寒い季節でも気になる脇毛&脇汗。具体的なケア方法は何があるの?

いよいよ寒さも本番。ニットやコートでおしゃれしても室内に入ると気になるのが脇毛と汗。脇毛はいざという時を考えるとやっぱり気になっちゃうし、汗は汗染みになるので放置できない・・・そんなあなたのために脇毛と汗の対策をご紹介しちゃいます。

提供: ミュゼ

冬だって脇毛も汗も気になる!

室内など温かい場所に入ると気になるのが脇の汗。
また、服のデザインやデート前に気になる脇毛。

厚着の季節で見えないからといって、女子としては決してあなどれませんよね。

そんなあなたのために、脇毛と汗のケア方法についてご紹介していきたいと思います。

脇毛と汗の関係性って?

脇毛は、汗腺の一種であるアポクリン腺から出るフェロモンを放出したり、摩擦から脇を守ったり、脇の下を通る太いリンパや血管を守るなど、とっても大切な役割を果たしているんです。

でも、見た目的にも女性なら脇毛も汗もきちんとケアしたいのが本音ですよね。

脇毛を処理することで、汗を吸収する量が減り、そこに付着する雑菌も防げるのでニオイの軽減にもつながります。

脇毛処理におススメ 自己処理方法

カミソリ

最も安価でドラッグストアで手軽に手に入れられるのが最大のメリット。

いつでも好きな時に自宅で簡単に処理ができ、スピーディーに広範囲の脇毛処理が可能。

最近はワキ専用のカミソリも販売されているので試してみるのもいいかもしれません。

安全カミソリを選ぶのがポイントです。

家庭用脱毛器

いつでもどこでも好きな時に脇毛を脱毛できるのが最大のメリット。

脱毛するので、カミソリなどの除毛よりも生えてくるまでの期間は長く、サロンに通うときの予約の手間や日時を固定されることもないので非常に手軽です。

サロンに比れば出力は弱いのですが、手軽に脱毛するにはおススメのアイテムです。

ただし、肌トラブルが起きた時は自己責任ということだけ忘れずに。

除毛クリーム

こちらもカミソリと同様に手軽な処理方法です。

ムダ毛を毛穴の中から溶かしてくれるので、処理後はカミソリに比べて毛先が丸くなり、チクチクしにくくなります。

ただし、肌への刺激が強いものが多く、カミソリで処理した時と同じくらいの速さで毛が生えてくるので、一時的な応急処置として使用したほうがいいでしょう。

脇毛のNG処理方法は・・・

毛抜き

毛抜きで「脇毛を抜く」という行為は、想像以上に肌や毛穴にダメージを与えてしまいます。

無理に毛根から引き抜くことになるので、ニオイの原因物質を出すアポクリン腺を刺激することになり、よりニオイや汗が出やすくなってしまいます。

他にも、出血してそこから雑菌が入ったり、抜くことによって毛穴が広がってより皮脂などの汚れら詰まりやすくなるなど、肌トラブルのリスクが上がって毛穴もより目立つようになってしまいます。

脇汗ケアアイテム

制汗剤

様々な種類がある制汗剤。
ドラッグストアで販売されており、手軽に購入することができますね。

一般的にはスプレータイプが最も主流で速攻性がありますが、持続性がないのが難点。

気になる脇汗には、しっかり塗れて効き目が持続するロールオンタイプ、しっかり塗れてニオイにも効くクリーム・ジェルタイプが特におススメです。

汗を拭き取る汗ふきシートと併用するのが効果的です。

汗ワキパッド

こちらもドラッグストアなどでお馴染みのアイテム。
洋服に張り付けて使え、大量の汗も逃さずニオイも解消できますよね。

使い捨てタイプですと衛生的なのでおススメです。

その他にも、洗って使える脇汗パッドや、脇汗パッド付インナーなど繰り返し使用できる経済的なアイテムも色々種類があるので、自分好みのもので対策してみてくださいね。

その他 セルフケアのポイント

こまめに汗を拭き取る

部位的になかなか難しいですが、汗をかいたらなるべくこまめにふき取りましょう。

この際に、可能であれば汗ふきシートやウェットティッシュなどでふき取るのがベストです。

水分を含んでいるので脇の乾燥を防いでくれて汗も早く引きやすくなります。
同時に皮脂などの汚れも除去できるのでニオイ対策にもなります。

乾いたタオルやハンカチなどで汗をふくときのポイントは、優しくポンポンと抑えるようにすること。

粒状の汗や流れている汗は拭き取っていいのですが、軽く湿っている程度にとどめておきましょう。

汗が出てすぐに拭き取ってしまうと、逆に体温を下げようと汗がよりたくさん出てしまうので要注意です。

湯船につかって汗腺を鍛える

入浴をシャワーで済ませていませんか?

体全体の冷えから、脇や背中に大量に汗をかくことも。
これが悪い汗のかき方の例で、女性に多く見られる症状だそう。

面倒でも毎日湯船にしっかりつかって体を温め、汗をかく習慣をつけることが大切です。

おススメは「手足浴」。
日頃から冷えや過労、運動不足で代謝が落ちている人は定期的に行ってみましょう。

1.湯船に42~43℃くらいの熱めのお湯を1/3程はります。
2.バスチェアを置いて座り、膝から下とヒジから下をお湯に10~15分つけます。

週に1~2回続けることで汗が出やすくなってくるのが実感できるはず。

適度な運動

汗をかくといえば、適度な運動。
これも汗腺を鍛えるには必須の項目です。

運動をする習慣のある人は汗をかくことに慣れているため、少し動いたくらいでは汗はかかないそう。

また、ニオイの元となる物質も定期的に出せていることと、サラサラの汗をかきやすくなるので、寒くてもきちんと運動することは大事なんです。

といっても負荷の高い無酸素運動ではなく、ウォーキングなどの適度な負荷を一定時間行う有酸素運動で充分なので、少しずつ日常に取り入れてみるといいでしょう。

ストレスの軽減

不安や緊張などからくるストレス性の精神性発汗も原因のひとつに挙げられます。

対策方法としては、ストレスを軽減させてなるべくリラックスするように心がけることです。

また、汗をかいてしまうことを必要以上に気にしないことも非常に重要です。

少しずつでもいいので生活環境や心の習慣を変えていくといいと思います。

そのほかにも、冷たい飲み物や食べ物を控えて体を冷やさないようにすることなどがあげられます。

サラサラの良い汗をかくことで、代謝がアップして痩せやすい体質になる、冷え性の改善、そして美肌になれるなどいいことずくめ!

これほどうれしい効果がでるなら汗腺は鍛えるしかないですね♪

プロにお任せする脇毛処理方法

脱毛サロン

光を脱毛したい部位に照射して施術する光脱毛が主な施術方法です。

脇毛などのムダ毛のメラニン色素に直接働きかけて毛母細胞にダメージを与えて毛の生えるスピードを抑えていきます。

ただし、永久脱毛の効果はなく、あくまで減毛の目的で行われています。

脱毛サロンの最大のメリットは、プロによる施術なのでしっかり脱毛できることはもちろん、肌質がかなり改善されてキレイになれることです。

脇毛は自分でキレイに処理をするのは難しいので、完璧に仕上げたい場合は特におススメ。

通えば通うほど自己処理の面倒から解放されていくのが何よりうれしいポイントです。

今はどこのサロンもリーズナブルなので、キャンペーンなどを上手に使ってみるのもいいですね。

脇毛脱毛すると汗の量が増えるってホント?

脱毛した体験者の間でよく聞かれるのが「脱毛すると汗の量が増える」という声。

実際のところは、脱毛すると今まで汗を吸っていた毛がなくなるので、汗が増えたように錯覚してしまっているのが現状のようです。

脱毛をしたからといって汗の量自体が増えるということではないので気にしなくても大丈夫!

おススメ脱毛サロン

ミュゼプラチナム

脱毛サロン人気No.1!

会員数296万人、店舗数184店舗のミュゼ。
施術時の痛みがほとんどないのも人気のヒミツです。

両ワキV通い放題+全身から選べる1カ所セットが¥780と驚きの低価格なので、脇毛もしっかり脱毛できちゃいます。

他にも、ミュゼ公式アプリをダウンロードすると美容脱毛全コースが半額になります。

脇毛と汗をしっかりケアして脇美人になりましょう!

あなたは脇毛と汗についてどの程度理解していましたか?

脇毛や脇汗に悩んでいるだけでなく、ひとつひとつ自分の普段の習慣を見直して、改善点があれば変えていく努力が必要です。

脇汗解決方法を実践しながらしっかり脇毛も処理をして、キレイな脇を手に入れましょうね♪