海外映画のヒロインになりきりファッション!憧れ5大映画の真似コーデ

映画を観た後に、つい真似したくなるヒロインファッション。今回は、1970年代の名作映画から人気のミューズをチェック。誰もが真似したくなるヒロインたちのファッションをご紹介します。ぜひあなたも、真似コーデで映画のヒロインになりきってみてください!

映画のヒロイン、なりきっちゃう?

女性なら誰しも海外映画のヒロインのようになりたい! と夢見たことがあると思います。

まずは憧れのヒロインファッションを真似して、映画の登場人物に一歩近づいてみてはいかがでしょう?

アメリ

2001年フランス映画『アメリ』

小さい頃から空想の世界が一番の遊び場だったアメリ。22歳になった今でも、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいた。そして、あることをきっかけに、他の人を幸せにすることに喜びを見出したアメリ。他人の人生にこっそりおジャマしてはたのしい悪戯を仕掛け、人知れずお節介を焼いて回るのだった。そんなアメリも自分の幸せにはまったく無頓着。ある日、不思議な青年ニノに出会ったアメリはたちまち恋に落ちてしまうのだったが、アメリは自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ない……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

ミモレ丈スカート×ドクターマーチン

アメリは、多くの女性の支持を得ている名作映画ですよね。

アメリのファッションといえば、ドクターマーチンのシューズとミモレ丈スカート。
少しゴツめのシューズとミモレ丈のスカートを合わせたファッションが魅力です。

アメリコーデの必須アイテム♡

ミモレ丈スカート

日本人がアメリコーデを真似するには、まずミモレ丈スカートを取り入れるのがおすすめ。

チェックのプリーツスカートなら、メリハリがついてスタイルアップ効果もバツグンです。

ドクターマーチンの靴

アメリコーデに必須の、ドクターマーチンのシューズにはカラフルな靴下を合わせて。

ドクターマーチンのシューズでなくとも、ブラックのショートブーツで真似コーデが完成します。

アニー・ホール

1977年アメリカ映画『アニー・ホール』

NYを舞台に、都会に生きる男女の恋と別れをペーソスと笑いで綴ったラブ・ストーリー。うだつの上がらないスタンダップ・コメディアン、アルビーは、知り合った美女アニーと意気投合して同棲生活を始めるが、うまくいくのは最初だけ。次第に相手のイヤなところが気になり出した二人の間には見えない溝ができ上がっていた。そしてアニーの前に現れた人気歌手のカリフォルニアへの誘いが二人の仲にピリオドを打つ決定的なものとなった……。

出典:http://movies.yahoo.co.jp

メンズライクファッション

左がアニー役のダイアン・キートン。

ベストにネクタイ、太めのチノパンでメンズライクなファッション。
色もベージュ、ブラックと落ち着いたコーデです。

今風に真似コーデ

チノパンをきれいめに着る

ボルドーのジャケットにチノパンを合わせた上品カジュアルコーデ。

ヒールタイプのスリッポンを合わせることで、スタイリッシュに仕上げました。

ヴィンテージMIX

ドレッシーなスタンドカラーのシャツに、スエードのベストを合わせて。

ZARAやH&Mにヴィンテージのアイテムをプラスすれば、アニー・ホールスタイルが完成します。

(500)日のサマー

2009年アメリカ映画『(500)日のサマー』

建築家を夢見つつ、グリーティングカード会社で働くトムは、ある日、秘書として入社してきたキュートなサマーに一目惚れしてしまう。トムは運命の恋を夢見る男の子、一方サマーは真実の愛なんて信じない女の子だった……。好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。そんな中トムは、サマーに対して「彼氏はいるの?」と聞くと、サマーの答えはノーだった。恋愛と友情の間に果てしなく広がるグレーゾーン。人を好きになるって、どうしてこんなに楽しくて切ないんだろう。誰もがまた恋したくなる、二人の(500)日がはじまる!

出典:https://www.amazon.co.jp

清楚系ライトブルーワンピ

左がサマー役のズーイー・デシャネル。この映画で彼女のあまりの可愛さにファンになった人も多いはず。

大人ガーリーファッションが特徴で、ブルーカラーのワンピースやシャツを多用していました。

サマーの真似コーデ

ヴィンテージ風ワンピース

サマーみたいなお嬢さん風ワンピースは、デートにぴったり。

きちんと感のある靴を合わせると、子どもっぽくなりません。

とびきりガーリーに♡

女の子らしく決めたいなら、こんなコーデもおすすめ。

ノースリーブのミニドレスには、ベージュのサンダルを合わせてナチュラルな印象に。

ベティ・ブルー 愛と激情の日々

1986年フランス映画『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』

海沿いの村で暮らすゾルグ(ジャン=ユーグ・アングラード)は、小説家を夢見ながらペンキ職人などをして日々生活していた。ある日、そんな彼の前に若く奔放な美女ベティ(ベアトリス・ダル)が現われ、2人はたちまち恋に落ちる。彼らは一緒に暮らし始めたが、次第にベティのエキセントリックな行動が目立つようになり……。

出典:http://www.cinematoday.jp

セクシーなレッドワンピ

ヒロインのベティを演じたベアトリス・ダルは本作がデビュー作。
当時、ベティのファッションは大きな話題を呼び、女性誌などで多く取り上げられたそうです。

中でも印象的なのが、このレッドワンピ。とにかくセクシーです。

ベティの真似コーデ

ライダースをON

赤はハデすぎて恥ずかしいという人も、ライダースジャケットを羽織ればOKなのでは?

マウジーやヴィヴィアンウエストウッドといったロックなブランドの赤いワンピースに、ゴツめのジャケットを羽織ってみて!

ファストファッションも◎

ちなみに、冬のシーズンならZARAやH&Mといったファストファッションでも赤いドレスがそろっているので、要チェックですよ!

ヒロイン気分で素敵な恋を♪

いかがでしたか?
思わず憧れてしまう、スクリーンの中のヒロイン。
あなたも真似コーデをして、こっそり非日常感を味わってみては?

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ