『真冬の結婚式』何着ていく?オトナ女子のたしなみポイントを伝授♡

意外と誘われることが多い『真冬の結婚式』。どんなドレスがいいんだろう?何か気をつけることはあるの?オトナ女子としてしっかりマナーを知った上で、結婚式に合うおしゃれをしたいですよね。おすすめドレスや冬だからこそ注意したいあれこれを伝授します!

真冬の結婚式、何着よう?

意外と多い冬の結婚式、何着ていこうかな…。
オトナ女子として、しっかりマナーを知った上で、おしゃれをしたいですよね。

そんなあなたに、冬の結婚式のお呼ばれドレス、冬だからこそ気をつけたいオトナ女子のマナーを伝授します!

ドレスは上品なものを

露出が激しいものや、ミニスカートすぎるものは避けましょう。

袖があるものなら落ち着いた印象に、なおかつ二の腕も隠せて一石二鳥!

フェミニンなディテールのワンピドレス。
女性らしくて素敵ですね。

ウエストに切り替えのあるワンピドレス。
スカートも長すぎず、落ち着いた印象に。

【おすすめ】ベロアやジャガード素材

冬の結婚式なら、暖かくてフォーマル感のある「ベロア」や、厚手の「ジャガード」がおすすめ!

いかにも”夏”を感じる素材は、寒々しさを与えてしまいます。
季節を意識している方が、オトナ女子としては評価も高いはず。

【おすすめ】暖色系カラーをチョイス

冬の結婚式ドレスならオレンジ、茶、グリーン、バーガンディなどの暖色系、または深みのある色がおすすめです。

【NG】ファーアイテムはなるべく避けて

冬に使いがちなファー。
動物の ”殺生” を想像させてしまうので、フェイクファーであっても基本的にはNG。

最近は気にしないという人も増えていますが、オトナ女子としてここは避けておきましょう。
ボレロやコートの一部分に使われていないか、注意してくださいね。

黒ならディテールで勝負!

花嫁を想像する「白」は絶対にNGな色。
それとは逆に、全身真っ黒もお葬式をイメージするので好まれません。

ですが、黒ワンピが絶対にNGというわけではありません。

黒やネイビーのドレスは、ディテールが華やかなものを選びましょう。

寒々しさを感じない程度の透け素材なら、ちょっぴり色っぽさも演出できます。
でもやり過ぎはNG!

パンツスタイルも主流に!

”今時”の結婚式では、パンツ派もたくさんいます。
スタイリッシュに、カッコよくキメたいなら、パンツドレスにしてみるのもいいかも!

寒くてもストッキングで!

【NG】黒タイツ

寒いので厚手のタイツを履きたいところですが、結婚式ではストッキングが基本です。
肌色のタイツでもダメです。

【NG】ブーツもダメ!

寒いからってブーツはNG。
かかとやつま先が出ないパンプスを選んでください。

コートもフォーマルなものを

夏と違って、冬の結婚式に行くにはコートを着ますよね。
”クロークに入れるからいいや” と思って、ラフなアウターを着ていっては、ダメ!

アウターも、フォーマルなものをきちんと合わせるのがマナー。

オトナ女子としてマナーあるおしゃれを

いかがでしたか?

冬の結婚式には、春夏にはないマナーの落とし穴があります。
しっかりマナーを知った上で、おしゃれできるのが、「オトナ女子のたしなみコーデ」なのではないでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ