「婚約って何ですか?」《選ばれるプリンセス》の新常識とは

日本のプリンセス、眞子さまがついに婚約!世の中はすっかりお祝いムードです。しかし、「婚約」についてきちんと説明できる人はどれだけいるでしょう。結婚している人なら、当然わかるはずの「婚約」。今回は、婚約の意義と、プロポーズされる女性の新常識を説明していきます!

愛され女子ならわかる!婚約にまつわるA to Z

結婚と婚約の違い、本当にわかりますか?

そもそも日本に婚約は存在する?

「婚約」とは、婚姻届が受理されて、婚姻が成立する前に「結婚」の約束をすること。

キリスト教では、結婚の前に家族や友人を呼んで「婚約式」をおこなうこともあります。

ところが、日本における「婚約」の定義はかなりあいまい。法律においても、「婚約」の成立要件はケースバイケースといえます。

「結婚の約束」とは何かということすら、お互い認識のズレがあるかもしれません。

婚約は、ふたりの気持ちさえあればできる?

ふたりの気持ちだけでは、「婚約」と呼べないことも

「結婚」の約束をすることが「婚約」であるとすれば、口約束でも「婚約」といえるはずです。

婚約指輪のプレゼントや、互いの両親との顔合わせがなくても、理論上はふたりが「結婚」の約束をすれば「婚約」なのです。

しかし実際は、互いの親と顔を合わせて初めて、「婚約する」という実感が湧いてくるもの。

さらに、結婚の前に仲人をかいして結納品をとり交わしておけば、いよいよ結婚に対する責任感が高まります。

婚約できる女性がやっている○○とは?

初めはやっぱり「ごあいさつ」

幸せなカップルも、互いの両親に合って「顔合わせ」をするまでは、山あり谷あり。

いざ互いの親にあって「結婚」を約束するとなれば、かなり緊張します。まずは、つきあっている相手がいて、互いに結婚の意志があることを説明しなければなりません。

その上で顔合わせのダンドリを決め、きちんと相手の両親にあいさつできれば、「結婚」に向けておおいに自信がつくことでしょう。

結納よりも、○○会が大事?

日本の伝統的な価値観では、「結婚」を約束したカップルが互いの両親にあいさつし、顔を合わせてから結納、婚姻届を出してから式を挙げるという流れが一般的でした。

しかし、今では結納品のとり交わしは省略され、顔合わせの食事会のみというパターンも増えています。

カジュアルな食事会ほど、家族の価値観が浮き彫りになるもの。食事会の席では、妻として気が利くか、意外なところでチェックされているかもしれません。

あなたの前にも、婚約をのぞむ王子様があらわれるはず♡

「婚約」は、「結婚」へとコマを進めるための大切なステージ。妻としてふさわしい振る舞いをして、相手の両親に喜んでもらえれば、幸せな「結婚」はすぐそこ。

婚約できる女性になるなら、大人として、社会人としてのマナーと気配りを身につけておきましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ