大好きな人と一緒に住みたい!同棲を始めるタイミングはいつ?

恋人ができたらいつも一緒にいたいと思いますよね。一緒に暮らしたら幸せな時間が送れるはずです。ですが、タイミングを間違えないようにしないといけません。今回は、同棲をするベストなタイミングを紹介します。これから同棲を考えているカップルは参考にしてくださいね。

同棲のタイミングはいつがいいの?

大好きな人とはいつも一緒にいたいって思いますよね。同棲を始めたいけど、いつどのタイミングで始めたらいいんでしょうか?良いタイミングと悪いタイミングを紹介します。

一緒に住みたい!同棲のメリット

同棲って実際どうなの?同棲にはメリットがたくさんあるんです。

結婚後の生活を体験できる

一緒に生活することで今まで見えなかった相手の部分が見えてきます。結婚生活の予行練習ができるので、お試し期間と思って生活することができます。

お金が貯まる

今まで一人暮らしをしてきた人は、二人で一緒に生活をすることで家賃や光熱費が半分になりその分貯金をすることができます。

結婚資金をためることができますよ。

安心感を感じられる

家に帰ると大好きな人がいる、毎日大好きな人が帰ってくると思うと大きな安心感を得られ、心強く感じます。

タイミングが重要!同棲のデメリット

何事もメリットがあればデメリットがつきものです。同棲のデメリットを紹介します。

結婚への意識が低くなる

女性の場合は、同棲を始めれば近い将来の結婚を意識し始める物です。ですが、男性の場合はそうはいきません。

男性の場合は、同棲生活はほとんど結婚生活を送っているようなものです。結婚しなくてもいいという意識が芽生え始め、ずるずると同棲生活が長引く可能性もあるのです。

もめやすい

特にお金の管理でもめやすくなります。結婚してしまえばお互いが将来のために考えるでしょうか、同棲の場合は義務ではありません。

両者が同じ気持ちでなければ、一方に不満が生まれもめる原因になってしまいます。

今がチャンス!同棲する良いタイミング

同棲するのにはタイミングがとても重要です。ベストな同棲のタイミングをお教えします。

結婚前提

結婚前提で付き合っている場合は、同棲をするのはよくあるケースです。同棲せずに結婚すると「こんなはずじゃなかった」という気持ちが生まれてしまうこともあるかもしれません。

結婚後のイメージをはっきりとさせるためにも、このタイミングで同棲するのは大事かもしれません。

ほぼ毎日相手の家に行ってる

どちらかが1人暮らしだと頻繁に家に通い、一緒に食事をしたりということはよくありますよね。このタイミングで同棲を始めるのもベストなタイミングです。

一緒に暮らし始めれば、通う時間も節約でき、交通費が浮いたりといろいろ節約できますよ。

付き合いだしてすぐ

付き合いだしてのすぐのタイミングで同棲を始めるのは勇気がいることです。ですが、一番感情が盛り上がっている時期ですので、一緒に暮らすと毎日幸せな時間が過ごせますよ。

仕事や環境が変わった

恋人の仕事や働く環境が変わるタイミングで同棲を始めるカップルは多いです。何かとサポートが必要な場合は、一緒に暮らすのもいいかもしれません。

転勤となると遠距離恋愛になりますので、覚悟があれば一緒についていってこのタイミングで同棲を始めてみましょう。

プロポーズ後

結婚準備をしている段階が一番ベストなタイミングかもしれません。スムーズに結婚準備が進み、モチベーションをアップさせることもできます。

自立するため

実家暮らしをしていると何かしら親がサポートしてくれるものです。自立するためにも同棲はいいタイミングかもしれません。

気を付けて!同棲する悪いタイミング

しかし、次のようなタイミングで同棲を始めるのはあまりおすすめできません。

自分の時間が大事

好きな人といつも一緒に入れるのは幸せなことですが、相手が1人が好きだったり自分の時間が大事だったりすると何かとケンカの原因になることもあります。

最悪、同棲解消になったり破局する恐れもあります。結婚することが決まってから同棲を始める方がいいでしょう。

家族に内緒で同棲を始める

恋人や自分の家族に内緒で同棲を始めた場合、あとで大きな揉め事に発展する恐れがあります。将来のことを考えるのであれば、事前に同棲の報告をしてから一緒に住むようにしましょう。

お互いの仕事が忙しい

なかなか会えないからと言って同棲を始めるのはやめましょう。このタイミングで同棲を始めるとなかなかコミュニケーションがとれず、どちらかがさみしい思いをするかもしれません。相手に気配りも出来ないようになってしまいます。

ベストなタイミングで楽しい同棲生活を!

同棲生活は結婚生活の予行練習です。一番いいタイミングで同棲をスタートさせるようにしましょう。タイミングを間違えなければ幸せな生活を送れるはずですよ。