夏の恋を永遠に♡《ラブラブ長続き》の秘訣!ケンカ知らずの考え方

「彼といつも仲良くしていたいのに、どうしてケンカばかりしちゃうんだろう…。」「彼と長続きさせたい!」そう思っている方必見♡自分の考え方次第で驚くほど彼との関係が上手くいきます。彼としっかり向き合うことも大切だけど、まずは自分から変えていきませんか?

あの長続きカップルさんの秘訣って…?

「あそこのカップルはいつも仲良しだなあ。ケンカ、しないんだろうか」

ついつい羨ましくなってしまうような長続きカップル。
長く付き合っていてもずっと仲良しな姿、羨ましいですよね!

夏の恋を終わらせない!ケンカ知らずの考え方

彼としっかり向き合ったり、付き合い方を考えるのもすごく大切だけど、まずは自分の考えを見直してみたら、2人の関係が更によくなるかも。

今回は、今からでも実践できる!ケンカ知らずの考え方をご紹介します♡

1. 文句の代わりに、前向きなことをまず見つける

例えば、久しぶりに会った彼に「寂しい」「もっと会いたい」と言うのをやめて、「会えて嬉しい」「会えてよかった」と伝えてみましょう。

「寂しい」よりも、もっとプラスな響きだと思いませんか?

2. 適度な自信を持つ

相手の浮気を心配したり、気持ちが離れてしまうのを心配しすぎてしまうと、彼にとって重たい存在になってしまいます。彼があなたをけむたく思ってしまうかも。
そこで、「私たちは大丈夫」と自信を持ちましょう。

あなたが思っているより、あなたは愛されています♡

3. 自分中心で考えない

「どうして連絡くれないの?」「私ばかり好きなの?」
「私ばかり我慢してる!」…などと、悲劇のヒロインになってはいけません。

忙しい彼が連絡をこまめにする努力と、彼との連絡を気にしすぎないあなたの努力。
実はその努力は、同じくらいのものだったりするのです。

男性は女性よりも、同時に1つのことしか出来ない傾向にあるといわれています。目の前のことで頭がいっぱいになって、あなたのことを考える余裕がないのも仕方がありません。

そんな彼の立場に立って考えられる、気持ちの余裕をもちましょう♪
彼もあなたと同じくらい、あなたの想いに応えようと努力しているはずです。

4. 素直に「ありがとう」「ごめんね」を言う

「言わなくてもわかるだろう。」は禁物!
自分が悪かったら素直に謝る、相手が何かしてくれたらきちんとお礼を言う。
近しき仲にも礼儀あり、です。

意地の張り合いはケンカの元!

ギブ&テイクを忘れない

相手が何かしてくれたら、相手が喜ぶことを考えて何かしてあげましょう。
どちらか一方が偏ってはいけません。
相手に合わせて、お互いのバランスを上手くとれることが、円満の秘訣です♡

彼と末永くお幸せに♡

ポジティブ思考を増やして、恋愛を楽しむことを忘れずに♡