デリケートゾーンの黒ずみの原因はこれだった!解消法はこれ!

デリケートゾーンの黒ずみって意外と見られているもの。その黒ずみの原因は自己処理による肌への刺激や下着による摩擦にあった!?原因をしっかり知ってデリケートゾーンの黒ずみをしっかり解消し、肌だけではなく体の中から黒ずみを改善しましょう!

提供: ジェイエステティック

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

女友達にも相談しにくいデリケートゾーンの悩み。
くすんで黒くなっていない?黒ずみって治るの?
一人で悩むとストレスにつながります。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は主に次の2つです。

メラニン色素

メラニン色素が分泌されると、私たちの肌は黒くなります。
デリケートゾーンの肌でも、もちろん同じ。
メラニン色素の活発な分泌は黒ずみの原因になってしまいます。

私たちの体内から分泌されるメラニン色素は、受けた損傷から皮膚を保護・修復するための自衛機能の一種です。

皮膚の黒ずみは、メラニン色素の分泌によるもの。

肌が小麦色になる日焼け、あるいはケガをしたときに患部が赤黒くなるアザと同様の現象です。

黒くなって戻らないのは、皮膚の厚さが問題だから。

実はとても薄い皮膚をしているデリケートゾーン。

皮膚層の厚さは、二の腕に比べると10分の1しかありません。

デリケートゾーンエリアの皮膚は身体の中でとっても薄い、まさにデリケートな皮膚なのです。

ホルモンバランス

お肌のターンオーバー(新陳代謝)の低下は、デリケートゾーンの黒ずみにつながります。
そのほかに生理不順や肌荒れなど、ホルモンバランスの乱れはさまざまな体の不調につながることも。

外からの刺激を受けることで、生成されるメラニン色素。

ここでポイントになるのが、お肌のターンオーバー(新陳代謝)です。

もし肌が黒ずんでしまった場合でも、きちんとターンオーバーが行われていれば、黒ずんだ肌の角質は自然と剥がれます。

ターンオーバーはお肌が生まれ変わること。
古い細胞は新しい細胞に押し上げられて、最後は自然に剥がれます。

もしターンオーバーが正常に機能しない場合、皮膚が本来の色に戻ることはできません。

これがシミや黒ずみの原因となってしまうのです。

ホルモンバランスを整えて、お肌のターンオーバーを正常に保つことができれば、デリケートゾーンの黒ずみを防げます。

メラニン色素が増える原因とは

"シミを作る原因"というイメージのメラニン色素。
実はお肌にとって重要な役割を担っています。

メラニン色素は肌細胞を紫外線の刺激から守って、皮膚にバリアーを張ってくれます。

だから、肌トラブルを防いでくれる、とても大切な物質なんです。

通常の場合、メラニン色素はターンオーバーによってお肌から排出されます。
でも、紫外線などの刺激を過剰に受けると、排出しきれなかったメラニン色素が残りシミとなってしまうのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因として、メラニン色素が増えてしまうのはこんな時です。

①自己処理による刺激

VIOをケアする女の子が増えています!

VIOゾーンのムダ毛をキレイにケア。

でも自己流による処理は、どうしても肌トラブルを招きがちです。

自己処理が黒ずみの原因になることがあります。

②下着による摩擦

長年の蓄積が黒ずみの原因に・・・。
VIOラインには、下着による摩擦や刺激が毎日積み重なります。

また、どうしても避けられないのがショーツなど下着による摩擦や刺激です。

圧迫された皮膚は、黒ずみしやすくなってしまうのです。

ホルモンバランスが乱れる原因とは

ホルモンバランスの乱れは、お肌の正常なターンオーバーを妨げます。
ホルモンバランスを乱す原因を知って、毎日に役立てましょう。

食生活の乱れ

ついつい手が伸びてしまうジャンクフード。
でも気をつけて!食生活が乱れると、ホルモンバランスも崩れてしまいます。

睡眠不足

充分な睡眠時間は、正常なホルモンバランスのために欠かせません。

過度なダイエット

ダイエットのやりすぎはホルモンバランスを崩す大きな原因になります。

ストレス

やはりストレスは美容の敵!
ホルモンバランスのためにも適度な発散が大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの対処法はこれ

できてしまった黒ずみはもう消えないの?
あきらめないで。対処法をご紹介します。

自己処理をやめる

デリケートゾーンの自己処理は、知らないうちに肌への負担をかけています。
対処法の第一歩目として、まずは自己処理をストップしてみましょう。

脱毛サロンで肌に優しくムダ毛処理を

脱毛のプロにおまかせすれば、いちばん安心。
脱毛サロンの利用を検討しましょう。

脱毛とトータルエステで38年の実績がある「ジェイエステティック」。

デリケートゾーンの脱毛も安心しておまかせできます。

「ジェイエステティック」

お客さまの声では満足度97%。
全国に直営店が100店舗以上あります。
高い評価と実績のサロンです。

デリケートゾーンの処理なら、「デリケート5プラン」がオススメです。

ムダ毛が気になりやすいIVOゾーン5箇所をまとめてお手入れできます。

「デリケート5プラン」は5カ所×2回分で¥5,000(税込)。
初めての方限定のキャンペーン価格です。

「ジェイエステティック」では、スライドショットと冷却ヘッドの脱毛器を採用しています。

施術時はほとんど痛みがないので、安心してデリケートゾーンの脱毛を受けられます。

肌に優しい繊維の下着を選ぶ

締め付ける下着はNG。
コットンやシルクなどのお肌に優しい繊維を選んで、黒ずみを防ぎましょう。

小さすぎる下着を身に着けていませんか?

下着の摩擦は、黒ずみの原因になります。

コットンやシルク素材がおすすめです。

肌のターンオーバーを高める

にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーなど、ビタミンAをはじめとするターンオーバーの効果を高める食材を積極的に摂りましょう。

健康な食生活で、美肌のための理想的なターンオーバーを目指しましょう。

お肌が黒ずむ原因を遠ざけることができます。

海のミルクと呼ばれる「牡蠣(かき)」。
皮膚のターンオーバーを活発にしてくれます。

また、ターンオーバーのためには亜鉛やセラミドも効果的です。

ゴマや牡蠣、こんにゃくなどに含まれています。

デリケートゾーンって美白できる?

黒ずみの原因を避けることができたら、美白効果で黒ずみを解消したい!
デリケートゾーンの美白について、3つの方法をご紹介します。

①ピーリングも効果あり

古い角質を落とすピーリング。
デリケートゾーンで使用できるタイプのジェルもあります。

ピーリングジェルを使って、お手入れする方法があります。

ジェルをこすって垢を落とすことで、お肌がすべすべに。

「ピンクヴァージンエンジェル」ならデリケートゾーンの使用もOKです。

ピンクヴァージンエンジェル

¥2,126(税込) 原産国 : 日本、内容量 : 60g。
メラニンの生成を抑え,しみ,そばかすを防ぐピーリングジェルです。

②デリケートゾーン専用の美白クリームも

ビキニゾーンとデリケートゾーンの黒ずみに気づいて、ドキッとした経験はありませんか?

「イビサクリーム」はデリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリームです。

ブラジリアンワックス専門の脱毛サロンが企画開発した、日本人向けのクリームです。

イビサクリーム

通常価格¥7,000(税別)。
定期配送のキャンペーン価格では¥4,970(税別)で購入できます。
デリケートゾーン専用としては、国内でいちばん人気のクリームです。

③美容皮膚科に通う

黒ずみがひどい場合やどうしても黒ずみを消したい場合は、美容皮膚科でレーザー治療をする方法もあります。

美容皮膚科では、デリケートゾーンの気になる部位にレーザー光線を照射します。

レーザーは皮膚の深層(真皮内)に到達し、黒ずみのもとになるメラニン色素を破壊していきます。

デリケートゾーンの症例や施術実績の多い美容皮膚科を選べば、安心ですね。

美容外科の技術資格や認定を受けているドクターに診察してもらいましょう。

東京広尾にある「みどり美容クリニック」は、女医による女性専用クリニックです。

プライバシー重視の安心感があります。

黒ずみ解消して自信を持ちましょ!

デリケートゾーンの黒ずみの原因を知ったら、食生活や下着選びなど、ふだんの暮らしからちょっとずつ工夫していきましょう。
どうしても気になる黒ずみは脱毛やレーザー治療のプロにおまかせ。
あるいは、専用のジェルやクリームでお手入れするのもいいですね。

毎日のよくない習慣が黒ずみの原因につながります。

正しい方法を選べば黒ずみを解消できます。

キレイなデリケートゾーンで女子力に自信をもちましょう!