心のこもった手作りアルバムは大切な人へのプレゼントにもピッタリ♪

日々の思い出を写真に残し、手作りのアルバムで大切に保管しませんか?楽しい思い出がたっぷり詰まった手作りアルバムは、記念日のプレゼントにもぴったり。お友達や恋人や家族に贈って喜ばれる、アルバムの手作りアイデアをまとめました。

大切な思い出の保管は手作りアルバムで!

思い出の写真は手作りアルバムで大切に保管しましょう。ページをめくるたびに蘇る記憶をいつまでも色褪せずに残すことができます。

恋人やおともだちへのプレゼントにもぴったりなアルバムの手作りアイデアをまとめました。

おしゃれな手作りアルバムのアイデア集

どんな写真をどんなアルバムに残しますか?

アルバム作りを始める前に、まずはみんなの手作りアルバムのアイデアを見てみましょう。作りたいアルバムのイメージが膨らんでくるステキなアイデア集をご紹介します。

基本的なアイデアですが、写真を手作りアルバムに貼りつけるときは是非マスキングテープを利用しましょう。

普通にノリで貼りつけるよりも、シンプルながらかわいくおしゃれなレイアウトが可能になります。貼りやすく剥がしやすく、台紙を傷つけないのもうれしいところですね。

ラベルつきの台紙に写真を貼りつけ、リングでまとめただけのシンプルな手作りアルバム。こちらのいいところは、写真の整理整頓や並べ替えがとても簡単なことです。

旅行の思い出を順番に並べたり、家族写真を季節ごとにまとめるのにぴったりなアイデアですね。

航空券などの乗り物チケットや、美術館や映画館の入場チケット、またはパンフレットやレストランのレシートなど、写真を撮った日の記録をいっしょにアルバムに入れておきましょう。

写真があればいいやとついつい捨ててしまうことも多いですが、こういった記録を写真といっしょに眺められれば、ずっと後になってアルバムをめくっても鮮やかに記憶が蘇ってきます。

小さめの正方形サイズにプリントアウトした写真を細長い台紙に貼りつけます。その台紙を蛇腹に折り畳み、木箱の中に収納。

まるでびっくり箱か飛び出す絵本のような、驚きとワクワクが詰まった手作りアルバムのアイデアです。

こちらはデザインペーパーを使った手作りアルバムのアイデア。窓付きのアルバムはおしゃれでかわいらしいのですが、下の紙を切らないように注意して窓を作るのがちょっとだけ面倒なもの。

そこで、まずはデザインペーパーを写真よりも大きめにカットして台紙に貼りつけましょう。デザインペーパーの上から写真を貼りつければ、小窓から覗いているようなレイアウトが簡単にできます。

シンプルなスケッチブックをアルバムのベースにして、その上に台紙を重ね、写真をいろいろな形状にカットするアイデア。

手作りするときの作業としてはいたってシンプルですが、飽きずに眺めていられる楽しいレイアウトになっています。

アルバムの手作りに必要な材料は、そのほとんどが100均ショップなどでも手に入ります。リーズナブルに、自分のアイデアだけでおしゃれにアレンジできるのが魅力的なポイントですね。

様々なイベントや贈る相手、ご自宅に飾る場合はインテリアにも合わせて、おしゃれなアルバムを手作りしてみましょう。

友達の誕生日に手作りの記念アルバムを贈ろう

誕生日は一年ごとの節目であり、それぞれの一年間を振り返るのにふさわしい日でもあります。そんな誕生日のプレゼントに、思い出を鮮やかに蘇らせる手作りアルバムはぴったり。

大切なともだちに、大好きな恋人に、手作りのアルバムを誕生日のプレゼントに贈ってみませんか?

まずは表紙を手作りしましょう。誕生日ならやっぱりケーキやHAPPY BIRTHDAYのメッセージを入れたいところ。シールやマスキングテープで楽しくデコレーションしてみましょう。

こちらはマスキングテープを誕生日ケーキのロウソクに見立てたアイデア。カラフルでかわいらしく、アルバムをめくるのにワクワクしてくるステキなデザインですね。

HAPPY BIRTHDAYをあえて表紙には入れず、飛び出す絵本のように開いたページからメッセージが起き上がってくる仕組み。

誕生日には特にうれしいサプライズになります。こういったメッセージを仕掛けるなら、表紙はむしろシンプルに抑えた方が驚きと喜びの効果が高まります。

誕生日のアルバムを手作りするときは楽しい雰囲気が大事なので、賑やかでかわいいガーランド柄が役立ちます。

最初からガーランド柄がプリントされたテープも販売されていますが、マスキングテープを三角にカットして並べて、好きな模様で手作りするのもいいですね。

おともだちの誕生日には、思い出の写真といっしょに寄せ書き風のメッセージやイラストを添えてみるのもいいですね。

一年間で集まった思い出をたくさん詰め込んだ楽しいアルバムにしましょう。

ともだち同士の思い出をたっぷり詰め込んだアルバムのほかには、こんなアイデアも。誕生日を迎えるおともだちが大好きなアーティストの写真で埋め尽くした手作りアルバム。

プレゼントする相手によって、動物の画像集なんかにアレンジしてみても楽しそうです。

誕生日のアルバムなら特に、たっぷりのデコレーションで楽しく手作りしたくなるもの。アルバムが完成してみると中身が多くて表紙が浮き上がってしまうこともあります。

そんなときは、リボンでまとめましょう。留め具の代わりにもなるうえに、プレゼントにも相応しいかわいらしさが魅力です。

大好きな彼氏に愛情たっぷりのアルバムをプレゼント♡

かわいらしすぎる表紙で気持ちを伝えるのはちょっと気恥ずかしい、という人は、表紙はシンプルにしてみるのもいいですね。

アルバムなら中に詰まっている写真にたっぷりと愛情がこめられているので、表紙はあえてシックに抑えてみるのもおしゃれです。

表紙をシンプルにした場合、見開きの1ページ目にデコレーションを詰め込むのがおすすめです。メインの写真を真ん中に貼りつけて、マスキングテープやシールを重ねて貼り、立体感を出しましょう。

見開きのレイアウトにこだわれば、アルバムをお部屋に飾っておくときにも一番の見せ場を開いておくことができます。

付き合いの長い恋人にはスクラップブッキングでアルバムを手作りしてみましょう。アニバーサリーごとにデコレーションした写真を、日めくりのように楽しむことができます。

この手作り方法なら、1ページにつき1枚の写真が主役になるので、写真に合わせていろいろな飾りつけをすることが可能になりますね。

台紙の形状を変えてしまうというアイデアもあります。こちらの手作りアルバムは、開くとかわいらしいハート型になります。

ブックスタンドで自立させられるので、手作りしたあとはお部屋の好きなところに飾っておくこともできる素晴らしいアイデア。

一見するとプレゼントボックスのようにしか見えませんが、こちらも実は手作りのアルバムなんです。リボンを開いて、ボックスのフタをあけると…。

こんな風にプレゼントボックスが開いて、中身が飛び出してきます。エクスプローディングボックスと呼ばれるこちらのアイデアも手作りアルバムに利用できるんです。

写真のほかにもちょっとした小物やメッセージカードを入れておくことができ、プレゼントにはぴったりの品です。

難しそうに見えますが、作り方は意外と単純なので誰でも簡単に作ることができます。

十字型の台紙に写真を貼りつけて、折り曲げて箱状にしたらフタを被せてまとめるだけ。心持ち小さめのサイズの台紙を重ねれば何重にもすることができます。

最後にリボンをかければプレゼントボックスのような手作りアルバムの完成です。作るときに気をつけるのは、写真の向きくらいでしょうか。

もちろん五角形や六角形など正方形以外のボックスにアレンジすることもできます。

写真を貼りつけてメッセージを書き込み、真ん中にはプレゼントを入れることができるので、バレンタインやクリスマスにはチョコレートを添えるのもいいですね。

印象深く、心に残るようなステキなプレゼントになりますよ♪

手作りアルバムで結婚式の思い出をいつまでも♡

一生に一度の結婚式。でも、アルバムにたくさんの写真をおさめておけば、いつでも何度でもその瞬間の思い出を鮮明に蘇らせることができます。

何年経ってもパートナーといっしょに眺め、当時のことを思い出して微笑み合えるような、ステキな結婚式のアルバムを手作りしましょう。

ウェディングアルバムは家族写真を詰め込んだ通常のアルバムのようにたくさん作るものではないので、表紙には徹底的にこだわりましょう。立体的にボリューム感を出すのもいいですね。

こちらは小さな造花をいっぱいレイアウトして、シンプルながらかわいらしく目を惹く表紙に仕上がっています。

リボンとカギとレースでデコレーションした、アンティーク調のおしゃれな手作りアルバム。

ウェディングアルバムで重要なのは高級感と特別感。表紙を見ているだけで幸せな気持ちが蘇ってくるような、つい手にとってページを開きたくなるデザインを目指しましょう。

台紙から手作りするなら無地のノートを使うか、画用紙などの台紙になるものを束ねて自分で穴を開け、ヒモやリボンで綴じてもさりげないおしゃれなアルバムを手作りできます。

表紙に無地の紙を使えば、自分で枠線を引いてメインを飾れるようなお気に入りの写真を貼りつけることもできます。

同じ無地の台紙でも、黒い台紙を使うとまた違った印象の手作りアルバムになりますね。写真を貼りつけるのは1ページにつき3枚ほどと少なめにして余白を持たせると、より落ち着いた印象に。

ゴールドやピンクでメッセージを書き込めば黒い背景ともあいまって、シックな高級感が出てきました。かっこいい大人の女性向けの手作りアイデアです。

ウェディングアルバムというと清潔感のあるホワイトベースでまとめたくなりますが、台紙を黒にしておくとドレスのカラーが映えてキレイに仕上がります。

屋内と屋外どちらが多いか、背景の細かさなど、写真の内容に合わせて台紙を選ぶのがポイントです。

結婚式の思い出アルバムは、いつもの日常をおさめるアルバムとは一味違ったレイアウトにしてみましょう。あえてセピアやモノクロームに加工するのもおすすめの方法。

アンティークな味わいがアルバム全体に特別感と高級感を醸し出してくれます。

ウェディングアルバムのレイアウトは、まずお気に入りの一枚を一番大きなサイズで見開きの真ん中あたり、目立つところに貼りつけましょう。

周囲を飾る他の写真も「同じサイズで」現像しておき、一番いいところをカットして使うのがおすすめ。

シンプルな表紙でスタイリッシュなアルバムの手作り方法

プレゼントならともかく、おうちに保管して自分でめくるアルバムはあまりデコレーションに凝りすぎるのも気が引ける、という人もいるかもしれません。

シンプルだけどおしゃれなアルバム作りには「スケッチブック」を利用してみましょう。写真を貼りつけていくだけの簡単作業で、レイアウトにはとことんこだわれます。

シンプルなアルバムの台紙に写真を貼りつけるときは、写真の四隅を固定させるフォトコーナーを使うのがおすすめ。

角を作って写真のサイズに合わせて貼りつけ、そこへ写真をセットするだけなのでいろいろな形状とサイズの写真に対応できます。見た目もシンプルでおしゃれですよね。

あまりかわいらしすぎずシンプルに、でも女性らしくおしゃれなアルバムを手作りしたい!というときは、ボタンやレースでアルバムの表紙をデコレーションしてみましょう。

どこかレトロな味わいのある、大人かわいいアルバムに仕上げることできます。

台紙に布地を貼りつければ、ボタンデコレーションとの相性もバツグンです。クレヨンや水彩絵の具で色を塗れば、紙とはまた違ったやわらかな質感が引き立ちます。

ナチュラルでやさしいイメージのアルバムに仕上がるので、お子さんの成長記録などにも使える表紙作りのアイデアですね。

アルバムの台紙をすべて布地でコーティングして、ミシンの縫い目を額縁のように見せるアレンジ。表紙にはフェルト生地で浮かび上がる文字がデコレーションされています。

見た目はシンプルですが手間のかかった、こだわりの手作りアルバムもいいものです。作り終えたときに充実感が得られますよね。

リングノート風にまとめたシンプルな手作りアルバム。リボンを巻けば、気取りすぎないおしゃれでプレゼントにもぴったりな仕上がりになりました。

リングでまとめるアイデアは、あまり飾りつけすぎず、そのままの写真を残したいときにおすすめの手作り方法です。

文字を多めに、記録重視でアルバムを作りたい人は、システム手帳を使うのもおすすめです。日付を入れて、通常のアルバムよりも詳細な書き込みで日記のように使うこともできますね。

プレゼントにするアニバーサリーのアルバムではなく、過ぎていく自分の日常の思い出を留めておきたいときにぴったりな手作りアルバムのアイデアです。

アルバムを手作りして思い出をいつまでも大切に…

写真を一枚、アルバムに貼りつけるごとに思い出が増えていくことを実感しますね。

友達や恋人や家族、大切な人たちと過ごす日々はそれぞれが輝きを持っています。思い出の写真をアルバムに残して、いつまでも大切に保管しましょう。