剛毛女子におススメ。全身脱毛でツルツルな肌を取り戻そう!

剛毛な毛は女子にとってタブー。全身脱毛を考えている剛毛女子も多いのではないでしょうか?そんなあなたにおすすめ全身脱毛サロンをご紹介します。これであなたもしっかり脱毛して女子力アップ。キレイな肌を目指して男性目線も釘付けです。

提供: キレイモ

剛毛女子のお悩み事情

多くの女性を悩ませているのは剛毛なムダ毛だといわれています。

特に、剛毛と呼ばれるような毛が濃い場合は、女性なら気になります。

処理が大変なだけでなく、コンプレックスにもなっしまうため、自分に自信がない原因にもなってしまうといわれています。

そこで今回は、剛毛な悩みをもつ女性について考えていきましょう。

男子から見た毛深い女性

男性が毛深いのは当たり前と思っていた女子が多いようですが、最近は毛深い男性は敬遠されるようになりました。

そのため、男性のなかには脱毛サロンに通う人が増えているみたいです。

では、逆に男性から見た毛深い女性の印象はどうなのでしょうか?

ここでは、男性から見た毛深い女性の印象についてまとめてみました。

多くの男性は女性には毛がないものと思っています。

テレビや雑誌に出るモデルさんや女優さんの肌はツルツルスベスベでムダ毛なんて1本も生えていない感じですよね。

そのため、男性の多くは「女性=ムダ毛がない」というイメージを持っているようです。

中には女性がムダ毛を処理しないといけないということ自体に驚く男性もいるのだそうです。

そんな男性にとっては、女性に毛が生えていること自体がショックで、彼女のムダ毛を見つけてしまってからは「気持ちが冷めてしまった」という男性も少なくないのだそうです。

ですから、毛深いかどうかに関わりなく、ムダ毛はきちんと処理しておくべきだということが分かりますね。

ですので女子の皆さんはムダ毛処理は必須なのです。

剛毛になりやすい食生活とは

食生活で毛が濃くなり場合もあります。

ツルツル肌を目指し、生活習慣の見直しもしていきましょう。


■塩分の過剰摂取

塩分を多く摂りすぎると剛毛になる傾向があります。

コンビニ弁当やカップラーメンが好きなんて方は注意が必要です。

コンビニ弁当は意外に塩分が高く知らないうちに塩分過多なんてこともありますので気を付けましょう。

■肉料理

肉料理を過剰に食べ続ける事で体毛が濃く剛毛になる可能性があるようです。

しかし肉食と言っても、過剰なものと言っていいと思います。

適度に楽しむ分には問題ないと言えるのではないでしょうか。

しかし、気になる剛毛女子は肉食を控えめにするといいかもしれません。

4つの剛毛原因

■遺伝

まず毛深い女性は両親のどちらかが毛深い事が多く、この場合ほぼ遺伝によるものと断定することができます。

体の器質的なものはある程度遺伝してしまい、仮に両親がそうでなくても祖父母が毛深い場合でも可能性は高いです。

これらでは基本的に若い時から毛深いことが多いので判定しやすいのですが、ある程度年齢を重ねてから体毛が濃くなる女性もいるので、こういった場合では他の要因が疑われます。

■ホルモンバランスの乱れ

体毛が濃くなる後天的な原因としてはまずホルモンバランスの乱れがあり、通常の状態よりも女性ホルモンの分泌が少なくなったり、男性並みに男性ホルモンの分泌が多くなると毛深くなることや、髭が濃くなることがあります。

またホルモンバランスは、体毛とは直接関係ありませんが、関連が深いといわれます

ホルモンバランスの崩れてしまう原因には様々なものがありますが、基本的には成長ホルモンの影響や生活習慣の乱れです。

例えば喫煙や夜型の生活リズムによる睡眠不足、ストレスや過激なダイエットによるものなどがあります。

また、ストレスを抑え、自律神経の正常な働きを取り戻すために、手足や全身のツボ押しなどを取り入れることも効果的です。

■多毛症などの病気

それでも何ら改善の兆しが見られない場合では病気が理由であることが考えられ、なるだけ速やかに医療機関に出向いて診療を受ける必要があります。

またヒゲが生えてきたり他の部位も異常毛深くなるといった場合は多毛症の疑いが強まり、血液検査等でホルモン定量などを分析し適切な治療を受けることになります。

早めに医療機関を受診してください。

■外的要因

他では衣服で毛先が擦れたり強い日差し、カミソリや毛抜きで継続的に皮膚に刺激を与えると体を守ろうとしてシミが発生してしまうことがあります。

それと同様に体毛が発達、濃くなることがあります。

それから、体をなるべく冷やさないよう心掛けましょう。

女性の方は夏場でもブランケットやカーディガンを持ち歩きましょう。

体毛が濃くなる原因はどういったものであるにせよ改善することはできるのですが、それには正しい原因の究明、その後の適切な処置が大切となります。

自分で行えるものとそうでないものがあり、自己流の処理では改善されるどころかより症状が深刻になってしまう場合もありますので、悩みが深い女性の方、心配のある方は専門家の意見を聞くところから始めると良いでしょう。

剛毛女子必須!大豆製品を取ろう。

大豆製品には、女性ホルモンに似た大豆イソフラボンが含まれていることで有名です。

剛毛の原因が男性ホルモンなら剛毛を抑制してくれるのは女性ホルモンだと言えます。

大豆イソフラボンは美肌にも効果がありますし積極的に摂取していきたい食品だと思います。

剛毛女子のムダ毛処理方法

ムダ毛の処理が必要な理由や脱毛方法など、ムダ毛について気になっている疑問や悩みについてまとめていきます。

ムダ毛についての知識をしっかり吸収して、あなたの悩みや不安も一気に解消していきましょう。

剛毛女子の自己処理方法

カミソリ

剛毛の場合、どうしても毎日の自己処理は欠かせません。

毛抜きだと1度抜いてしまえば生えてくるペースは遅くなりますが、肌にかかる負担が大きく、埋没毛の原因になります。

剛毛で太い毛が気になる場合にも、毛抜きはタブーです。

手間もコストも最小限で済むカミソリを使用している女子は多いのではないでしょうか?

カミソリは安全ガードのついたタイプがオススメです。

刃をこまめに変えて、皮膚にかかる負担を軽減するのもポイントです。

ヒートカッター

カットしたり剃ったりすると、どうしても生えてきた時のチクチクが気になります。

そんな時にはヒートカッターなるものがおすすめです。

ヒートカッターは熱を使ってカットした断面部分を丸くしチクチクを押さえると言った優れものです。

処理痕を炙る、なんて強者もいるようですがこのヒートカッターを使う事でそんな危険を起こしません。

毛抜き

毛根からしっかり処理したい場合は毛抜きという方法もあります。

毛抜きは一本ずつ抜いていくので全身のムダ毛を抜くのには向いていませんが、眉回りや脇など部分的に処理したいときに便利な方法です。

毛根から抜けるのが良いですが、痛みが強い傾向にあり、満足いくまで抜くには時間もかかります。

脱毛ワックス

より素早く広い範囲をケアしたいのであれば脱毛ワックスも便利なムダ毛脱毛方法です。

ワックスも様々なタイプがあり、固まるタイプもあれば、柔らかいタイプもあります。

気になる部分に塗り、一気にはがすことで毛根からしっかり処置ができ、美しさも長続きします。

痛みが強い傾向にありますが、毛根からしっかり処理したい場合に便利です。

除毛クリーム

除毛クリームは気になる部位にクリームを塗布し、しばらく置くと肌の表面に出ている毛は溶かされ、処理されています。

毛量が多くても即効性があり、カミソリよりも肌に負担が少なく、チクチクしないことも特徴的です。

この場合も毛根部分は残っていますので毛の再生は早い傾向にあり、ムダ毛抑制効果はありません。

剛毛用、敏感肌用など様々なタイプが用意されています。

なお、脱毛クリームと呼ばれることもありますが、除毛クリームという方が正しい呼び方です。

脱毛テープ

ワックスを用意するのが面倒という場合は脱毛テープも便利です。

これは気になる部位にテープを貼り、毛の流れに逆らって一気にはがすことで毛根から処理していくことができます。

便利な商品ですが、ワックスに比べると効果は弱い傾向にあります。

脱毛石鹸

脱毛石鹸はお風呂場で、脱毛したい部分を石鹸でこすって脱毛するというムダ毛専門化粧品です。

ボディケアソープなどがありますが、その脱毛力は毛質によって個人差があるうえ、刺激の強い成分を含んでいることが多いため、肌荒れなどに注意が必要です。

脱毛タオル

脱毛タオルと呼ばれる商品もあります。

これは入浴の際に体を洗うことで特殊な繊維がムダ毛をからめ取ってくれます。

背中などの自己処理が難しい部位に向いている商品です。効果には個人差があり、人によってはあまり取れない場合もあります。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、自分で自宅処理で光脱毛やフラッシュ脱毛ができるムダ毛専用マシンです。

ケノン、トリア、ノーノーヘア、ソイエ(パナソニック)、シルクエキスパート(ブラウン)など、様々な脱毛機器が売られていて、その性能、価格、使いやすさは様々です。

カートリッジと呼ばれるものは、補填する必要がありますので、本体を買えばお金がかからないというものではありません。

自宅で手軽にできるメリットもあります。

自己処理のデメリット

自己処理の場合、その効果は一時的です。

自己処理はお肌を傷めることが多く、自己処理によるぼんやりとしたくすみ、肌が弱い方は毛穴のまわりの色素沈着をおこしている場合があります。レーザー脱毛をすると、くすみや色素沈着がなくなります。

自己処理トラブル

埋没毛(まいぼつもう)

カミソリや毛抜きでの処理後に多く見られるトラブルです。

毛の再生サイクルより皮膚の再生サイクルが早いため毛穴がふさがってしまい、毛が皮膚の下で再生してしまう状態です。

自分でとろうとして炎症を起こすことを繰り返すと、痕が残ってしまうこともあります。

色素沈着・瘢痕(はんこん)

ムダ毛処理を繰り返すことで、肌が黒ずんでしまうことがあります。

ワキなど毛の多い場所は自己処理による炎症や刺激でメラニン細胞が活性化され、色素沈着が起こりやすくなるのです。

また、傷ついた皮膚は再生して新しい皮膚となりますが、その際に傷跡が残ってしまう状態を瘢痕といいます。

肌荒れ・乾燥

自己処理により角質層にダメージを与えると肌のバリア機能は低下し、乾燥を招きます。

乾燥した肌は刺激物が入り込みやすく、肌荒れが進行してしまいます。

もともと角質は爪でひっかいただけでも剥がれてしまうほどデリケートなので、丁寧な扱いが大切です。

毛嚢炎(もうのうえん)

不衛生な環境や器具を使用して自己処理を行うと、傷ついた皮膚や毛穴から細菌が侵入します。

毛根の周囲に赤みや腫れ、化膿などの炎症を起こします

おすすめの保湿クリーム

自己処理の直後だけは、肌が敏感になっていることが多いので肌を不用意に刺激しないようにしましょう。

赤ちゃんでも使用できるような低刺激なボディクリームで保湿してあげるように心がけてください。

肌のダメージを軽減するために大切なのは、保湿、殺菌、美白です。

この3つの中でも一番大切なのは、やはり保湿です。

自己処理後に保湿するのは大切ですが、その時だけ保湿するのではなく日常生活の中でもできるだけ保湿を心がけましょう。

■ニベア

人の肌本来の皮脂膜を補う成分が、素肌になじみ優しく守ってくれます。

顔にも身体にも、全身のスキンケアに使用できます。

いろいろなことに使えるニベアの青缶クリームとしては、主成分が油分なので、肌のキメが整えられて化粧ノリが良くなる効果があります。

そのほかの使い道としては、毛穴のカバーや、クレンジング、パック、ヘアケア、まつげ育毛剤、家具のツヤ出しとしても使えるそうです。

■パイナップル豆乳ローション

低刺激なのに抜群の抑毛効果でリピーター続出です。

数々の雑誌やメディアに取り上げられているので、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

元々肌が弱かった我が子のためにハーブの研究をしたことからスタートした会社で、「パイナップル豆乳ローション」は子供や妊婦の方も使うことができる優しい商品となっています。

鼻から上の毛には効果がないため、眉毛やまつ毛のことを気にせず顔にも思い切り使用できるということで、化粧水感覚で使用している方も多いようです。

こちらの商品は、たくさんの口コミサイトで平均以上の高ポイントを獲得済みです。

傷口や肌荒れにもしみないと評判です。刺激・臭い・べたつきがないのにしっかり潤うため、普段の化粧水としても使え、ムダ毛ケアと美肌作りが一石二鳥です。

効果が感じられない場合には30日以内なら全額返金保証という点も嬉しいですが、定期コースで継続購入していくと割引率がアップするキャンペーンをやっていて、これは他では中々ありません。

脱毛についてのメリット

剛毛女子のムダ毛処理方法は、脱毛サロンに行って脱毛処理をするという方法があります。

脱毛のメリットは、脱毛というのは医療行為ではないので自分で自宅で行うこともできます。

ただ、剛毛女子の場合はムダ毛の数も多く、すべてを綺麗に処理するには時間も手間もかかってしまうので、脱毛サロンに行ってプロの手で処理をしてもらったほうが良いのでおススメします。

プロの手であればムダ毛がまだらに残ることもありませんし、剛毛であっても完璧な仕上がりになるでしょう。

剛毛女子の場合は普通の人よりも完了するまでの期間も長く、費用もかかってしまいますが、満足度も高くなるでしょう。

脱毛のメカニズム

毛は成長期から退行期、休止期という3つのサイクルで伸びる長さや速度が決まります。

この3つのサイクルのことを「毛周期」とよんでいます。

確実に脱毛するには、各部位の毛周期に合わせた脱毛スケジュールを組む事が大切なのです。

全身脱毛でツルツル美人

全身脱毛はエステやクリニックといった、女性にとって馴染み深い場所で行うことが出来るのです。

こうしたお店で全身脱毛の処理をする場合は、カミソリやクリームなどではなく専門的な「脱毛器」を使用することが一般的だといわれています。

脱毛器の種類にはいろいろありますが、主流になっているのは「レーザー脱毛」だそうです。

これは、ムダ毛の毛根にレーザーを照射することで、ムダ毛の元になる毛根を焼いて全身脱毛する方法となります。

今後ムダ毛が生えないようにする「永久脱毛」などを行う場合も、レーザーを用いることが基本だそうです。

全身脱毛であなたもツルツルになりませんか?

全身脱毛のおすすめサロン

●KIREIMO(キレイモ)

おすすめサロンキレイモの料⾦プランの人気は、33箇所の全身脱毛でお客さまのお財布に優しい月額固定 9,500円(税別)プランです。

他サロンでは含まれていない場合も多い顔脱毛も追加料金なしです。

もちろん、気になるVIO、両ワキ、背中などの部位もスベスベになります。

【メリット】

・広範囲の全身脱毛で料金が1番安い
・全身脱毛<月額>9500円
・月額制はいつでも解約が可能
・学生に大人気!学割・のりかえ割で5万円以上割引
・予約が取りやすい
・21時まで営業中のサロン仕事帰りもOK

以上が挙げられます。

全身脱毛のおすすめクリニック

●アリシアクリニック

キャンペーンやレギュラーコースのどれを取っても業界最安水準のアリシアクリニックは全身脱毛で人気の高いクリニックです。

アリシアクリニックの脱毛器はライトシェア・デュエットで痛みが軽減されて、施術も早いです。

全身脱毛をお考えの方にもアリシアクリニックは特におすすめで、月払いで9,500円から全身脱毛が始められてトータルコストも業界最低水準です。

契約回数が余ったら、残りの回数分の代金も返金できます。

アフターケアもしっかりしていて、自宅でできるケアアイテムがもれなくプレゼントなのも嬉しいポイントです。

東京、神奈川、千葉近郊で通える方には是非おすすめの超人気クリニックです。

【メリット】

・料金設定が業界最安値水準
・皮膚を吸引しレーザーを照射するので痛みが軽減される
・2ヶ月に1回のペースで通えるスピードプラン登場
・東京、神奈川、千葉に11院

以上が挙げられます。

サロンとクリニック脱毛の違いは?

全身脱毛をしたいと考えて脱毛できる場所をネットなどで色々探していると、クリニック脱毛とエステ脱毛の二種類あることに気づくと思います。

まず、医療脱毛とエステ脱毛の違いは何なのでしょうか?

これは文字通り医療機関で医者や看護師が施術する脱毛と、エステサロンでエステティシャンが施術する脱毛という違いがあります。

医師免許を持っている機関で施術するかしないかの違いです。

もう少し具体的な話をすると、医療脱毛は通常「レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛方式を使います。

これは医療機関でしか使うことができず、効果も強烈です。

一方、エステ脱毛は「フラッシュ脱毛」と呼ばれる脱毛方式がメインです。

脱毛サロンごとに名称は色々違ったりしますが、基本的な仕組みはほぼ同じです。

こちらはレーザー脱毛と比べると効果は劣りますが、もちろん効果がないわけではありません。

エステ脱毛で脱毛を完了させている女性もたくさんいます。

どちらがおススメかは個人差があるようです。

剛毛女子ってそんなに悪いこと?

剛毛で毛深いことを女性は嫌いますが、果たして悪いことなのでしょうか?

確かにムダ毛が濃いことは煩わしくマイナスなイメージしかありません。

ですが、髪の毛に関しては、コシがありしっかりとした毛質が女性の憧れになっていますよね。

また、剛毛で悩んでいる女性が入る一方で、薄毛に悩んでいる女性も多くいるそうです。

特に、近年は「びまん性脱毛症」と呼ばれるように、若い女性でも髪の毛が薄くなることがあります。髪の毛を増やすために、たくさんの努力をしている女性も多いのです。

つまり、お互いに自分にはない特徴が魅力的だと思っていることがあります。

どちらにも大きな悩みがあるため、一概にどちらが優れているということは出来ません。

ですが、多い毛を減らすことは簡単ですが、少ない毛を増やすには非常に大変だといわれています。

毛深い=良くない、というイメージは根強いですが、あなたにしかない魅力がありますので、決して悪いことではありませんのでコンプレックスに悩む必要はありません。

剛毛女子と不妊との関係

毛深い女性は不妊の可能性があるという話を聞いたことがありませんか?

もしくは、実際に、月経不順や無月経で悩んでいませんか。

毛深い女性には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が比較的多いとされます。

女性は月に1回、卵子が1つ作られ、そして排卵されるというのが一般的ですが、多嚢胞性卵巣症候群の場合、排卵できないで卵胞が溜まっていってしまいます。

そのため、妊娠できない、赴任が多いという話になるわけです。

多嚢胞性卵巣症候群の方は、約20%前後が多毛症というデータもあるので、実際、ここから、毛深い女性は不妊と言われやすいわけですが、あくまで絶対ではありませんので、気にしすぎないようにしましょう。

女性の悩みのひとつの多毛ですが、多毛症とは、軟毛の硬毛化=やわらかい毛が硬くなることであり、毛の数が増えることではありません。

女性や小児にみられる男性型の発毛状態をいいます。この男性型多毛症の90%はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と特発性多毛症が原因です。

低用量ピルは体毛への影響する?

生理不順改善薬や、経口避妊薬である低用量ピルを服用したりホルモン治療を行ったりしていると、体毛が濃くなるという話があります。

逆に薄くなるという話も聞きます。どちらが正しいのでしょうか。

ピルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の二種類のホルモンが成分となっています。

ピルを飲むことによって、黄体ホルモン量の抑制が起きたり、ピルに内在する男性ホルモンの影響が発生して、体毛が濃くなる可能性があります。

また、体質的に生まれつき男性ホルモンが多かったり、ホルモン改善治療などで男性ホルモン値が高かったりする場合も、体毛への影響が現れることがあります。

全身脱毛で剛毛女子ともおさらば

お手軽な為安易に自己処理に走ってしまいがちですが、それが結果的に剛毛を増長してしまう結果に繋がってしまいます。

自己処理はなるべく控え、もしくは方法を選びましょう。

脱毛はさまざまなメリットがあります。

全身脱毛でお悩みのあなたも、自信をもってプロにお任せしましょう。

剛毛はあなただけのお悩みではありません。

根本的な対応に合わせ、食生活などできる事から始める事も大切だと思います。

いろんな角度から再度見つめなおし、全身脱毛でステキなツルツルモテ美人になりましょう。