全身脱毛は妊娠に影響する?全身脱毛のベストタイミングを徹底解説!

全身脱毛中に妊娠してしまった・妊活中に全身脱毛を受けたいという女性は、脱毛が赤ちゃんにどう影響するのか不安になりますよね。今回は、全身脱毛と妊娠の関係性や、全身脱毛を受けるベストなタイミング・妊娠前に脱毛するメリットについて詳しく解説していきます!

提供: ミュゼ

妊娠中に全身脱毛は可能?

妊娠中に全身脱毛はできない!

結論から言うと、ほとんどの脱毛サロン・エステサロンでは、妊娠中に全身脱毛の施術を受けることはできません。部分脱毛もNGです。

そうなると、妊娠に気づかず脱毛を受けてしまったけど大丈夫か・妊娠をサロンに隠して脱毛を受けてはいけないのかなどの疑問が湧いてきますよね。

全身脱毛は赤ちゃんに影響する?

妊娠に気づかず脱毛を受けてしまった!

妊娠初期に気づかず脱毛を受けてしまったという場合は、赤ちゃんへの影響が心配ですよね。

でも大丈夫。光脱毛は肌表面だけに作用するもので、お腹にいる赤ちゃんまでは届きません。

脱毛後に体調不良が起こっていなければ問題ないですが、不安なら病院に相談しておきましょう。

脱毛は胎児に直接は影響しない

光脱毛は、皮膚に影響を与えますが、お腹のなかの赤ちゃんに直接影響を与えることはないとされています。

しかし、それは安全性が立証されているということではありません。

脱毛が間接的な要因となって、体調不良が起こるリスクがあるということをしっかり覚えておきましょう。

妊娠を隠して脱毛するのはアリ?

脱毛が胎児に影響しないからといって、サロンに妊娠を隠して施術を受けるのはNGです。

妊娠が発覚したら速やかにサロンに報告し、休会や解約の手続きを行いましょう。

妊娠中に全身脱毛が出来ない理由

脱毛が赤ちゃんに影響しないなら、ちょっとくらい大丈夫じゃないの?と思う方もいるかもしれません。

しかし、万が一が起こってはいけません!
妊娠中に全身脱毛を受けてはいけない理由をこれから詳しく解説していきます。

ホルモンバランスが崩れるから

妊娠するとホルモンバランス大きく変化し、通常の施術を受けても脱毛効果が出にくくなります。

また、妊娠中は肌が敏感になり、痛みが強くなったり肌トラブルが起こりやすくなるといったリスクもあります。

体調が安定しないから

妊娠中は女性の体が大きく変化します。

妊娠時期によってはつわりが出る人もいますし、急にめまいや吐き気に襲われることも。

体調が安定しない時期なので、大事をとって脱毛はしない方がいいようです。

脱毛の痛みが母体のストレスになるから

光脱毛は痛みが少ない脱毛法ですが、デリケートゾーンを脱毛する場合は、他の部位より痛みが強くなります。

強い痛みやストレスを感じると子宮収縮を起こす可能性があり、最悪の場合切迫早産などにつながってしまうリスクがあります。

特に、妊娠中は痛みが強いレーザー脱毛やニードル脱毛は避けるべきです。

サロンでは万が一の事態に対応できないから

脱毛サロンでは、全身脱毛中に万が一体調不良になっても対応できません。

だからこそ、妊娠時の脱毛施術をNGにしているサロンが多いのです。

赤ちゃんの安全を最優先!

全身脱毛は直接赤ちゃんに影響はありませんが、母体のストレスなど間接的な要因で万が一の事態が起こってしまう可能性は排除できません。

妊娠中はとにかく赤ちゃんの安全が第一。
妊娠が発覚したら脱毛は絶対に中断しましょう。

全身脱毛を受けるベストタイミングとは

妊娠中に全身脱毛はできない。

だとすると、女性はいつ全身脱毛をするのがいいのでしょうか。

下記では全身脱毛を受けるベストタイミングについて考察していきます。

産後もすぐには脱毛再開できない

育児でサロンに行く時間がない

妊娠中に脱毛できないなら、出産してすぐに脱毛を再開すればいいと考える方も多いかもしれません。

しかし、産後は育児で忙しくそれどころではないという女性がほとんどのようです。

授乳中は脱毛できない・制限されるサロンが多い

授乳中は脱毛NGのサロンも多く、出来ても脱毛部位が制限されるというサロンがほとんどです。

もし時間に余裕があっても、授乳期間中はしっかりと全身脱毛が出来ないかもしれません。

妊娠前に全身脱毛しておくのがベスト!

出産後、育児で時間がなくなる・授乳期間中は満足に脱毛が出来ないということを考えると、全身脱毛を受けるなら妊娠前がベストのタイミング。

全身脱毛が完了するまでにはある程度時間がかかるため、妊娠を希望している女性はできるだけ早めに施術を受けるのがおすすめです。

妊娠前に全身脱毛しておくメリット

妊娠前にしっかり全身脱毛をしておくことのメリットはたくさんあります!

妊娠前は自分のためにお金と時間を使える貴重な時期ですから、このタイミングを逃さないこと。

脱毛することのメリットをチェックして参考にしてみましょう。

大きなお腹でムダ毛処理しなくて済む

妊娠してお腹が大きくなると、特にVIOなどのデリケートゾーンお手入れが大変になります。

だからこそ、妊娠前に全身脱毛を受けておけば手間いらず。

妊娠中で肌がデリケートになっている時も、VIOを清潔に保つことができます。

検診・出産時も楽ちん

妊娠中は医師の診察を受ける機会が増えますし、病院によりますが自然分娩の場合にはIラインを剃毛されることが多いようです。

お腹が大きくなるとVIOのムダ毛処理も難しくなるため、妊娠前に全身脱毛しておけば検診時も出産時もムダ毛に悩ませれません。

またVIOの脱毛が完了していれば、出産時に会陰切開などの傷跡を衛生的に保つことができます。

妊娠中に体毛が濃くなりすぎない

妊娠すると腹毛が濃くなる

実は妊娠中期ごろから、ホルモンの分泌が活発になることでへそ周りの毛が濃く太くなってしまうという女性が多いんです。

これは出産後に自然とおさまる現象ですが、やはり妊娠中は診察も受けるので見られると恥ずかしいですよね。

妊娠中に一時的に体毛が濃くなってしまうのをできるだけ抑えるためにも、妊娠前に全身脱毛を受けておくのはおすすめです。

忙しい産後に自己処理の手間が省ける

赤ちゃんが生まれてからは赤ちゃん中心の生活で、しばらくは自分の体をメンテナンスする暇が物理的になくなってしまいます。

気づけば脇毛や腕毛がボーボーになってしまうことも…

産後の体を手間をかけずに美しく保つためにも、全身脱毛を受けるなら妊娠前です。

会陰・帝王切開部分を先に脱毛できる

産後の傷跡部分は脱毛できない

出産時は会陰切開をする女性が多く、人によっては帝王切開の場合も。

光脱毛の場合、出産後に会陰切開等で傷跡になっている部分は脱毛の施術が受けられません。

そのため、VIOをきれいに脱毛したいなら絶対に出産前がおすすめです。

ただし、会陰・帝王切開等の傷が完治して何年も経過しているというような場合は脱毛の施術を受けられる場合もあります。

詳しくは各サロンに問い合わせて相談してみましょう。

妊娠前に脱毛しなかった人&した人の口コミ

妊娠前に脱毛しなかった・脱毛完了できなかった人

@0dango7 大丈夫です!わたし妊娠してなくても毛深いっす(笑←笑えない)。でも脱毛は脇くらいしかしてなかった(それもたった数年前から)という怠惰…!お腹の毛もふつうに濃いし、あそこあたりの毛もぼうぼうで検診のとき申し訳なくなるレベル…でもあがいてもしゃーないし放置っす

Tue Nov 22 04:55:22 +0000 2016

そーいや妊娠前に通ってた脱毛、妊娠中はNGだったので、そっかー、生まれたら再開しよ!って思ってたけどこりゃ当分無理やな!生まれたあとの大変さなんにもわかってなかったわ٩( 'ω' )و

Tue Nov 29 12:09:16 +0000 2016

脱毛しなかったことを後悔する人多数

妊娠前に脱毛しなかった・完了できなかったという人は、産後にお手入れが行き届かなくなった・脱毛を再開したいけど育児でそんな暇がなくなったという女性が多いようです。

やはり赤ちゃんが生まれると子供中心の生活。自分のお手入れに時間をかける暇がなくなってしまいますね。

妊娠前に脱毛した人

毎晩覚悟決めて入らなあかんお風呂。今が夏じゃなくて良かった。。。早くあがることだけを目標に入る。ムダ毛の処理なんか、やってられない。 数回だけやけど、妊娠する前にヒザ下脱毛行っといて良かった。。。

Sun Nov 20 14:34:37 +0000 2016

出産すると、子供と一緒に入浴したりでバタバタしてなかなか除毛に時間かけられないのが現実かなと思います。
実際、私がそうなので、脇毛はほぼ無くなってたので、今凄く楽できています。

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp

脱毛しておくと産後のストレスが減る

妊娠前に脱毛完了しておけば、妊娠中はもちろん出産後もお手入れの手間がなくなって楽だという意見が多く見られました。

ママになっても手間なく・美しくいるためにも全身脱毛はおすすめです。

全身脱毛のおすすめサロンを紹介

人気の3社を紹介

ここからは光脱毛の中でも人気のある、キレイモ・ミュゼ・銀座カラーを紹介していきます。

サロンそれぞれの特徴や、全身脱毛プランを比較してみましょう。

キレイモ

スリムアップ脱毛

キレイモは2014年に1号店がオープンした比較的新しい脱毛サロンで、全身脱毛専門店。

引き締め効果のある保湿ローションを使用しており、脱毛と同時にスリムアップが期待出来るのが大きな特徴です。

キレイモの全身脱毛プラン

スリムアップ脱毛

スリムアップ脱毛は全身33ヶ所の脱毛ができる、月額9,500円の定額制プラン。

このプランの魅力は、全身33ヶ所のなかに顔脱毛が含まれていることです。

全身脱毛プランでも顔が含まれていないサロンも多いため、顔も一緒に脱毛したいという方にぴったりです。

■料金■

スリムアップ脱毛(顔を含む全身33ヶ所):月額9,500円

※剃り残しがあった場合は別途シェービング代がかかります。

ミュゼ

店舗数が多く通いやすい

ミュゼは日本国内に185店舗を展開する店舗数ナンバー1の大手サロン。

店舗間を移動して施術を受けることが可能なので、予約が取りやすく通いやすいこと・そして低価格プランが豊富なのが魅力です。

首都圏以外にも店舗が多いので、結婚や転勤で引っ越しがある人も安心です。

ミュゼの全身脱毛プラン

全身脱毛コース

このコースは顔以外の全身を脱毛できるプラン。

魅力は全身の脱毛を1度の来店で施術できること。

他の脱毛サロンでは全身の脱毛を1回終えるために、全身のパーツを分けて複数回通う必要があることも多いので、大きなメリットと言えるでしょう。

■料金■

1回:42,000円
4回:168,000円<キャンペーン価格84,000円>
6回:252,000円<キャンペーン価格126,000円>

※特典として何度でも脱毛できる両ワキ+Vライン美容脱毛完了コースが無料プレゼントされます。

銀座カラー

安心のドクターサポート

銀座カラーは全身脱毛に重点を置いた脱毛サロン。

銀座カラーは医療機関と提携しているため、ドクターサポートが受けられるのが特徴です。

最新の脱毛機の導入で予約枠を増やし、1年間で8回通えるスピード全身脱毛ができるのが大きな魅力です。

銀座カラーの全身脱毛プラン

新・全身脱毛コース

新・全身脱毛コースとは、1年間で8回通えるスピードプラン。

一般的な脱毛サロンでは脱毛頻度は2〜3ヶ月に1度という場合も多いため、1年間で8回通えるこのコースは早く脱毛したい人向けです。

脱毛は全身22箇所で、このコースには顔脱毛は含まれていません。

キレイモと同様、1度の来店で全身を施術してもらえます。

■料金■

新・全身脱毛コース:月額9,800円(コース金額295,000円)

※月額プランは、コースの契約金額を分割で支払うシステムです。月額プランで支払う場合は、初月と2ヶ月め分が無料になります。

各サロンの妊娠・授乳時の対応は?

妊娠を希望するなら

妊娠を希望しているなら、脱毛プランを契約する前に妊娠時の対応をしっかりチェックしておくことが大切です。

産後いつから脱毛再開できるのか、脱毛を休む時は延長保証があるのかなど、細かいところまで確認しておきましょう。

キレイモ

キレイモでは妊娠中・授乳中に脱毛の施術を受けることはできません。

休会制度はなく、月額制プランの場合は一旦解約して再契約することが可能です。

解約手数料などはかかりませんが、月をまたぐと料金が発生するため、妊娠がわかったらすぐに連絡をいれましょう。

ミュゼ

ミュゼでは妊娠中・授乳中に施術を受けることはできません。

出産・授乳が終わり、生理が2〜3回来てから脱毛の施術が受けられるようになります。

休会制度もあり、解約手数料なしで解約することも可能。残りの回数分をちゃんと返金してもらえます。

銀座カラー

銀座カラーは妊娠中の脱毛はできません。

しかし、授乳中は乳輪周り・胸・両ワキ以外の施術はOKです。

回数制のコースや期間無制限の脱毛し放題コースなら、休んでも追加料金等はかかりません。

妊娠前に全身脱毛ですっきり◎

全身脱毛はママになる前に♡

ママになっても魅力的でいるために、そして産後のお手入れ負担を減らすためにも、全身脱毛は出産前がおすすめ!

まずは気になる脱毛サロンの無料カウンセリングを受け、ムダ毛の悩みを相談してみましょう。