2017年、何もせずに終わるの!? 《残り6か月》を有意義に過ごそう♡

2017年も7月に入り、とうとう1年の半分が終わってしまいました。上半期の6か月は、みなさんにとってどんな意味を持つのでしょうか。下半期の6か月を有意義に過ごすべく、今回は上半期を振り返って、残りの6か月をどう生きるか再確認してみませんか?

2017年、早くも残り6か月。

「知らぬ間に下半期に突入していた」と思うほどサラリと7月を迎えてしまった筆者ですが、‘‘2017年はあと半分しかない’’と言葉にしてみるとなんだか悲しいような寂しいような気持ちになりますね。

「あけましておめでとうございます」と親戚中に挨拶して回った日が、まるで昨日のことのよう。みなさんにとって上半期の6か月はいかがでしたか?

目標をまだ達成できていないという人も、新しい道に進んでいる途中だという人も、今日はまず上半期を振り返って、これからの6か月をどう生きるか再度確認してみましょう。

まずは上半期6か月をフィードバック

①毎月何をしていたか、それを達成できたか?

年越しや下半期に突入する時などのキリの良い時期に新しい目標を立てる、という人は多いでしょう。筆者もよく月初めに新しい目標を立てています。

しかし「これからはこうしよう」と目標を立てるのには、今までの‘‘反省’’が必要不可欠だ、ということを忘れてはいませんか?

反省がなければ、今後どの方向を見て・どのくらいのペースで歩くべきかを設定できません。

そこでまずは、上半期6か月をフィードバックしてみましょう。1月から6月まで、それぞれの月で何に焦点をあてていたのか。どんなことを頑張り、当時の目標は達成できたのか。

達成できなかったのなら、どうしてできなかったのか。最後までやり抜かず、なぜあきらめたのか、を細かく考えてみましょう。

②‘‘どういう状態なら頑張れるか’’を把握する

自分が達成できたこと・できなかったこと、その理由を書き出すことができれば、自ずと‘‘自分はどんなことが向いているのか’’、‘‘どういう状態なら頑張れるのか’’がわかってきます。

それを下半期6か月にも生かしましょう。どういう状態なら頑張れるかを把握できれば、下半期の目標達成は確実になるはずです。

そしてこのやり方は「自分は何が好きなのかわからない」という人や、「何に向いているのかがわからない」という人にピッタリ。

知らず知らずのうちに手を出しているものや、利益などを考えずつい頑張ってしまうものは、あなたにとって大切にすべきものです♡

下半期を有意義に過ごす!目標達成は計画的に♡

③小さな目標に分けて、達成しやすくする!

下半期の6か月で達成したい、大きな目標をいくつか紙に書きだしましょう。1月ずつ6個出すもヨシ、試験などがある場合は、それに合わせて目標設定するもヨシ♡

1月に1つ目標を設定する場合は、4週ごとにレベルアップする小さな目標を設定します。この小さな目標は毎月初めに行いましょう。それまでの自分の傾向などをより反映させるためです。

試験などの日程に合わせる場合は、まず小さな目標をすべて書き出しましょう。そのあと、試験までの日数÷小さな目標の数をして、達成の予定を決めましょう。

④小さな目標を達成するごとに反省→活かす!

このように機械的に日程を組むとそれをこなすことに集中しがち。ですが、重要なのは目標をどのようにして達成したかということ。

小さな目標を達成するたびに自分の行動を振り返り、良かった点・悪かった点をしっかり把握しノートにまとめましょう。

その2つの点は次の小さな目標を達成する過程で活かせるかどうかが、下半期を有意義に過ごせるかどうかの分かれ道!

しっかり自分を見つめて、下半期を有意義に過ごそう♡

いつの間にか下半期に突入していた、目標を何一つ達成できていない……という人も、そんなに落ちこまないで!それは筆者も同じです。

6か月もあれば、自分が夢見ていた素敵な女性に1歩と言わず5歩も10歩も近づけるはず。

下半期に達成したい目標を設定したら、上半期の自分に負けないくらい毎日を楽しんじゃいましょう♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す