人生の選択に悩んだら‥心のもやもやを解き放ち《人生を変える方法》

人生は選択の連続です。どの選択をするのが自分にとって1番いいんだろう、どの選択が本当に正しいんだろう‥‥と悩んでしまうこともあります。スパッと決断ができればいいけど、そんなに簡単には決断できないことも多いはず。あなたの心のもやもやが少しでも軽くなりますように。

自分の生き方、選択に迷ったときどうしていますか?

人生は選択の連続です。

「TVをつけてバラエティをみようか、ドラマをみようか」
「食後にコーヒーを飲もうか、カフェラテを飲もうか」

これも立派な選択です。
このような選択が積み重なって、今の自分が形成されています。

大きな選択に迷ってなかなか答えが出せないとき、心のもやもやを解消する方法を一緒にみていきましょう♪

1.自分に残された時間を考える

人生のやりたいことリストを明確にする

一度きりの人生の中で「これだけは譲れない!」と言い切れる、自分が絶対にやり遂げたいことはなんですか?

また、それを何歳までに叶えたいですか?

一度紙に書いて、自分の心をアウトプットしてみましょう。
気持ちを整理することで、自分が使える時間もおのずとみえてきます。

急かされたり、焦らされたりしてはいないか

時に周りの人たちは、決断を迫ろうとあなたを急かしてくることがあります。
まるでチャンスが一度きりのように思えたり、時間の期限をもうけられることも‥。

恐怖や焦りに振り回されて、正しい判断ができなくなってしまうことは避けましょう。

一度時間をとり、落ち着いてリラックスリラックス。
焦る気持ちをぐっと堪えてから、自分の心の声としっかり向き合いましょう。

2.本当はどうだったら楽しいのか

あなたが本当にやりたいことはなんですか?

あなたが本当にやりたいことはなんですか?

そのやりたいことを叶えるにはさまざまな障害があるとします。
でも、もしそれをすべて気にしなくてもいいとしたら、あなたが選ぶものはなんですか?

選択をするときは、楽しいのか楽しくないのかを考える

その選択をすると楽しいのか楽しくないのか、自分の心に聞いてみましょう。
楽しくないのなら、そこに熱い情熱を持ち続けることは難しいです。

「楽しかったのなら失敗も笑い話になる。」
「楽しかったのなら全ては学びになる。」

自分が心から"楽しめるもの"を選択しましょう。

3.二者択一だと思い込んでいないか

どちらか1つを選ばなければいけないという固定概念

AかBの決断を迫られたときに、本当はそうじゃないのに"どちらか1つを選ばなければならない"という固定概念に囚われることがあります。

どちらかを選ぶとどちらかが崩壊すると考えてしまうのでしょうが、中にはどちらも選ぶ選択をして幸せに暮らしている人もいます。

AとBの境界線をつくることよりも、境界線をなくすことに注力しましょう!

心から信頼できる人の意見をきいてみる

物事は、"当事者よりもそばでみている第三者の方が良い判断ができる"とも言われています。

あなたを愛し、思いやりをもってあなたのことをよく見てくれている人は、あなたよりもあなたらしさをわかってくれていることがあります。

自分1人で考えているときより、すんなりと答えが導き出せるかもしれません。

自分の心と向き合って、最善の選択を♡

自分にとって大切で大きな決断なら、どの選択をしても少なからず後悔はつきものなのかもしれません。

その中でも少しでも後悔の少ない選択ができるよう、自分の心と向き合ってじっくり考えてみる時間をとってみるのもいいかもしれません♪

あなたにとって最善の選択ができますように♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ