「悲劇」を「喜劇」に変える♡毎日ハッピーが続く物事の《捉えかた》

毎日楽しく幸せに生きたいと願っても、何度も私たちの目の前に現れる「悲劇」。どう頑張っても、避けられないそれらを乗り越えるには、「何が起こるか」ではなく「どう捉えるか」に注目する必要があります。そこで今回は、あなたの毎日にハッピーが続く《捉えかた》を教えます♡

《捉えかた》を知って、「悲劇」を「喜劇」に変えよう♡

この先何十年も続いていく人生、毎日楽しく幸せに、笑って過ごせたらどんなに良いでしょう。しかし、生きていれば悲しいことや辛いこと、苦しいことは何度でも私たちの目の前に現れます。

どう頑張っても避けられないそれらをを乗り越えて、‘‘幸せな人生’’を手に入れるには、「何が起こるか」ではなくそれを「どう捉えるか」が重要。

今回はこの記事を読んでくださっているみなさんが、人生に何度でも現れる「悲劇」を「喜劇」に変えるための、物事の《捉えかた》をお教えします♡

《捉えかた①》「悲劇」を裏返せば「喜劇」

悲しいことや辛いことが起こった時や、悩んで途方に暮れた時のことを思い出してみてください。その出来事の1つの面だけしか目に入っていなかったのではないでしょうか?

物事にはさまざまな面があります。表だけ見れば「悲劇」でも、裏を返せば「喜劇」になりうるのです。つまり、‘‘絶望と希望は表裏一体’’ということ。

たとえば、大事にしていたものを失くしてしまった時。それだけを見れば「悲劇」でしょう。

しかしその出来事によって「大事にできていなかったのではないか、他の大事なものを失くす前に‘‘大事にするとはどういうことか’’を教えてくれたのではないか」を考えられたら、それはただの「悲劇」ではなくなります。

今何かに落ち込んでいる人。もしかしたらそれは、あなたに‘‘大切なこと’’を気づかせようとしてくれているのかもしれません。

《捉えかた②》‘‘楽しいか’’ではなく‘‘楽しみたいか’’

今「人生最高!楽しい!1日30時間だったらいいのに!」と心の底から思える人は、この世にどれくらいいるのでしょう。

あなたは、「人生楽しくない、楽しいと思えることなんてない」と悲観していませんか?

好きなことを仕事にしている人でも、年中その仕事が好き、というわけではありません。

好きだからこそ妥協が出来なくて、自分や仕事のマイナスな面にどうしようもなく落ち込むことはあります。

何かに落ち込んでいる人は、人生や物事に対して‘‘楽しいかどうか’’を期待しているのかもしれません。

生きている間、割合で言えば「悲劇」の方が多いと筆者は思います。しかし本当に楽しい人生を送りたいのなら、それらを‘‘楽しみたい’’という気持ちを持つことが重要。

‘‘楽しみたい’’という気持ちはあなたを明るく笑顔にさせ、それを見た周囲の人はあなたに協力したいと思い、どんどんハッピーな出来事が訪れるはず♡

《捉えかた③》とりあえず笑って「なんとかする♡」

そして「悲劇」を「喜劇」に変えるために、最後に重要なこと。それは、‘‘とりあえず笑ってみる’’こと。

真面目なあなたは何事も一生懸命に頑張っているのでしょう。上手くいかないと自分を責め、どうしてこんなこともできないのだと落ち込んではいませんか?

悲しい時や辛い時に無理に笑って、とは言いません。落ち込んでいる自分を責めず、頑張った自分をとことん褒めてあげましょう。美味しいものを食べ、泣きたい時に泣きましょう♡

そして、これを機に少し考え方を変えてみませんか?悩んだり落ち込んだりしたときには、自分を責める前に一旦「なんとかしてみせる♡」とつぶやいて、笑ってみる。

たったこれだけであなたの脳はネガティブ思考からプラス思考にチェンジし、「なんとかなった」未来を掴むために良いアイディアが浮かんでくるのです♪

あなたの人生は、あなたにしか変えることはできません。長い人生、いつもそんな風に頑張っていたら疲れてしまいます。肩の力を抜いてリラックスして♡

人生は《捉えかた》次第で「喜劇」に変わる♪

もう2度と今の人生をやり直すことはできません。1回きりの人生、せっかく女の子として生まれてきたのに「悲劇」のままで終わらせるなんてイヤですよね♡

今どうしようもなく落ち込んでいる人も、《捉えかた》を変えるだけで毎日ハッピーに生きられるはず。

3つの《捉えかた》を知ったあなたは、ハッピーな人生を手に入れたも同然♡ぜひ取り入れて、「悲劇」をどんどん「喜劇」に変えていきましょう!