「似合わない」は、思い込み!?《食わず嫌いアイテムを、大好きアイテムにする方法》

定番で使いやすいアイテムだけど、私には合わない気がする…。そんな”食わず嫌い”しているアイテム、ありませんか?本当は使いやすいのに、食わず嫌いはもったいないのです!そこで今回は、あなたの食わず嫌いアイテムとおさらばする方法を、ご紹介します。

定番アイテムと言われても、私には合わないかも…

定番の、シャツやトレンチコート。使いやすいはずなのに、なぜか私には似合わない。

そんな食わず嫌いなアイテム、皆さんあるはずです。そこで今回は、そんな食わず嫌いアイテムを、解決する方法をご紹介します。

【食わず嫌い①シャツ】→使いやすい「とろみ」「変形」「抜き襟」を選ぶ!

パリッとした印象のシャツは、シンプルに見えて、選び方が以外と難しいのです。

そんなシャツは、ベーシックなアイテムが定番ですが、あえて”普通じゃないデザイン”を選ぶのが鍵なのです。

「とろみ素材」で、ゆるっと落ち感を

かっこかわいいスタイルを叶える「変形シャツ」

変形デザインは、パッと目をひくインパクトがあります。そんな変形デザインも、パリッとした白を選ぶことで、カジュアルに着こなすことができます。

ボタンは全部閉めずに、首元に抜け感を作るのが、ポイントです。

大人の色気を演出する「抜き襟シャツ」

普通のシャツと違い、襟がグッと後ろに下がっている抜き襟デザインは、すっきりとした女性らしさを演出できます。

そんなスキッパーシャツは、グッと後ろに襟を引っ張り、女性らしい色っぽさを出しましょう。

【食わず嫌い②スキニー】→「チラ見せコーデ」か「変形モノ」のどちらかを選んで!

スキニーパンツは、脚のラインをもろだししないのがポイント!

この1点をしっかり押さえておけば、誰でも簡単に、スキニーパンツを履きこなすことができます。

ピタッとスキニーは「スリット」からチラ見せ

タイツのようなピタッとスキニーは、スリットの入ったトップスから、チラ見せさせるのがおすすめ。

上半身はコンパクトにまとめて、コーディネートが重くならないようにしましょう。

気になる脚のラインは「ロングガウン」で隠す!

気になる脚は、ロングガウンを合わせてラインを隠すのも、一つの手。

さらっとロングガウンを羽織るだけで、誰でも簡単に、スタイルを良く見せることができます。

「フリンジスキニー」で、視線を散らす

フリンジや、カットオフデザインのスキニーパンツは、クロップド丈が◎

足首が見えるクロップド丈は、程よい肌見せで、視線を散らすことができます。トップスをインすることで、脚長効果を叶えます。

【食わず嫌い③ミモレスカート】→「辛め」か「スポーティ」で、甘く着ない!

女性らしさを演出できるミモレスカートは、”甘さを抑えたデザイン選び&スタイリンング”と、”色数を絞って大人っぽく着こなす”のが、おすすめ。

この2点を抑えることで、バランスの良いコーディネートに仕上がります。

「メンズライクなアウター」で、甘辛ミックス

女っぽアイテムは、ミモレスカート1点のみ!

合わせるアイテムは、メンズライクなものをチョイスして、甘辛ミックスにすることで、ピリッと甘さを抑えます。

「ロゴスウェット」を合わせてスポーティーに

ボーッシュなスウェットを合わせることで、スポーティーなコーディネートに仕上がります。

ボーイッシュになりすぎないように、プリーツや花柄など、女性っぽさを引きだす、甘めスカートをわせるのがポイントです。

【食わず嫌い④トレンチコート】→「テロンチ」でカジュアルに着る!

トレンチコートが老けて見えるのは、素材がかたいから!

やわらかい素材の「テロンチコート」にすれば、体になじみ、カジュアルに着こなすことができます。また、やわらかい素材が、こなれた印象にします。

「ロング丈トレンチ」は、肩を落としてずるっと着る

ロング丈は、肩を落とすだけでかっちり感がなくなり、おしゃれ度が増します。

とろみ素材のため、トレンドのウエストマークもできます。

上品な「ミディ丈テロンチ」は、カジュアルに着崩す

コンサバ感の強いミディ丈は、テロテロ生地とライトベージュで、カジュアルダウンしましょう。

上品なミディ丈に、わざとカジュアルなアイテムを合わせることで、抜け感を演出できます。

【食わず嫌い⑤ボーダートップス】→「お悩み解消ボーダー」を選ぶ!

ボーダー難民さんは、とても多いはず。

そこで今回は、お悩み別ボーダーの選び方を、ご紹介します!あなたにぴったりのボーダーが、見つかるはずです♡

小柄さんは「ピッチ太め」で、目線を引き上げる

太めのピッチなら、存在感を出せるため、目線を上に引き上げることができます。

定番デザインも、ワイドボーダーにすることで、新鮮なスタイルになります。

色黒さんは「赤ボーダー」で、ハッキリ見せる

淡色は色黒を目立たせるため、避けましょう。

スクエアネックや、ボートネックデザインをチョイスすることで、抜け感をプラスします。

二の腕がムチムチさんは「ドロップショルダー」で、体型カバー

ドロップショルダーは、肩の張りや、二の腕をカバーするため、体型を気にせずにボーダーを着ることができます。

やや大きめのサイズを選ぶことで、着やせが叶います。

まる顔さんは「パネルボーダー」で、顔をすっきり見せる

肩まわりを無地にすることで、視線が無地の部分に行くため、顔をすっきり見せることができます。

【食わず嫌い⑥オールインワン】→「高見えデザイン」と「素材」がカギ!

幼く見えがちなオールインワンは、キャミソールやベアなど、着るだけで女度が上がる、デザインをチョイスするのがおすすめ!

薄手でサラッとした生地なら、子供っぽくなる心配もありません。

「キャミオールインワン」は、落ち感のある素材で女っぽさを

ゆったりしたサイズ感で、女性らしさをキープできるキャミタイプは、落ち感のある素材を選ぶのがポイント。

デザインだけではなく、素材感も重要なのです。

「柄のオールインワン」は、さらっとした素材を

子供っぽくなりがちな柄のデザインは、素材感が命!

さらっとした素材は、大人っぽく見えるため、ドットや花柄をチョイスしても、子供っぽくなずおすすめです。

【食わず嫌い⑦ロゴT】→「文字は小さめ」か「かすれプリント」で大人っぽく!

今季ロゴティーを買うなら、小さめ文字で、かすれたフォントがおすすめ!

繊細なデザインで、大人っぽさを演出しましょう。

「ヴィンテージロゴ」で、雰囲気たっぷりに

古着風のかすれ文字なら、大人っぽさを引き立たせることができます。

オフホワイトやグレーをチョイスして、より大人っぽさを演出しましょう。

「華奢な白ロゴ」で、大人っぽく

ロゴティーを着てもださくならないポイントは、小さめのゴシック書体で、高めの位置にプリントしてあり、小ぶりのロゴを選ぶこと。

この3点を押さえておけば、ロゴティーも大人っぽく着こなすことができます。

食わず嫌いをとおさらばして、おしゃれの幅を広げましょう♡

今まで、私には似合わないなと避けてきたアイテムも、選び方や着こなし方を少し変えるだけで、自分に合ったコーディネートを組むことができるのです。

そんな、食わず嫌いをなくせば、おしゃれがもっと楽しくなるはずです♡

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ