脇のブツブツ・黒ずみは治るの?自分で治す方法を教えます。

脇のブツブツ・黒ずみ。原因はあなたのそのお手入れ方法にあるのかもしれません。どうしてブツブツ・黒ずみができてしまうのか。今回は脇のブツブツ・黒ずみの原因を知り、それにあった対処法、そして再発防止方法をご紹介していきたいと思います。

提供: ミュゼ

脇のブツブツ・黒ずみになる原因はコレだった

脇のブツブツ・黒ずみの原因とされているものは大きく分けると3つに分類できます。

ブツブツ・黒ずみは原因によって、対処方法もかわってきます。
間違った対処方法だと、治るものも治らないのです。
そのためには自分のブツブツ・黒ずみの原因を知ることが一番です。


では脇のブツブツ・黒ずみの原因についてご紹介していきましょう。

原因1:乾燥や刺激による色素沈着による黒ずみ

乾燥による黒ずみ。
ブツブツ・黒ずみに悩んでいるほとんどの方の原因といっても過言ではないかもしれません。

カミソリなどのセルフケア、また日々の服や下着で起こる摩擦によって脇の皮膚は非常に乾燥しやすい状態になっているんです。

そんなデリケートな脇に頻繁に外的な刺激を与えることでメラニンが発生し、色素沈着を起こして黒ずみが定着してしまいます。

原因2:埋没毛によるブツブツ・黒ずみ

カミソリや毛抜きなどでセルフケアをしている人がなりやすい埋没毛。

脇毛を無理矢理引き抜いたり、逆剃り、深剃りすることで、皮膚が傷ついて毛穴が塞がり、毛が皮膚内で成長してしまうという埋没毛。

見た目は皮膚内で成長した毛でブツブツになったり、黒ずんでみえたりします。

原因3:毛穴の汚れによる黒ずみ

制汗スプレーやパウダーなどの汚れが、毛穴に入り込み毛穴を詰まらせて皮膚が酸化してしまうことで起こる黒ずみです。

普段のケアでしっかりと脇の汚れが落せていなかったり、汗をちゃんと拭いていなかったりという方はなりやすいです。

また、生活習慣が乱れていてお肌のターンオーバーがうまくできていない方もなりやすいそうですよ。

自分が当てはまるブツブツ・黒ずみの原因はありましたか。


では次からは各々の原因に沿った対処方法をご紹介していきます。
原因と対処方法があっていないとブツブツ・黒ずみは解消されませんので、ここで間違えないようにしましょう。

脇のブツブツ・黒ずみの対処は根気よく、最短でも数か月。

さて、対処方法はこれからご紹介しますが、この対処方法が即効性があるかと言われれば、答えはNOです。

お肌のターンオーバーの期間も考慮して、最低でも数か月は続けて様子を見てあげてください。

これから冬になり、そこまでお肌を露出する機会は減ってきますので、今からセルフケアで対処できれば来年の夏にはきれいな脇を手に入れることができますね。

◆色素沈着による黒ずみの対処方法

普段のケア

セルフケアで対処する際、普段の生活から意識して取り組むようにしましょう。

色素沈着は摩擦が大敵です。
ですので普段から摩擦の少ない下着や洋服を身に着けるように心がけましょう。

また、常に脇を清潔に保つように心がけましょう。
ですが、洗う時に強くこすってしまうと摩擦は起こります。注意しましょう。

乾燥も色素沈着の原因となります。
水分補給を適度にしておくと良いでしょう。

オイル

バイオイル 

バイオイルはお肌のターンオーバーの促進効果のある天然由来成分が多く含まれているそうで、色素沈着したお肌に効果的なんだそう。

ある皮膚科クリニックで68%に色素沈着に改善が見られたという報告もあるそうですよ。

使い方としては、朝・入浴後に清潔な脇に1回2~3滴優しくマッサージするように塗るだけ。
乾燥が気になる場合は回数を増やしてもいいでしょう。

力を入れすぎると摩擦が起こりますので注意しましょう。

豆乳イソフラボン

豆乳イソフラボン化粧水

豆乳には抑毛効果があるといわれるイソフラボンが含まれており、完全に黒ずみを消すことはできませんが、徐々に黒ずみを薄くなっていくようです。

購入する際はイソフラボンの含有量が多いものを選ぶようにしましょう。

手作りで豆乳ローションを作ってみいいかもしれません。

◆埋没毛によるブツブツ・黒ずみの対処方法

普段のケア

まず、埋没毛によるブツブツ・黒ずみが原因の方はセルフケアで毛抜きで処理するということを控えましょう。
また、カミソリでの処理も控えられるようでしたら控えましょう。

どうしても毛抜きしか使えないという場合は、皮膚を挟まないように注意しながら丁寧に処理しましょう。

そして、何より大切なのが、埋没毛を発見しても無理に引き出そうとしないことです。

脇専用美白クリーム

ピューレパール

元祖脇専用の美白クリームといわれているピューレパール。

脇以外にも使用できるクリームで、保湿しながらメラニンを除去していき、ブツブツを沈めていくことができるようです。

朝晩2回、着替えの際に優しく塗るだけでOKです。

ピーリング

白ワキ姫

塗るタイプのピーリング剤なども販売されています。

植物エキス配合で、ピーリングによるお肌へのダメージを最小限に抑えてくれます。
また、フルーツ酸が古い角質を取り除いてくれるそうです。

力を入れすぎるとお肌にダメージを与えますので、力を入れずに使用しましょう。
最低3日に1回程度の使用にしておきましょう。

◆毛穴の汚れによる黒ずみの対処方法

普段のケア

毛穴のつまりは汚れなどの蓄積。

制汗スプレーの使用頻度が高い方はまず、使用頻度を減らすようにしましょう。

また、入浴して体を洗う際、脇をきちんと洗えていない場合は黒ずみが悪化する可能性があります。
きれいに汚れを洗い流すように意識しましょう。

重曹

食用の重曹を水と1:1で

毛穴に詰まった皮脂汚れは酸性。
中和して取り除くためにアルカリ性が良いのですが、強いアルカリ性だと皮膚が溶けてしまいます。

そこで弱アルカリ性の重曹がオススメです。
購入する際は、純度が高い食用の重曹で、原材料が『炭酸水素ナトリウム』か『重曹』のみの表示のものを購入しましょう。

重曹と水を1:1に割合で混ぜペースト状にし、摩擦が起きないように黒ずみが気になる部分に塗り、10分程度パックした後、綺麗に洗い流します。

重曹はお肌のたんぱく質を分解する効果もあるそうなので週1回の使用が良いでしょう。

石鹸

黒ずみ 毛穴専用石鹸

お肌のターンオーバーを促進させる成分が配合されており、埋没毛の原因である古く分厚い角質を取り除いてくれそう。

ほぼ全国のドラッグストアで購入できる商品です。

◆とにかく緊急で脇の黒ずみを隠したい、という場合

ファンデーションで隠します

急にイベント、パーティなどの予定が入り、大きく脇のあいたドレスを着たりしなければいけないとき、そんなときに緊急でケアできたらいいですよね。

そんなときはファンデーションを脇に塗って隠しましょう。

ウォータープルーフ、パウダーファンデーションがベスト

ウォータープルーフタイプで、リキッドよりパウダーファンデーションを選んだほうが良いそうです。

また、黒ずみや毛穴を隠す専用のファンデーションがあればそれを使うと良いでしょう。

使い方はカンタン。黒ずみが気になる部分を中心に脇全体を塗っておきましょう。
また、洗浄は必ず行い、忘れずに保湿もしてあげましょう。
きちんと落せていないと汚れとなってまた新たな黒ずみの原因となってしまう可能性もあります。

セルフケアでは不安という方は

セルフケアによる刺激が原因の場合は、やはりセルフケアを頻繁にすることは避けたいもの。
女性たるものそれはできない相談ですよね。

そんな方にオススメなのが脱毛サロンです。
脱毛サロンであれば、お肌への負担がセルフケアに比べてかなり軽減され、またアフターケアが充実していますので保湿もしっかりしてくれます。

なので黒ずみも解消されていくという一石二鳥の成果が得られるんです。

脱毛サロンへ通うことで黒ずみを薄くするという方法

サロンで脱毛してもらいながらケア

脱毛って聞くと、高い、痛いというイメージがあるかと思いますが、最近の脱毛事情はとても進化しています。

オススメはミュゼ

両ワキ美容脱毛完了コース ¥3,600

なんと、自分が納得するまで通うことができるこのコース。
忙しい方でもお店へ行って帰るまで約30分で終わるというスピーディなコースです。

WEB予約をすると¥1,000OFFで¥2,600になります。

ミュゼで黒ずみは本当に消えるのか

サロンでの施術を受けるだけで本当に黒ずみは消えるのか不安ですよね。
確かに個人差はあるようですが、実際に通っていた方の口コミをみてみましょう。

脱毛効果は、もともと毛があまり無いこともあり、自己処理と同じ感じなのですが黒ずみは確かになくなっている気がします。

出典:http://xn--98jwbwcz987a5mua5zlzv9a.biz

教えてもらったことを自宅でやりながら、何回かミュゼプラチナムの腋毛脱毛を行いましたが、脇の黒ずみも薄くなっていき脱毛が終わる頃には、つるつるで明るい脇になりました。

出典:http://xn--98jwbwcz987a5mua5zlzv9a.biz

スタッフさんに相談すれば、黒ずみ解消の方法を指導してくださるようですね。
また、確実にセルフケアの回数が減っていくのでお肌への刺激が減り、ブツブツ・黒ずみの解消につながっていくのではないでしょうか。

◆皮膚科、美容皮膚科を受診する

費用は高くなりますが、一日でも早くブツブツ・黒ずみとさよならしたい、という方は皮膚科や美容皮膚科の受診がいいかもしれません。

セルフケアより、確実に専門医による治療を受けられるわけですからトータルではセルフケアより安くつくかもしれないですね。

薬剤塗布の治療や、レーザー治療などがあるそうですので、相談して自分に合った治療方法を選んでみるのも良い方法だと思います。

今から根気よく始めれば成果はでます。

いかがでしたか。

まずは自分のブツブツ・黒ずみの原因を知ることが大切です。

そして対処方法もセルフケア、サロンケア、自分に合った方法を選択しましょう。
今から根気よく続ければ来年の夏はブツブツ・黒ずみなんて気にせず自信をもって脇を出せるファッションが楽しめるはずです。

頑張ってくださいね。