"泊まれる本屋"でふっと非日常を。1700冊の本に囲まれて眠りませんか

"BOOK AND BED"をご存知ですか?東京と京都に店舗がある「泊まれる本屋さん」なんです。落ち着いていて、居心地が良く、ワクワクするような空間。本を読みながらステキな寝落ちができる体験を味わいませんか?今回はそんな話題のホテルを紹介します。

"泊まれる本屋"さんってどうなの?

オープン当初から話題になった「泊まれる本屋さん」。
東京と池袋にある夢のような空間「BOOK AND BED TOKYO」ですが、まだ足を運べていない…という方も多いのでは?

「雰囲気が最高」という声、多数!

とにかくその良さは他のホテルには醸し出せない「雰囲気」。
たくさんの本、柔らかな間接照明…

スタッフさんの対応も良く、シャワールームやトイレも綺麗に管理されています。
口コミでもとても好評で「また行きたい」という人がとても多いんですよ!

雰囲気抜群なので、寝る時間がもったいないほどですね。

秘密基地のような入り口

エレベーターで上がったら、カウンターがありチェックインをします。
もうすでに落ち着いた雰囲気です◎

ドアを開けると…

ずらりと本棚が広がっています。
ここには約1,700冊もの本が。この中から今夜の一冊を選ぶのも至福のひと時。
あなたはどんな一冊に出会うのでしょう?

天井を見上げると、ここにもこだわりが。
天井にも本がランダムに広がっていて、おしゃれで不思議な非日常感を味わえます。

本棚の中で寝れるベッド

BOOKSHELFタイプ

本棚の中にベッドが埋め込まれているBOOKSHELFタイプのお部屋です。

120cm x 200cmのちょっと広めなお部屋と、80×200cmの少し小さめのお部屋の2つの種類があります。

BOOK AND BEDのシンボルとなっているタイプのお部屋。
落ち着いていて、心地良い空間になっています。

ブックライト / プライベートカーテン / ハンガー / Wi-Fi接続 / 専用コンセントはBOOKSHELFのタイプも BUNKタイプにも備わってるので安心です。

BUNKタイプ

人通りが少なめなBUNKタイプは、より読書に集中できる空間となっています。

BOOKSHELFタイプと同じく、120cm x 200cm のちょっと広めなお部屋と、 80×200cmの少し小さめのお部屋の2種類となっています。

シャワールームは24時間利用可能

シャワー、トイレ、洗面所は共同スペース。
24時間利用可能なのが嬉しいポイント。

ゆったり過ごせるラウンジスペース

テーマカラーのブルーのソファーは、座り心地抜群です◎
本棚に囲まれて、ステキな時間を。

ラウンジスペースには、オーブントースターやポットがあります。
パンを買ってきて、オーブントースターで焼いて朝ごはんを食べながら本を読むのもいいですね♪
コーヒーメーカーは、1杯150円。
カップとお皿も自由に使えます。

宿泊価格

「STANDARD」¥4,500(税抜)/1泊 〜
「COMPACT」¥3,500(税抜)/1泊 〜
※土日祝前日などは変動あり

チェックイン 16:00 チェックアウト 11:00

BOOK AND BED TOKYO

東京都豊島区西池袋1-17-7
ルミエールビル7階
(池袋駅C8出口より徒歩約30秒)

京都にも新しくオープン

2016年秋には、京都にもオープンしました。
2,500冊もの本があり、東京の店舗と同じような空間になっています。
BOOK AND BED KYOTO には、京都生まれのクラフトビールを飲むことができるバースペースも。

BOOK AND BED TOKYO -KYOTO

京都市東山区中之町西入ル200
カモガワビル9階
(京阪「祇園四条駅」7番出口より徒歩約1分)

本と一緒にステキな"寝落ち"を…

ありそうでなかった、読書好きにはたまらない「泊まれる本屋さん」。
気になってたけど、行ってなかったなあ…なんて方、ぜひ一度足を運んで、癒されてみてはいかがでしょう。
"BOOK AND BED"でまったり、非日常を味わってくださいね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ