毛深い女性の4つの特徴。毛深くなる原因と、6つの対処法とは

毛深い女性には4つの特徴があることをご存知ですか?私も当てはまっているかも…という方も、今からしっかり対策すれば大丈夫!毛深い女性の4つも特徴と毛深くなる原因。そして、毛深い体毛の対処法6つをご紹介します。毛深い悩みを解決してきれいな肌を目指しましょう!

提供: ミュゼ

なんで体毛が毛深くなってしまうの?

ちゃんと毎日処理していても、気づけば生えてくるのが体毛です。
人に話しずらい悩みだからこそ、「自分だけが毛深いのでは?」と不安になってしまいますよね。

でも、実は、体毛が毛深い事に悩んでいる女性はたくさんいます。誰かと比べる機会が少ない体毛に関しての悩みは、毛深い原因と特徴を知る事で解決に導く事が出来ます。

体毛が毛深い原因は?

睫毛や髪の毛といった女性らしさに繋がる体毛がある一方で、脇毛や脛毛といった「ムダ毛」と呼ばれる体毛は女性らしさを半減させてしまいます。
ですが、「不必要」と思われる体毛にも存在する理由があり、それが毛深い原因を作り出しているとも言えます。

普段、「なければいいのに」と思ってしまう「ムダ毛」扱いの体毛には、どんな意味があるのでしょうか。体毛が毛深くなってしまう大きな原因を2つ紹介します。

遺伝

体毛は、「優勢遺伝」である事が科学的に実証されています。
元々、体毛には外部のウイルスや攻撃から身を守る働きがある為、身体の遺伝子が「健康的な身体を作る為に、体毛は遺伝した方がいい」と判断するのです。

「優勢遺伝」である体毛は、親が毛深い場合に遺伝する確率が高くなります。また、親が毛深くない場合であっても、親より以前の世代に毛深い方がいた場合は子供に遺伝する事があります。

生まれたばかりの赤ちゃんは皆、体毛に身体を守られて毛深いですが、それは単なる防具的な意味合いであり遺伝とは別物です。幼少期を過ぎたあたりから「遺伝かそうでないか」が身体の特徴として現れ出す為、幼少期を過ぎても毛深い場合は遺伝の可能性が考えられます。反対に幼少期を過ぎると共に毛が薄くなり出した場合は、遺伝とは関係なく毛深くない体質だと言えます。

ホルモンバランスの乱れ

女性の一生において、身体の中に分泌される男性ホルモンの量はほとんど変わりません。
ですが、その反対に、女性ホルモンは体質や加齢、生活習慣の乱れにより減少しやすいという性質を持っています。

この女性ホルモンの減少が、毛深い原因の1つです。生理中、妊娠中等は女性ホルモンの分泌量が大幅に乱れ、まさに毛深い原因を作り出してしまいます。

また、女性ホルモンの減少によって起こる更年期障害でも、症状の一つに「毛深くなる」という特徴が挙げられます。女性ホルモンが減少するという事は、相対的に身体の中には男性ホルモンが多く分泌されているという事になります。その為、脇毛や脛毛といったお馴染みの「ムダ毛」はもちろん、今まで生えてこなかったパーツにまで体毛が現れ始めます。

もし、生理中、妊娠中、更年期ではない時に「何だか、毛深くなってきた?」と思った際は、生活環境やストレスによる女性ホルモンの乱れが原因かもしれません。

毛深い女性には4つの特徴が

どんな特徴があるの?

オープンに話しにくい体毛の話題だからこそ、どういった特徴であれば自分が毛深いのか分かりにくいですよね。
毛深いとされる女性には4つの特徴があり、この特徴に当てはまる方は工夫によって改善出来る可能性があります。

「もしかして、自分は毛深いのではないか?」と不安に感じる女性は多く、だからといってなかなか疑問を口に出す事も出来ないのが現状です。毛深い女性の4つの特徴を知って、悩みや疑問を解決しましょう。

生活習慣が不規則

栄養不足、運動不足、喫煙

ダイエットの為に食事を抜く、脂っこい食事、喫煙といった生活環境は、全て女性ホルモンの分泌量を低下させます。
不規則な生活習慣こそ、毛深い原因を作る最も代表的な例です。

【食事内容】
規則正しい食事は、質の良い脂肪を作り、この脂肪が女性ホルモンの分泌を促してしまいます。食事を抜いたり偏食するような事があっては、女性ホルモンの分泌が低下するどころか男性ホルモンの分泌を増加させる事になるので、自ずと毛深い原因となってしまうでしょう。

【喫煙】
また、煙草には女性ホルモンの一つであるエストロゲンを分解してしまう性質があります。その為、喫煙している女性はしていない女性より毛深くなってしまうケースが見受けられます。煙草に関しては百害あっても一利なしと言えるので、なるべく早急に改善するようにしましょう。

【運動不足】
更に、デスクワークに徹している女性の運動不足も、毛深い女性にありがちな特徴です。運動不足は自律神経を乱れさせ、男性ホルモンを活発化させてしまいます。そうならない為にも、休日は徒歩で移動する等、身体を動かす事に慣れておきましょう。

寝る時間が遅い

睡眠不足

仕事で寝る時間が遅い女性は要注意です。
寝不足も、女性ホルモンを乱れさす重大な特徴の一つです。

睡眠時間が短い女性の場合、交感神経が身体の中で優位な状態が作られます。すなわち、それは自律神経を乱れさせ、男性ホルモンの分泌を手助けしてしまう事に繋がります。一週間に何日かは仕事を早く切り上げて睡眠時間を作る等して、男性ホルモンを分泌させすぎないように気をつけたいですね。

家族も毛深い

体毛は「優勢遺伝」

体毛は「優勢遺伝」する為、両親が毛深い場合は自分自身も毛深くなる可能性が大です。
例え両親が毛深くなかったとしても、隔世遺伝する事があります。

毛深い女性の特徴の多くは、やはり両親が毛深いという方が目立ちます。体毛は外傷から身体を守る優秀な遺伝子である為、「優勢遺伝」として親から子に伝わるのです。まれに、隔世遺伝として祖父母が毛深く自分自身も毛深いという方もいます。

体毛は毛深いのに髪の毛は薄い

ホルモンの種類が違う

よく、髪の毛は猫毛で柔らかく細いのに、なぜか体毛だけ剛毛で量が多い方がいますよね。
それは、髪の毛と体毛ではホルモンの種類が違うからです。

脇毛や脛毛等、女性が「ムダ毛」と呼ぶ体毛は、全て男性ホルモンの分泌によって作り出される毛です。それとは反対に、髪の毛は女性ホルモンの分泌によって作り出されます。その為、髪の毛が薄いからといって体毛まで薄いとは限らず、全ては自分の身体の中の「女性ホルモンの分泌が多いか、それとは逆に男性ホルモンの分泌が多いか」によって決まります。

毛深い女性は男性ホルモンが多いという特徴も

男性ホルモンの分泌によって、濃く硬い体毛が生まれます。
その為、毛深い女性には男性ホルモンが多く分泌されているという特徴があります。

元々、特に男性ホルモンの影響を受けていなかった女性も、女性の社会進出が活性化するにつれストレスを抱えるようになりました。このストレスのせいで、毛深い女性の特徴である男性ホルモンの分泌量を増加させてしまっている恐れがあります。

男性ホルモンが多いとなんで毛深くなるの?

生存本能

古代の男性達は、狩りで家族の生活を支えていました。
あらゆる危険が伴う狩りの場では、細菌や急な温度変化といった外敵から身を守ってくれる体毛は必要不可欠な存在だったのです。

古代より受け継いだ生存本能の関係上、男性ホルモンには体毛を濃く太くする作用を持つテストステロンが含まれています。その割合が女性ホルモンに勝ると、毛深い体毛を作り出してしまうのです。毛深い女性の中には、このテストステロンが多いという特徴を持っています。

男性ホルモンが増えてしまう原因は?

生活習慣の乱れ

女性は、自律神経が乱れる事によって男性ホルモンが多く分泌されます。
栄養不足、睡眠不足が一番の天敵です。

【偏食】
例えば、普段食べている豚や牛の赤身といった動物性たんぱく質は男性ホルモンの分泌を促す食べ物です。また、意外にもブロッコリーやカリフラワーといった美容に良いとされる野菜にも男性ホルモンの分泌を促すタイプが混ざっています。ダイエットの為に食事を抜くのはもってのほかですが、偏った食事内容にも注意が必要です。

【眠りの質が悪い】
毛深い女性の特徴として、ぐっすり質の良い睡眠が取れていない事も男性ホルモンの分泌を増加させる理由の一つです。睡眠不足は自律神経の乱れに深く関係している為、頭が冴えて眠れない日もベッドで休息する等、自分自身で工夫して身体を休めましょう。

体毛を薄くするための6つの対処法

毛深い特徴に当てはまる女性も、対処法によって毛深さが軽減されます。
悩む前にまず、チャレンジしてみませんか。

現代社会でストレスを抱えている女性は多く、そのストレスから男性ホルモンの分泌が促され、体毛が毛深くなってしまう場合が目立ちます。「毛深いのは自分だけ」と思わず、体毛を薄くする6つの対処法で悩みを解決しませんか。

①女性ホルモンを増やす

良質な食事、睡眠、ストレス発散etc…

実は、女性ホルモンを増やす方法は数えきれないくらいあります。
まずは生活習慣の見直しから始めると◎ですよ。

女性ホルモンを増やすには、規則正しい生活が一番です。決まった時間に食事、睡眠、温かいお風呂に入って一日のストレスを落とす等、出来る事から習慣づけていきましょう。

たまに、恋愛したりピンクを見る事で女性ホルモンが増えると言われる事もありますが、女性ホルモンは身体で作るものであり脳が作るものではありません。例え、脳が「女性らしい」と認知したところで、女性ホルモンが分泌される事はありません。

大豆製品を積極的に摂取しましょう

女性ホルモンと似た働き

大豆に含まれるイソフラボンという成分は、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。
女性ホルモンそのものを補えるワケではありませんが、美しい髪や肌を作ったりと、非常に似た役割を担ってくれます。

大豆製品を食卓に取り入れる場合は、発酵食品である納豆がオススメです。納豆は、発酵時にイソフラボンをギュッと凝縮している為、豆乳をがぶ飲みするより少量で女性ホルモンに似た働きを得る事が出来ます。但し、摂取しすぎるとホルモンバランスを崩す可能性もある為、1日3食で納豆を食べるというよりは、一週間に2~3日、朝食のみ摂取する程度に抑えておきましょう。

②和食中心の食生活にする

冷えない体作り

和食は、洋食と違い一品食いを避けられる食事内容が魅力です。
また、自律神経の大敵である「身体の冷え」をフォローしてくれる煮物や温野菜類を中心に食べれば、女性ホルモンの減少を最小限にとどめてくれます。

洋食には女性ホルモンに似た働きをしてくれる大豆製品が含まれていない場合が多く、和食のようにバランスの良い一汁三菜が難しい事もネックです。和食であれば味噌汁や鍋といった食事に豆腐を加える事も出来る為、和食を意識して食事したいですね。

③自己処理はやめる・控える

肌荒れ、色素沈着の恐れ

気づいた時に処理したい体毛は、つい自分で剃ったりしてしまいがちですよね。
でも、間違った自己処理は、体毛を濃くしてしまう原因の一つです。

体毛の処理で一番大切なのは清潔感ですが、カミソリや電気シェーバーは手軽である反面、体毛だけでなく肌を傷つけてしまったりと衛生面に劣る部分があります。こういった自己処理を続けるうち、慢性的なダメージが肌に蓄積されます。体毛は、肌を守ろうと濃くなるばかりで、薄くなりにくい毛質になってしまいます。その為、自己処理を頻繁に行うのはNGです。

④脱毛サロンに通う

肌を痛めず、効果が続く

脱毛サロンで使用する専用の機器は、一時的に体毛を薄くする自己処理とは違い、肌を痛めず長期間で効果が続きます。
自己処理に自信がない方も、プロの手にかかればスピーディに綺麗が叶いますよ。

毛深い方であれば、回数を重ねる度に体毛が薄くなるのを実感しやすいはずです。肌を痛めず体毛を薄くする事が出来、自己処理に比べると満足度はグンと上がります。また、自己処理では不十分だったアフターケアをプロに行ってもらう事により、体毛が濃くなりにくい肌質も徐々に手に入れる事が出来ます。

ミュゼのキャンペーンでお得に脱毛!

プチプラなのに効果◎

ミュゼが女性に支持される秘訣と言えば、プチプライスで高い技術が受けられる事です。
オトクなキャンペーンが多数用意されている為、財布にも肌にも優しく美肌が手に入ります。

また、嬉しいのが悪質な勧誘が一切ないというところです。契約に無理強いされる事がない為、じっくりと自分のペースでお試し出来ますよ。

更に、独自のフラッシュ脱毛で痛みを感じず脱毛出来るのもポイントです。ジェルと光の相乗効果で行う脱毛は、痛みを感じず肌への負担もほとんどありません。

明確な料金体系だから、ホームページに書かれている金額以上がかかる事もなく、学生や主婦の方に愛されているサロンですよ。

ワキV通い放題+全身選べる2か所 ¥1,280(税抜)がオススメ!

今なら、ミュゼの「ワキV通い放題+全身選べる2か所」が断然オススメです!
最初に脱毛しておきたいワキとVライン、更に全身から選べる2か所がついて通い放題¥1,280(税抜)の超オトクなキャンペーンですよ。

平成28年11月末まで限定の「ワキV通い放題+全身から選べる2か所」は、両ワキとVラインが満足出来るまで何度でも通えます。それだけじゃなく、下記のパーツより好みのパーツを2か所選んで脱毛が出来ます。

〚Lパーツ〛
両ヒジ上、両ヒジ下、両ヒザ上、両ヒザ下、胸、お腹、背中(上)、背中(下)、ヒップ
〚Sパーツ〛
襟足、乳輪周り、腰、へそ周り、両手の甲と指、トライアングル上、トライアングル下、Iライン、ヒップ奥、両ヒザ、両足の甲と指

脱毛初心者の方は、ぜひこのキャンペーンを見逃さないでくださいね。

⑤ストレスを溜めない

男性ホルモンを増やさない

女性は、ストレスが溜まると交感神経が優位になり自律神経が乱れる傾向にあります。
この状態になると、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌が促されてしまう為、体毛が濃くなります。

男性ホルモンを増やさないように、適度な日々のストレス発散が必要です。友達とカラオケに行ったりお喋りをしたり等、自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。女性は、声を出す事がストレス発散に繋がる場合が多く、一人暮らしであっても英会話の練習をする等して無言にならないよう工夫すれば、ある程度のストレスは緩和出来ます。

⑥体を冷やさない

一定の体温を保つ

体毛の本質と言えば、外の寒さから身を守る為の防具のような役割を持っています。
ですので、体が冷えると、体毛は必然的に濃くなります。

体毛の天敵である冷えを改善する為には、一定の温度を保つ事が大切です。特に暑い夏こそ、薄着や水場ばかりに行くのは避け、温かい飲み物や上着で体温調節を心がけましょう。

生活習慣を見直して体の中から体質改善を

毛深い事で、女性としての自信を失う必要はありません。
毎日の生活習慣を見直してみれば、きっと改善の余地が隠れています。

ダイエットを頑張るあまり、栄養不足になっていませんか?仕事に精を出すあまり、寝不足になっていませんか?そういったマイナスの生活習慣が重なる事によって、体はストレスや冷えを感じ、体毛が毛深い状態に陥ってしまいます。今一度、自分自身の生活習慣を見直してみましょう。

毛深い悩みを解決してきれいな肌を目指しましょ♡

誰だって、気づいた時が美意識の始まりです。
自分に合った対処法で、毛深い悩みを解決しましょう。

生活習慣の見直しや誤った自己処理を止める事で、今までの毛深い悩みは軽減されます。特に、肌にダメージが大きいカミソリ等の自己処理は、毛深くなってしまう大きな原因です。

自分に合った対処法を見極めつつ、最後はプロの手に頼るのもいいかもしれません。脱毛サロンなら、上質なつるぴか肌が目指せますよ。色々と試してみてくださいね。