27歳で天職を見つけたスタッフ厳選☆本当に役に立つリアル転職本7選

20代後半。働き盛りのみなさんは、「今の仕事を続けていていいのかな」「もっと自分に向いている仕事があるのでは」と考えたことがあるのではないでしょうか。同じ時期に悩んだ編集スタッフが、27歳で天職を見つけるキッカケとなった、本当にみんなに知ってほしい転職本7冊を、厳選してご紹介します!

今のお仕事、ずっと続ける?

2017年の仕事も通常運転になってきた、今日この頃。ふと考えてしまうのは、「今の仕事をずっと続けるべき…?」「もっと他に私に向く仕事があるのかも…」

私は新卒から、大好きなファッション業界に飛び込んで、アパレルメーカーで営業として働いていました。そして、転職を考えた時、たくさんの本を読みました。

今回は、その中でも、27歳で天職を見つけたきっかけとなった、本当にタメになった本だけを、7冊ご紹介します。

本当の天職を見つけたいなら、ぜひ読んでほしい本7選

新装版 あなたの天職がわかる16の性格

¥1,620(税込)

他の本を読まなくても、この本だけは、絶対に読んでください。20代の今のうちに知っておかないと、必ず後悔します。
私はこの本で、今の仕事(天職だと思っています)を決めました。

MBTIという、ユング心理学をもとにした分析で、性格を16通りに分類。
各タイプごとに、自分はどういう性格で、どんなことが得意で、どんなことが不得意、どんな環境なら力を最大限発揮できるのか、ズバリ適職は何か、が、すべて書かれています。

これは占いではないのですが、何もかも言い当てられた感じになります。読んでみて、驚愕すること間違いなし。

まるで私を見ているかのように的確で詳細な分析がされていて、驚嘆しました。現在、私が就いている職業も、まさにぴたりと当たっていました。自分で気づかなかった自分にも気づかされ、自己認識を新たにしました。自分の社会性について迷う部分が多かったのですが、いい意味で、自分とはこういう人間なのだと開き直って、自己肯定的に生きていけそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

面白いのは、実際に仕事をしているときと、リラックスしているときとでは選ぶ内容が異なるということ。つまり、リラックスしているとき選ぶものが本来の気質で、仕事をしているときに選ぶものが「お仕事モード」ということ。これは多かれ少なかれ誰にでもあることだろうが、あまりに違いすぎると、ずいぶんムリをして性格に合わない仕事をしている可能性が高いということになる。転職を検討中なら、まさに本来の気質に合った「天職」を見つける手助けをしてくれる。

出典:http://topicks.jp

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

¥1,555(税込)

転職のプロ・キャリアコンサルタントが、「働くとは何か?」「仕事とは何か?」「やりがいとは何か?」の疑問や、「好きを仕事にするべきか?」「やりたいことが分からない」という迷いや悩みなどに、 著名人の名言を引用し、著者が解説を加えたもの。

まさに、働くこと・仕事についての究極のQ&Aです。
転職を考えると、結局「働くってなんだろう」「自分はなぜ働くのだろう」と根源的なことまで考えることになると思います。そのヒントになる、貴重な本です。

転職活動中です。
この本を読むまでは「働く」ことに関して様々な疑問や不安だらけの毎日でした。
そんな時、ある書評サイトでこの本に出会いました。
この本には著名人の方々の「働く」ことに対するアドバイスがバランスよく載っています。
ぼんやりとした答えではなく、はっきりとした答えが私には見つかりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

歴史上の人物の言葉も引用されてはいるが、それは一部。
経営者、作家、スポーツ選手など様々な人たちの言葉が引用されている。

しかも、一つ一つが脳を刺激する、まさに名言である。
戸田氏が自分が表現したい事に対して、ぴったりの言葉を引用している事が
名言を引き立てている。短い話のまとまり、という本のスタイルの中で
(読みやすい上)このインパクトは比類ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

仕事は楽しいかね?

¥1,404(税込)

「自己啓発本なんて」と思っていると、こんな本もあるのだから、偏見はもったいない。
将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語。老人の言葉とそれを問いただす「私」の会話で展開していきます。

「きみたちの事業は、試してみた結果、失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落してたんだ」

挑戦してみること、毎日変化が必要であること、偶然を見落としていること…特別なものではないが、それを痛切に感じさせる語り口が独特で刺さります。

成功哲学といわれるものを扱った本は何冊か読んだけど、すごっく納得できて、ごもっとも!って感じなんですが、なかなか「では、今なにをすればいいのか?」と自分を振り返ると今の自分と余りにギャップがありすぎて、実行に移せず、ますます自己嫌悪に陥るという悪循環だった。
ハードルが高すぎたのかも。(少なくとも私には。。。)
でもこの本は、こんなやる気もなく毎日を退屈に過ごしている私も「やってみよう」って気にさせた。
やさしい文章で、押し付けがましくなく、自然に、心の革命を起こしてくれた。
今心の温度がぐ~っとあがっている。

出典:https://www.amazon.co.jp

今までの自分を見直すきっかけ、そしてこれからの仕事の幅を広げてくれる一冊に出会いました。物語調であるが、実例も多く含みしっかりと説得されます。
私は仕事は速くする・ミスは速く忘れる・雑用は早く処理する・そして新しいアイデアを搾り出す、というスタンスでやっていましたが、「新しいアイデアというのは、新しい場所に置かれた古いアイデア」のフレーズを見て力が抜けました。
そして改めてしっかりと考えながら仕事をするきっかけとなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

「天職」がわかる心理学 いまの仕事で心が満たされていますか?

¥1,404(税込)

「やりたいこと」と「仕事」は違うと思っていませんか?結局、人は「やりたいこと」を仕事にすべきで、それに改めて気付かせてくれた本です。

でも、今の仕事をすぐにやめて、明日からやりたいことを仕事に!なんていうのは、現実的ではありません。この本は、明日から5分ずつ、やりたいことを仕事にするために近づけていく、そのやり方を書いた本です。夢は夢で終わりません!

特に毎日5分間、自分か楽しめる取り組みをする部分に関しては、
なにか優しく背中を押されたような感覚になり、
実際に続けてみよう!と前向きに思うことができました。☆

本書に求めるのはテクニックではなく、
本書の内容を、どう自身に取り入れて定着させることができるか?
そのあたり、著者さん自身も苦労されてきた人なので、
身近に感じると共に、天職を見つけられる気持ちに変化することができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

「天職」の3つの条件として、以下のものが挙げられていましたが、正直、
ドキッ!

 ◎ 仕事に意味を感じるか
 ◎ 本当にやりたいことか
 ◎ 自分で考え、決定しているか

結果的に今の仕事を変える/続けるに関わらず、仕事に取り組む限り、常に
意識しておくべき大切な心構えの3ヶ条だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

それでも仕事は「好き!」で選べ

¥1,296(税込)

とにかく、好きなことを仕事にするには、行動をするのが大事と教えてくれる本。

「好きなことがわからないからと言って何もしなかったり立ち止まったりするのは避けたいと思っています。」

「ダメだったらカッコ悪いから、何もせずに現状維持のままなのと、何かして結果としてダメなのは、同じ現状でも中身がまるで違います。そもそも、成功というものは数多くの失敗の上に成り立っているのです。」

「やらなかったら現状より悪くならないという保証はどこにもありません。」

これらの言葉が刺さる人は、ぜひ一読を。

スピリチュアルブームで、仕事を含めて運をよくするために「引き寄せる」とか「なりたい自分を描け」「宇宙の法則では〜」とか書かれた本が書店に平積みされ、これまでにたくさん読んできたけど、この本が一番建設的で納得がいきました。
魂を磨くこと(?)も勿論必要かもしれないけど、結局は行動です。
読んでて現実の世界に引き戻してもらった気分でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

何かしたいけど、怖くて踏み込めない。そんな人をとても勇気づけてくれる本です。

「○○は好きだけど、仕事にしたら嫌いになっちゃうかもしれい」と言う人は
「ステーキは好きだけど、好きだからって食べ過ぎたら嫌いになっちゃうかもしれない」と言っている人と大体同じである。

という筆者の考え方にハッとさせられました。そして、ステーキが好きな人に掛ける筆者の言葉に勇気をもらいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

会社を辞めて後悔しない39の質問

¥1,490(税込)

「転職しようかなぁ」と思った時に、今の仕事をもう一度考え直してみるための本。
転職したことがある人はわかると思うのですが、転職してもうまくいくとは限らないのです!入社してみたら、前の会社より大変だった、待遇が悪かったなど…。また、お給料が下がることも、転職は多いのです。

「仕事がキツイ」「給料が少ない」「人間関係が悪い」などの理由で、転職を考えている人が、本当の意味で「転職をすること」=「自分にぴったりの仕事につくこと」について考えることができる、とても良い本です。

「上司と合わないから」「こんなに頑張っているのに認めてもらえない」とか色々抱えながらも今仕事を辞めようと考えているのならぴったりの本だと思います。
辞める前には後々後悔しないために色々やることがあり
そのやる事すら出来なければ、次の就職先に付いてもまたすぐ辞めることを繰り返して結局自分にとって不利な状態になってしまいます。
今いる職場から離れる前に、これを読んでから考えても遅くはありません。是非1度読んでみてください。

出典:https://www.amazon.co.jp

このままこの職場にいていいのだろうか?もっと他にいい仕事があるんじゃないか?
自分の進む道に迷った時にぜひ読んでいただきたい一冊です!!

会社を辞めるというのは一大決心だと思います。それが本当に正しいのか
一つ一つの質問に自答していけば自ずと答えは出てくると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

わたしらしく働く!

¥1,512(税込)

駆け出し編集者から、雑誌創刊、出版社を設立した著者の、ドタバタお仕事奮闘記。
「自分らしく働く」には、どうやらコツがいるそうで…すべての働く大人女子に読んでほしい本。

働くということの「質」について、優しく語りかけて、アドバイスをしてくれます。決して単なる成功本ではなく、前へ前へ、生きているうちは自分の思う方向へ進んで行く著者に、ものすごく勇気とエネルギーをもらえます。

働くことって、「寝食忘れるほど」「がむしゃらに」おこなって初めて、いわゆる「成功」みたいなものがあるという私の価値観を優しくほどいてくれました。

もちろん、一生懸命働くことはとても大切です。
この本は、その質について、すごく優しく語りかけ、実体験から得たアドバイスを伝えてくれます。
読み終えた後は、ほっと心がほぐれ、自らの働きスイッチも心地よい位置に収まりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

自分とは、まったく違う職種の話ですが、わかるわかる、とうなずきっぱなし。
女性の仕事関係の本は、結局、サクセスストーリーが多く、あまり共感できませんでしたが、これは違う。
こんなに元気をもらった本は初めて。
いま一気読みですが、何度でも読み返したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

本当の天職が、見つかりますように。

「転職しようかなぁ」と思った時、実際に行動に移すのは、とってもエネルギーがいります。生半可な覚悟では、きっとうまくはいかないでしょう。

「なぜ転職するのか」「なぜ私は働くのか」「私は何がしたいのか」…転職を成功させるには、つまり、本当の天職につくためには、そこから考え直してみる必要があります。

私は今、大好きなファッションに携わっていた以上に、仕事を楽しめています。ご紹介した本で、あなたが本当に自分にあった仕事を見つけることができますように!心から応援しています♪

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ