"職業別30代男性の年収ランキング"やっぱり気になるのは経済力?

男は中身、と言いつつも気になってしまうのが経済力。今の高収入な職業って何?そんな疑問にお答えして、今回は最新のデータをもとに30代で高収入の職業ランキングを調べてみました。あなたの身近にも実はいるかも?

男は中身!と言っても…気になってしまう経済力

男性は中身で選びたい!
そうは言いつつも現実的に気になるのはやっぱり経済力。

最新のデータによると、30代男性の平均年収は、約450万円だそう。
こちらは正社員のみのデータですが、もしかすると予想より少ないと感じる方もおおいのでは?

年収1,000万を超える高所得者はごくわずかなんです。
今回は、年収500万円~1,000万円の本当に「出会える」高収入職業をランキングにしてみました!

【第6位】SE(正社員) 570万円

あなたの隣にいる?

PCやスマートフォンが普及し、IT関連の仕事は急激に成長しています。

合コンで「仕事はSEです」と紹介されることも多いのでは。同じクラスの年収の中では、10人に1人がこの仕事をしている「出会える」職業といえます。

【5位】研究者(自然科学系) 650万円

若くして高所得

30代でも年収600万円クラスが存在する研究者。若くしてリッチな人が多い分野です。

ただ、自然科学系のサイエンティストは100人に1人とかなり少ないのです…。
知人のツテがないと出会えないかも?

【4位】一級建築士 700万円

アートセンスも1級

国家資格の中でも人気の「一級建築士」。しかし、試験の合格率は12%と、なかなかハードルの高い職業です。

この仕事に向いているのは、アートセンスにすぐれ、正義感の強い人。同じクラスの年収は、100人中4-5人。中でも一級建築士は若くして稼いでいます。

【3位】新聞・TVの記者 900万円

高収入だけど激務!

みんなが知りたいニュースについて、リアルタイムで伝えるのが新聞・テレビの記者の仕事。

ということは、24時間つねにアンテナを張っておかなければなりません。100人に1人がこのクラスの年収ですが、記者の仕事は想像以上にハードです。

【2位】ドクター 920万円

民間なら高収入だけど……。

大学病院につとめるドクター全体の平均年収は、300万~600万円。それに対して、民間の病院では平均1,500万円と、かなり幅があります。

給与を公開してくれた男性で、年収900万円を超えるのは、100人に1人。その中でも30代は非常に忙しく、さらにドクターはライバルの多い存在です。

【1位】パイロット 1200万円

同世代ではトップクラスの年収

パイロットになる人には、航空大学校を卒業した人と、航空会社に就職して、パイロットのライセンスを取得する人がいます。

年収に関しては、ANA・JALが30代で1,000万円超え、40代機長では2,000万円超えと言われています。

100人に1人か2人はこの年収ですが、残念ながら既婚者が多いかも…。

あなたは何で男性を選ぶ?

30代の高収入な職業ランキングは、以上のような結果でした。
高収入な男性って意外と少ないのかもしれませんね。
だからこそ、競争率も高めかも。

もちろん経済力も大切ですが、あなたの価値観で良いと思える男性を選んで、幸せになってくださいね!