不調でなんかいられない!≪女性ホルモン≫を整えて、キラキラ女子の味方につけよう♡

最近、生理がきちんとこなかったり、妙にイライラすることが多く感じることありませんか?もしかして、それ、女性ホルモンの分泌か乱れているのかも。仕事による不規則な生活が続いたり、人間関係におけるストレスなど要因はさまざま。上手に付き合って、不調知らずの体にしましょ♡

最近のその不調、女性ホルモンにあり!?

最近、予定通りに生理がこなかったり、なにかとイライラしたりすることが多くなったと感じたりしていませんか?
もしかしたら、それ、女性ホルモンが乱れているのかも。

本来は、20代半ばから30代前半の女性は比較的、女性ホルモンの分泌は安定しているもの。ただ近年、女性もハードな仕事が多くなり不規則な生活や、人間関係によるストレスも多くなりバランスを崩している人も多いのです。

次のチェック項目で、引っかかるものがあったらちょっと注意が必要かも。あなたの女性ホルモン健康度を調べてみて。

あなたは当てはまる?健康チェックポイント

□生理不順
□生理痛
□めまい
□疲れが取れないなどの不定愁訴

「私にぴったり当てはまる...」と、ギクリと感じた人もいるのでは?

でも、心配しないで!毎日のちょっとした心がけで、改善できる可能性もあり。不安に感じている人はぜひ、次の法則をレッツトライ♪

上手な付き合うための3法則

早寝早起きを習慣づけよう

たっぷりと睡眠をとって、休息することで自律神経が整います。そうすることで、ある程度のストレスに影響を受けなくなるような体を手に入れることができます。

①まずは起床時間を一定に
寝る時間は遅くなっても、起きる時間は同じにしましょう。そうすることで、規則正しい早寝早起きの習慣がつくはず。

②就寝2時間前からスマホは禁止
スマホの明るい光は、眠りの質を低下させます。だいたい2時間前から、スマホは触らないようにすると次の日の目覚めが格段に良くなります。

③寝る前の歯磨きは避けて
歯磨き粉のミントで、目がさえちゃうなんてことも。なるべく、食後に歯磨きをするクセをつけておくと良いかも。

生理前は意識して休んで

生理前は、些細な事でもイライラしがち。"プチ更年期"だと思って、なるべく予定をつめこまずにゆったりとした生活を心掛けることが重要です。

①生理前は無理せず早めに睡眠
生理前のイライラや憂鬱で、仕事がはかどらない...。そんなときは、無理して頑張らないで体を休めることに集中するのも手。

②ちょっとした運動を取り入れてみて
生理前は、代謝が落ちていきます。ながら筋トレなど、ちょっとした隙間時間に1日30分ほどを目安に運動も取り入れてみて。

③リラックスできることを見つけておく
映画鑑賞や、読書など自分が心地いいとリラックスできる趣味をストックしておくことも大事です。

リラックスできる一人の時間を確保

安らぎや幸福感が得られるような、リラックスできる時間を設けることも重要です。自律神経も安定しやすくなります。

①リラックスバスルームを作る
バスルームは自律神経が整いやすい、最高の場所。より一層効果的にするためにも、入浴剤やマッサージクリームなどを揃えてみるのも良いかも。

②他人に振り回されすぎないように
クリニックに院長いわく「ひとりの時間を確保できている人ほど、うつ病になりにくい」のだそう。家族や友人などに振り回されすぎず、一人でゆっくりできる時間を確保しましょう。

③ちょっと「手抜き」も大事
常に気を張って、頑張りすぎないで。疲れたときは、お惣菜を買ったっていいのです。それよりも、落ち着いてリラックスできる時間をつくることを意識してみて。

不調知らずのカラダを手に入れましょ♡

女性なら、誰しも長年付き合っていかなくてはいけない女性ホルモン。上手にバランスを保って、不調知らずの素敵なカラダを手に入れてしまいましょ♡