ファッションやメイクはOK、でもヘアが古くない?《ちょいテクでイマドキに変身》♡

カジュアル一辺倒から、キレイめ服への移行する女子が、今、急増しています。しかし、今までのヘアスタイルは、カジュアルに合っても、キレイめ服には合わない!そんな、ヘアアレンジの悩みを、すぐに解決!4つのケースに合わせて、解決アレンジをご紹介します。

私のヘアスタイル、古くさいかも…?

カジュアル一辺倒から、キレイめ服への移行する女子が、今、急増しています。

しかし、今までのヘアスタイルは、カジュアルに合っても、キレイめ服には合わない!
そんな、ヘアアレンジの悩みを、すぐに解決!
4つのケースに合わせて、解決アレンジをご紹介します。

①ストレートヘア+キレイめ服=地味?

クールに決めようと、あえての自慢のストレートヘアも、キレイめ服に合わせると、地味な印象に?!
そんな風に感じた時は、ストレートヘアに、少しアレンジを加えましょう。

外ハネミックスで巻いて華やかに!

毛先に外ハネを混ぜて、ナチュラルにゆるく巻きましょう。
外ハネで毛先を遊ばせて、一気に今っぽく変身!

ふんわりとした外ハネヘアの作り方

①太めのコテで、毛先を全部外ハネに巻きます。
②顔周りの毛を1束持ち、巻きます。外巻きにすると、大人っぽい印象になります。
③頭のトップのヘアを持ち上げ、ふんわりと根元が立ち上がるように、コテを通します。

くびれのある、ふんわり外ハネヘアの完成です。

②こなれカジュアル+無造作ヘア=手抜きヘア?

無造作ヘアなら、間違いないと思っていた一昔前。
しかし、キレイめ服に合わせると、なんだか手抜きヘアに見えてしまう!

無造作ヘアでも、作り方を変えればイマドキ風に変身します。

無造作ヘアを作るなら波ウェーブに挑戦してみて!

無造作へアではなく、全頭を波ウェーブに巻きましょう。
波ウェーブを作ってから、ふんわりと崩してあげれば、イマドキっぽいナチュラルな仕上がりに。

簡単にできる波ウェーブの作り方

①髪の毛全体に、オイルワックスを塗布します。
②毛先を全部内巻きに巻きます。
③適当量の毛束を取り、コテを真横に入れながら、内巻き外ハネ巻きを繰り返します。
④頭全体を同じように巻いていきます。
⑤内側の毛は、毛先がまいてあれば、適当でOK!
⑥全体にワックスをつけながら、ほぐしてバランスを整えて完成です。

③ヘアアレンジがキレイめ服に合わない

カジュアルファッションでは、三つ編みなど、かっちりとした編みアレンジも、よかったけど、キレイめファッションには合わない気がする!

キレイめファッションに合わせるヘアアレンジに迷ったら、エレガントなスタイルを試してみて。

エレガントなポニーテールかアップヘア

エレガントなポニーテールは、低めに作るのが◎。
大人っぽく、上品でいて、しっかりとした女性を演出します。

大人っぽいポニーテールの作り方

①髪全体にコテをいれ、波ウェーブを作っておきます。
②トップの毛を取り、三つ編みをひと編みして、留めます。
③毛を引き出して、ほぐします。
④サイドの毛を残して、後ろの毛を三つ編みの結び目と同じ位置で、結びます。
⑤サイドの毛をねじり、結び目に巻きつけて、ピンで留めます。
⑥サイドの毛も引っ張り出して、ほぐします。
⑦ポニーテールの部分をコテで巻いて、完成です。

ポニーテールと同じく、エレガントなフルアップスタイルは、シャツやニットとも合います。
首が長く見えて、すっきりとした印象に。

簡単にできるアップスタイルの作り方

①髪を上下2段に分け、上を仮留めしておきます。
②下の毛をゆるめに結び、上むきにくるりんぱします。
③留めていた上の毛も一つに結び、下向きにくるりんぱし、全部の髪をまとめて三つ編みにします。
④三つ編みをお団子にまとめ、留めたら、毛を引き出して、ルーズに崩します。

すっきりとアップにまとめれば、上品な女性の完成です。

④キレイめ=巻き髪?!なんだか古臭い

キレイめファッションには、やっぱり巻き髪?!
やってみたけど、なんだか古臭いと感じるのはなぜでしょう。

今っぽくなるように、巻き方を変えてみましょう!

トップの毛はふんわりねじり巻きに

イマドキのゆる巻きの作り方

①髪の毛の真ん中あたりから、毛先に向かって、コテでミックスに巻きます。
②毛先だけ巻くのでは古臭くなるので、トップから真ん中に向かって、毛をねじり、ねじったままコテで巻きます。

今っぽいトレンドは、トップからクセをつけます。
トップはねじってからコテで巻くことで、巻きが強くなりすぎず、ゆるふわカールに仕上がります。

試してみて。

ちょいテクで、今っぽく変身!

ヘアスタイルが古臭いと感じたら、ちょいテクを加えて、今っぽく変身してみて。
キレイめ服と合わせて、ワンランク上の大人女子を、目指しましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ