな……?」と思うくらいが、ちょうどいい影の濃さです。

自然な涙袋に仕上げるポイントは、できるだけ目尻側に影を作らずに目頭側に影を作ること。自然にぷっくりした涙袋を作ることができます!

すこし血色感を与えるとピュアなうさぎさんアイに♡

すこし血色感を与えると、ピュアなうさぎのような甘えん坊アイに。

アンニュイな雰囲気を作る場合、涙袋にピンクを混ぜると◎濃いカラーは使わず、シアーで、なじみやすいカラーで仕上げましょう♡

《涙袋》を作って気になる男性に微笑みかければ必ず落ちる♡

涙袋を作ることで、ニコッと微笑みかけた時に男性が思わずきゅん♡となる甘えん坊アイを作ることができます。

大事なのは、ナチュラルな涙袋を作ること。大げさな涙袋は、男性も敬遠してしまうことも……。

ナチュラルな甘えん坊アイを作って、気になる男性に微笑みかけてみて♡