女なのに体が毛深いのが嫌だ…生活習慣を見直して体質改善しよう!

毛深い体毛に悩んでいる女性は結構多いんです。体毛が毛深くなるのは生活習慣に原因があるって知ってましたか?食生活の乱れや睡眠不足などが毛深い体毛の原因になっているんです。そんな生活習慣を見直して、毛深い体質を改善しましょう!

提供: キレイモ

体毛が毛深いのが悩み…

女性の中には、体毛が毛深くて悩んでいる人も多いとかと思います。

綺麗でツルツルの肌を見ると思わず自分と比べてしまったり、ため息が出てしまうという女性はいませんか?

ムダ毛のないツルツル素肌は女性の憧れです。

今回は体毛について少しでも悩みが軽減できるよう徹底調査していきましょう。

毛深い体毛で悩んでいる女性は多いんです

好きな人に毛が濃い理由で気持ち悪がられました。それから男性と付き合うことがなかなかできません。脱毛しようか悩み中です。

出典:http://datsu-mode.com

学生時代から体毛が濃く悩んでいます。仕事の関係で、腕がでている制服を着ているのですが他人の目線がきになります。解決したいです。

出典:http://datsu-mode.com

どうして毛深くなるの?

気になるのが毛深くなってしまった原因です。

原因を知っておけば、気を付けるだけで症状が改善されることもあります。

それでは、解決方法を探していきましょう。

ホルモンバランスが乱れているのかも

ホルモンバランスの乱れと聞くと女性でしたら、私のホルモンのバランスが乱れてるのかな?ぐらいにしか思わないのが普通です。

しかし、実際にはどのように乱れているのか?までは考えないようで、意外に知られていない事があります。

ホルモンバランスが乱れる原因は?

ホルモンバランスが乱れる理由にはいくつかの理由があります。

日頃の生活習慣の不規則などが大きく影響しているようです。

自分自身気づいてない原因で改善できるのは嬉しいことですね。

これから紹介する、4つの方法で実践していきましょう。

①食生活の乱れ

ホルモンバランスの乱れは食が大きく影響しています。

まずは、きちんと規則正しい食生活を心がけることです。

規則正しい食生活とは、1日3食をきちんと摂っていればいいというものではありません。

食べる量を腹八分目で抑え、栄養をバランスよく摂取することが大切です。

食物繊維を豊富に含む玄米・豆類・おからなどを摂って腸内環境を整えることも大切です。

②睡眠不足

毛深い女性は、毎日の夜寝る時間が遅いことが多いと言われています。

ゴールデンタイムというホルモンが活発的に分泌される時間をご存知でしょうか?

人間は22時から2時の間にしっかりと睡眠をとることで、ホルモンがしっかりと分泌されるようになると言われています。

この時間帯にしっかりと睡眠をとることができていない場合、ホルモンのバランスが乱れて毛深くなる可能性があると考えられています。

③ストレス

ストレスを溜めることで、男性ホルモンのアンドロゲンという物質が多く分泌されるようになると言われています。

そのため、アンドロゲンが多く分泌されているときには、ストレスを抱えていると判断することができるそうです。

この男性ホルモンが過剰に分泌されることで、体毛の成長を促進するようになってしまいます。

結果、体毛が太く濃くなってしまう可能性が高いそうです。

ストレスを感じたときには自分なりの方法でしっかりと発散させることが大切だと言われています。

仕事もプライベートも充実できるようにほどよくガス抜きをしましょう。

④過度なダイエット

ホルモンバランスを乱す原因には、「過度なダイエット」というと極端な食事制限を連想する方も多いかもしれません。

運動による脂肪カットであっても減り過ぎてしまえば女性ホルモンの分泌量は低下してしまいます。

体脂肪率が20%を下回る場合は注意が必要です。

逆に、体脂肪の増え過ぎもスムーズな代謝を妨げて、ホルモンバランスを乱す原因になりますので過度なダイエットは控えましょう。

体毛が毛深い女性は男性ホルモンが多い

女性にも男性ホルモンはあり、肥満を防止したり脂肪増加を抑制する働きを持っています。

男性ホルモンの特徴に、体毛を濃くするというものがあり、その原因が女性の体毛のムダ毛を濃くする働きにつながっています。

男性ホルモンが多い人ほど毛深く、ムダ毛も多いことになります。

男性ホルモンは体毛を増やす働きがあるんです

多くの人は、男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンがあると考えているようです。

しかし、男女問わず男性ホルモンも女性ホルモンも存在しているようです。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れて男性ホルモンのほうが多くなることで、毛深い原因になってしまいます。

通常女性には、女性ホルモンの10分の1くらいの男性ホルモンしか存在しないと言われています。

この男性ホルモンの量が増えることで身体中の毛の発育が促進されるようになるそうです。

どうして男性ホルモンが増えるの?

男性ホルモンが増加する原因として考えられるのはストレスや食生活の乱れ、深夜まで起きていることなどがあげられます。

これらの行為は男性ホルモンを分泌させることになりますから、もともと毛深くない人でも毛深くなってしまう習慣になってしまいます。

体毛を薄くしたいなら女性ホルモンを増やしましょう

●女性ホルモンの活性化は適度な運動をすること。

自律神経を活性化させて、ホルモンバランスを整える効果があります。

普段の生活で、身体を動かす機会を増やしましょう。

【無理なくできる方法】

・近所をウォーキングする
・階段を使う
・ストレッチで筋肉を伸ばす

以上のことが挙げられます。

●女性ホルモンを増やすには抑毛クリームの使用です。

抑毛クリームに多く含まれる「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンに似た働きをし、体毛が生えるのを抑えます。

肌に優しく、大豆イソフラボンの成分による美肌効果もあります。

早く効果を出したいなら手作り豆乳ローションもおススメです。

「大豆製品」を摂取すると◎

大豆製品には大豆に含まれている、イソフラボンとゆう女性ホルモンと同じような働きがあります。

積極的に摂取することで、女性ホルモンと同様の効果を期待することができるそうです。

また、女性ホルモンをしっかりと分泌させることで毛深い体毛を薄くすることができるようです。

毛深いと悩んでいる人は、女性ホルモンの分泌に大豆を摂取しましょう。

毛深い体毛の対処法はあるの?

毛深い体毛の対処法が3つあります。

こちらを参考にしてみるのも解決の一つです。

和食中心の食生活にする

最近ではファーストフードを食べる若者が多い半面、和食を食べる機会が減っていると言われています。

乳製品やお肉などを毎日のように過剰摂取することで、身体の中には動物性のタンパク質が貯まるようになってしまいます。

この動物性のタンパク質を身体の外に排出しようとする原因で、毛穴が大きなり、毛深い原因にります。

その結果1本1本が太くなることで毛深いと感じるようになると言われています。

このような原因を改善するためには、栄養バランスをしっかり考えた、和食中心の食生活を心がけることが大切だと考えられています。

体を冷やさないようにする

人間は身体が冷えないように、外敵から攻撃を受けないようにと体毛が生えてくると言われています。

そのため、外から過剰に刺激を受けたり、身体が過剰に冷えたりすることで、本能的に毛深い原因になる可能性が高いと言われています。

このような毛深い原因にならないように、普段から身体を冷さないようにすることが大切だと考えられています。

夏の暑い季節でも、冷房の効いた部屋に長時間いることで、身体が冷えるようになってしまうそうですので、上着を羽織るなど体を温めるようにしましょう。

脱毛サロンに通って毛を薄く・少なくする

脱毛エステサロンでの体毛の処理と聞くと、脱毛処理をするというイメージが多いかと思います。

しかし、近年では脱毛を行うだけではなく、体毛を薄くするサービスもあるようです。

また、プロのスタッフが適切な処理を行ってくれるので、丁寧で確実な施術をしてもらうことができ安心です。

自分の体毛が薄くなったと実感できるまでリーズナブルな価格で何度でも通うことができるのも特徴の一つのようです。

また、自分の肌に合った施術を行うため毛深い悩みも安心して、体毛を薄くすることができるかと思います。

■KIREIMO

キレイモの料⾦プランの人気は、33箇所の全身脱毛で月額固定 ¥9,500(税別)プランです。

他サロンでは含まれていない場合も多い顔脱毛も追加料金なしです。

もちろん、気になるVIO、両ワキ、背中などの部位もスベスベになりますし、なにより優しい金額ですので通いやすいです。

生活習慣を見直して体の中からキレイになりましょ

毛深い女性には、原因や特徴があると言われています。

自分の原因や特徴をしっかりと把握して、より適切な方法で悩みを解消させましょう。

生まれつき毛深いからといって諦める必要はないです。

改善できることからゆっくり始めていきましょう。

ステキな女性ライフを過ごせますように。