必要なのは、楽しむ心とカメラだけ♡《最新フォトジェニック遊園地》

いよいよ、待ちに待った夏休みが近づいてきましたね。今年の夏は遊園地で、フォトジェニックな一瞬をカメラに収めてみませんか?ファッションやメイクをお揃いにするといった特別なことは必要ありません。行くだけですべての瞬間が絵になような、素敵なフォトジェ遊園地を紹介します♡

みんな大好き遊園地!

子供はもちろん、大人もあの頃の気持ちもどってはしゃげる場所、それが遊園地♡

今年の夏は、行くだけで、写真を撮るだけで、すべての瞬間が絵になるようなフォトジェニック遊園地に行ってみませんか?

特別な準備は必要ありません。楽しむ心とカメラさえあれば誰もが100パーセント楽しめちゃう、フォトジェニック遊園地を紹介しちゃいます♡

1 もりのゆうえんち(千葉県)

まず最初に紹介するのが、千葉県野田市にある「もりのゆうえんち」です。

こちらの遊園地は、アトラクションのカラフルな色合いと、どことなく懐かしさを感じさせるような園内の雰囲気が魅力的な遊園地♡

また最近では、4人組ロックバンド「go!go!vanillas」(ゴーゴーバニラズ)の新曲の撮影地としても使われ、「可愛すぎる遊園地」として話題になった、フォトジェニックなスポットでもあります。

彩度を上げてコントラストを低めの加工をすると、おもちゃ箱のような雰囲気が出て、インスタ映え間違いなしのフォトジェニックな写真が撮れちゃいます♡

もりのゆうえんち

千葉県野田市中根6-1 

TEL 04-7123-0851

平日 11:00~17:00
土日・祝日 10:30~17:00
ゴールデンウィーク期間、8月中の土日、お盆
10:30~19:00

水曜日休園(春・夏休み、ゴールデンウィーク、年末年始を除く)

詳細はこちら

2 みろくの里(広島県)

二番目に紹介する遊園地は、広島県福山市にある「みろくの里」です。

映画の撮影がよく行われている遊園地としても有名で、懐かしさとモダンさがかけ合わさったこの遊園地は、子供から大人まで来る人すべてを魅了してやまないスポット♡

「いつか来た道」という昭和の街並みを再現したエリアがあったり、2017年4月28日には新エリアとして「ダイナソーパーク」ができたりと、まるで時代を超えてタイムスリップしたかのような気分が味わえます。

一番の見どころは、この大観覧車です。

中心から赤、黄、緑、水色、青、とカラフルに彩られたこの観覧車は、上からの眺めはもちろん、下から観覧車の写真を撮っても楽しめるフォトジェニックスポットです♡

みろくの里

広島県福山市藤江町638−1

営業時間や料金は日によって異なるのでご確認ください。

詳細はこちら

3 スペースワールド(福岡県)

三番目に紹介するのが、福岡県北九州市にある「スペースワールド」です。

スペースワールドは宇宙をテーマにした遊園地で、実寸大のスペースシャトルのパノラマがシンボルとなっています。スペースシャトルの前で写真をとれば、気分はまるで21世紀の宇宙旅行♡

SF映画の世界に入り込んだかのような雰囲気を味わえちゃいます。

まるでUFOが墜落したかのようなデザインのこの建物の正体は、なんと、ジェットコースターなのです!こんなにもユニークな写真が撮れるのも、日本全国でここだけ♡

しかし悲しいことに、このスペースワールド、2017年12月末日に閉園してしまうのです。
ぜひスペースワールドのラストランを見届けませんか?

スペースワールド

住所 北九州市八幡東区東田四丁目1番1号

TEL 093-672-3600

営業時間は日によって異なるので、ご確認ください。

詳細はこちら

遊園地って楽しい!

遊園地って見てるだけでわくわくしてきませんか?

そんなあなたは、遊園地を100パーセント楽しめる心を持ってます。

さあ、あとはカメラを持って出かけるだけ♡
今年の夏はぜひ、日本全国の遊園地に足を運んでみてください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ