どっちにする?リキッドファンデーションorパウダーファンデーション

毎日のメイクで欠かせないベースメイク。下地、bbクリーム、ファンデーションなど。ここで迷うのがリキッドファンデーションかパウダーファンデーションか…。正直使い分けの基準も曖昧…?今回はリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの使い分けをご紹介します。

肌が綺麗だと嬉しいもの

ベースメイクは1番時間をかけるパートではないでしょうか。それぐらい、肌の仕上がりは大事ですよね。綺麗な肌だと嬉しいし、荒れている肌はテンションも下がりまくり。

そんな肌の悩みを解決してくれるのがファンデーション。肌の色を整えてくれ、透明感を出してくれたり、さらっとした肌に仕上げてくれたりもしますよね。ここで悩むのがリキッドファンデーションかパウダーファンデーション。どっちを選ぶべきなのか…。

リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの使い分け?

正直どっちが自分に合っているのかわからない!なんて方も多いはず。リキッドファンデーションだとテカリそうだし、パウダーファンデーションは乾燥しそう。

では早速、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの使い分けをご紹介します。これでなりたい肌をゲットできるかも!

リキッドタイプにマッチした肌質

リキッドファンデーションはどの肌タイプの方も使える万能ファンデーション。仕上がりがマットなものやツヤがでるものもあるので、自分にあったリキッドファンデーションをみつけられるはず。

リキッドファンデーションのメリット

リキッドタイプのファンデーションは肌に簡単にのせることができ、透明感やツヤを与えてくれます。色ムラにもなりにくいので、あまりメイクに慣れていない方も使いやすいタイプです。

リキッドファンデーションのデメリット

リキッドファンデーションは肌へしっかり密着してくれるので、メイク落としもしっかりしたほうがベター。その為、肌への負担はパウダータイプよりも高めです。

パウダータイプにマッチした肌質

パウダーファンデーションはオイリー肌の方にオススメ。テカリや皮脂のを抑えてくれる優れたパウダーファンデーションも沢山出ています。今までパウダーを使ったことのないオイリー肌の方は是非パウダータイプを試してみてください。

パウダーファンデーションのメリット

パウダーファンデーションはさらっと肌にのせることができ、ソフトな肌に仕上げられます。薄づきな軽い付け心地が好みの方にオススメ。

パウダーファンデーションのデメリット

付け心地が軽いだけあって、カバー力はリキッドファンデーションよりも低めです。また、簡単に重ね付けができてしまうので、厚塗りになる場合も。

人気のリキッドファンデーション

ESTEE LAUDER/ダブル ウェア ステイ イン プレイス メイクアップ

少し重めなテクスチャーのリキッドファンデーション。しかし、肌への密着度は高くセミマットな肌に仕上げてくれます。ベタつく仕上がりが苦手な方にも使いやすいファンデーション。

NARS/ベルベット マット スキンティント

皮脂を抑えてくれ、テカリをコントロールしてくれるセミマットなリキッドファンデーション。付け心地は軽いのにカバー力もあるもの。オイルフリーなのも嬉しいポイント。

COVERMARK/<ジャスミーカラー>エッセンス ファンデーション リキッド

ベタつきや、かさつきの悩みを一気に解消してくれるリキッドファンデーション。するっと伸びてカバー力もあります。自身が持つベースカラーに合わせてブルーベース、イエローベースのカラーが選べます。

リキッドファンデーションのメイク方法

ESTEE LAUDERのリキッドファンデーションを使ったメイク動画です。彼らは筆でファンデーションを伸ばした後、指で叩き込むようにのせています。しっかり均等に肌にのせたい時にオススメ。

人気のパウダーファンデーション

LUNASOL/スキン モデリング パウダーファンデーション

パウダーファンデーションとは思えないほどの密着感で透明感とツヤを与えてくれます。粉浮きもしにくく、皮脂や汗にも強い優れもの。

MAC/ライトフルC ファンデーション

カバー力と透明感を持ち合わせており、長時間メイクしてもくすみにくいパウダーファンデーション。厚塗り感も出にくく、さらっと仕上げてくれます。

cle de peau beaute/タンプードルエクラ

しっかり気になるところをカバーしてくれ、テカリも抑えて肌を綺麗に見せてくれるパウーダーファンデーション。メイク直しをしなくてもいいぐらい、長時間美しさをキープしてくれます。

パウダーファンデーションのメイク方法

パウダーファンデーションを使ったメイク動画です。パウダーファンデーションはやはりカバー力に欠けるので、クマやシミなど気になるところにはコンシーラーを合わせて使って下さいね。乾燥が気になる方は保湿力のある下地を使うといいかもしれません。

合わせて使いたいコンシーラ

NARS/ラディアント クリーミーコンシーラー

リキッドファンデーションにもパウダーファンデーションにも合わせて使いたいのがコンシーラー。小鼻の周りの赤みなどをカバーしてくれたり、ハイライトのような役割もしてくれたり。NARSのコンシーラーは滑らかに伸びて、ヨレにくくカバー力も優れているもの。

iPSA/クリエイティブコンシーラーEX

赤みを足したオリジナルのコンシーラー。色を混ぜて使うこともでき、気になる点を自然にカバーしてくれます。ヨレにくいのも嬉しいポイント。

MAKE UP FOREVER/フルカバー

とにかく気になるところを隠したい方にオススメ!ヨレにくく、長時間しっかりカバーしてくれます。伸びがよく、ささっとメイクできるのも嬉しいポイントです。

完璧派のあなたはダブル使い!

カバー力、ツヤ肌、マット肌、陶器のような肌・・・など自分のタイプの肌があるはず。全てを手に入れたいかたは、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの併用をオススメ。保湿力もカバー力も、使うアイテムによって手に入れたいタイプの肌をゲットできます。

朝はリキッドファンデーションとパウダー

忙しい朝はささっとリキッドファンデーションとパウダーで仕上げて。リキッドファンデーションは肌馴染みが良いので、ささっと肌にのせることができて時短になります。パウダーでツヤ感をおさえられるので、テカリがきになる方も問題ありません。

化粧直しにパウダーファンデーション

お化粧直しの時にはパウダーファンデーションを使って。色味を足したいところや、さらっとした肌にしたい時にもパウダーファンデーションなら全て補ってくれます。

ぜひオリジナルな使い分けルールを見つけて!

肌質によってファンデーションの相性はありますが、やはり1度は一通り試しておきたいところ。リキッドファンデーションもパウダーファンデーションもサンプルで試してみてください。合わないと思っていたけど、使い方を変えたら合った!なんてこともあるかもしれません。是非、自分の肌に合った使い分けルールを見つけてくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ