正しいクレンジングで美肌を守ろう!その種類と肌質との相性は?

メイクをしている女性の必須アイテムといえばクレンジング。普段何気なく使っているクレンジングの種類に肌質やメイクとの相性があるのを知っていますか?正しいクレンジング方法やおすすめクレンジングのご紹介も含め、肌質別のクレンジングの選び方を種類別にご紹介します。

クレンジングの役割とは?

クレンジングの主な役割はもちろん「メイクを落とすこと」です。

クレンジングなら何でもいいという訳ではないので、クレンジング選びもメイクに合わせた種類を選ぶことがとっても大切なんです。

クレンジングの種類と肌質との相性

それでは、クレンジングの種類と、それぞれの種類に合った肌質をご紹介していきましょう。

ミルク

乾燥肌・敏感肌向け。

全てのクレンジングの中で最も肌への負担が少ない種類です。

ただし、油性のしっかりメイクは落ちにくいというデメリットがあるので、軽いメイクの日専用として使い分けてもいいかもしれませんね。

クリーム

こちらも乾燥肌・敏感肌向けの種類です。

肌に負担のかかる界面活性剤の量が少なめでかつ適度な油分を含んでいるため、ナチュラルメイクであれば十分に落ちます。

すすいだ後も肌がしっとりしますが、洗い流す前にティッシュで拭き取る必要があるものもあり、肌へのダメージが心配な人は洗い流すタイプがおすすめ。

ジェル

基本的にはどんな肌質の人でもOK。

油性(しっかりメイク向け)と水性(オイルフリーなのでナチュラルメイク向け)タイプに分かれます。

ジェルは厚みのあるテクスチャーなので肌への摩擦が軽減されます。

リキッド

さっぱりとした使用感がリキッドの特徴。

水分をベースにしたクレンジングなのでお肌に優しいイメージを持ってしまいがちですが、反面、界面活性剤の量が多い=洗浄力が高いので、乾燥肌や敏感肌の人には不向きです。

オイル

しっかりメイクも素早く落とせるのがオイルの最大の特徴。

その反面、必要な皮脂まで落ちやすいため、乾燥肌の人には不向き。
一般的には肌が丈夫なオイリー肌に向いています。

ただし、オイルの種類にもよります。

シート

他の種類のクレンジングと違って拭くだけで素早くメイク落としができるのが特徴。

ですが、シートで拭き取る摩擦と界面活性剤の量の多さで肌に刺激を与えてしまい、頻度が高いと敏感肌やシミの原因にもなってしまいます。

使用する場合は、どうしてもメイクを落とす元気がないときや、旅行先に限定した方がいいでしょう。

洗浄力の強さで順位をつけると、シート→オイル→リキッド→ジェル→クリーム→ミルク、となります。

自分の肌質に合わせて選んでみてくださいね。

クレンジングのポイント

どんな種類のクレンジングでも、クレンジングの方法が間違っていれば台無しです。

お肌にも悪影響を与えるため、守るべきポイントをまとめてみました。

その日のうちに落とす

一日経ったメイクは、顔の皮脂や空気中のホコリ、外気中の排気ガスなどの汚れと混ざり合って酸化しています。

その状態のまま眠ってしまうとお肌にダメージを与えてしまい、老化にもつながります。

面倒でもその日のうちにきちんとクレンジングをしてから寝ましょう。

ポイントメイクを最初に落とす

一般的なクレンジングはベースメイクを落とす目的で作られています。

種類にもよりますが、ポイントメイクを落とさずに通常のクレンジングをしてもアイメイクや口紅が残ってしまっては、クレンジングの意味がありません。

きれいなお肌でいたいのであれば、ポイントメイクは優しく丁寧にオフしてからクレンジングをしましょう。

クレンジングの量は適量を守る

どの種類のクレンジングにもそれぞれ「適量」が決まっています。

もったいないからと少ない量でクレンジングをしても、汚れがきちんと落ちないどころか、お肌を必要以上に傷めることにもなりかねません。

表示されている「適量」は必ず守りましょう。

クレンジング時にこすらない

こするということは、色素沈着やシミ・シワ、乾燥の原因になります。

ほとんどの種類のクレンジングは無理にこすらなくても、ちゃんとメイクは落とせます。

軽く撫でるくらいの力加減を意識してみて。

すすぎはぬるま湯で

クレンジングの種類を問わず、30℃前後のぬるま湯で洗い流しましょう。

冷たすぎると油分が固まってメイクが落ちませんが、熱すぎると逆に必要な油分まで落ちてしまいます。

手で触ってちょっとぬるいかな?くらいのぬるま湯が目安です。

面倒でも極力これらの項目を守ることで、10年後、20年後もきれいなお肌を保つことができます。

肌トラブルが起きてしまわないよう、夜はきちんとクレンジングをしてメイクをオフしましょうね。

まつエクしてる人はどの種類がいいの?

まつエクしている人は、リキッドタイプかジェルタイプがおススメです。

まつエクの接着剤は油分に弱いので、オイルフリーのクレンジングであれば大丈夫。

おススメクレンジング 種類別

クレンジングの種類別の特徴を挙げてみましたが、今度はそれぞれの種類のおススメのクレンジングをご紹介してみたいと思います。

ミルク

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク

ファンデーションがすっきり落ちるのにクレンジング後は肌が潤うことで大人気のクレンジングミルク。

楽天市場クレンジングミルク部門第1位の商品です。

200gで2.592円(税込)。

クリーム

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

クレンジングとマッサージクリーム両用タイプの洗い流すクレンジングクリーム。

洗い流した後のお肌はしっとりもち肌になります。

300gで702円(税込)。

ジェル

skinvill ホットクレンジングジェルN

2016年リニューアル。
山田優さん他多数の芸能人が愛用していることで一躍有名になったクレンジングです。

W洗顔不要、じんわり温かくなり、美容成分が99.7%配合されているので洗い上がりも突っ張りません。

200gで2,036円(税込)。

リキッド

オルビス オイルカット クレンジングリキッド

クレンジングリキッド部門の売り上げ第1位のリキッド。

オイルカット処方なのでヌルつかずに素早くメイクが落とせるのに、お風呂場でも使えて乾燥しません。

もちろんまつエクの人でも使えます。
150mlで1,440(税込)。

オイル

アテニア スキンクリア クレンズ オイル

2016年度クレンジング部門第1位を獲得したオイルクレンジング。

肌ステインを落として明るい陶器のような素肌へ導きます。

アテニアを始めて購入する人限定、175mlでプリマモイストローション30mlとセットで1,836円(税込)です。

シート

ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート ブライトアップ 46枚

クレンジングシート部門で売り上げ1位のビフェスタ。

オイルフリーでクレンジングから化粧水までこれ一つで完了するのも人気の理由。

使用後のお肌もつっぱり知らずで、1枚で顔全体のメイクが落とせます。

513円(税込)。

自分に合った種類のクレンジングでお肌を守ってあげて

あなたに合いそうなクレンジングは見つかりそうですか?

自分の肌質だけでなく、その日の肌のコンディションやメイクの濃さによって種類を変えてみるのもいいかもしれませんね。

いつまでもキレイなお肌でいるためにも、自分に合ったクレンジングで美肌を守りましょうね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ