【DRAGON BALL】今も愛される続けるアニメ、ドラゴンボール!

子供のころ楽しみだったアニメと言えば『ドラゴンボール』という方も多いのでは?めちゃくちゃ強い主人公やどんどん出てくる強い敵など、少年漫画の王道とも言えるアニメですよね!そんなアニメ・ドラゴンボールシリーズについて色々とまとめてご紹介します。

世代を超えて愛されるアニメ・ドラゴンボール!

『ドラゴンボール』は、1986年に放送を開始した大人気アニメです。
主人公・孫悟空の奇想天外な冒険ストーリーが面白く、当時の子供たちはみんな筋斗雲と如意棒に憧れました。

そんなアニメ・ドラゴンボールについて、色々とまとめてご紹介します!

ドラゴンボールのアニメシリーズを順番にご紹介

ドラゴンボールのアニメシリーズはどのように続いていたのでしょうか?
始まりの『ドラゴンボール』から、順番にご紹介していきます。

ドラゴンボール

ドラゴンボールシリーズの一番初めのアニメは、1986年2月よりスタートしました。
開始当初はギャグ漫画の要素も高く、登場人物たちも一癖ある面白いキャラクターばかりでした。

初代のドラゴンボールには、あのアラレちゃんが出演していたのをご存知ですか?
言うまでもなく同じ鳥山明先生の作品ではありますが、他のアニメキャラが出てくるなんて面白いですよね!

たくさんの仲間たちとの出会い、亀仙人の厳しい修行などを交えながら、ドラゴンボールを集めていく悟空の冒険がとても楽しいアニメでした!
天下一武道会までで初代の『ドラゴンボール』は終了、その後の流れで『Z』へと続いていきます。

ドラゴンボールZ

『ドラゴンボールZ』は、前作の『ドラゴンボール』を引き継ぐ形でそのまま開始したアニメです。
一番変わったところは主人公・孫悟空の息子、孫悟飯が登場したことではないでしょうか。

ドラゴンボールZはとても長いアニメなので、各エピソードを順に追ってご紹介します。

サイヤ人編

アニメ・ドラゴンボールZでの一番初めのエピソードは、サイヤ人が地球に攻め入ってくる内容でした。
悟空の兄・ラディッツや、後に仲間になるベジータも登場します。

フリーザ編

続いてのアニメ・ドラゴンボールZのエピソード「ナメック星編」では、そのインパクトのあるキャラクターから未だに人気の高い、フリーザが登場します。
3段階の変化をするなど、まさに最強と思われたフリーザも最後は悟空の前に敗れました。

ガーリックJr.編

続いては、アニメオリジナルの展開となるガーリックJr.編です。
魔族の生き残りであるガーリックJr.が、天界を制圧して地球を手に入れようとする話でした。

人造人間編

アニメ・ドラゴンボールZの続いてのエピソードは『人造人間編』です。
ここで、未来から来た謎の青年・トランクスの存在が明らかになります。
人造人間18号は、後にクリリンと結婚していましたね。

人造人間・セル編

人造人間編からそのまま続く形でセル編になります。
この頃になると、初期のドラゴンボールのアニメとはイメージも全く違ってきますね。

魔人ブウ編

アニメ・ドラゴンボールZの最後の敵は、魔人ブウです。
正真正銘最強の敵なのですが、見た目の可愛らしさと純粋な心を持っているところから、人気のあるキャラクターでもあります。

ドラゴンボールGT

続いてのアニメシリーズは、『ドラゴンボールGT』です。
こちらも『Z』シリーズからそのまま引き継ぐ形でスタートしましたが、原作は既に終了していたため、完全アニメオリジナルの作品となっています。

ドラゴンボールGTが1997年11月に終了し、アニメ・ドラゴンボールは一旦ここで終わりになりました。
しかしその約12年後、また新たにアニメ放送が再開されるのです。

ドラゴンボール改

ドラゴンボール改は、ドラゴンボールZをデジタルリマスター編集したもので、2009年4月より放送開始しました。
会話や戦闘中の余計な部分をカットしてスピーディーな展開になっただけでなく、音声なども再録していたので、ある意味では新作とも言える作品ですね。

『セル編』までで一旦終了していたドラゴンボール改ですが、2014年より再度放送を開始し、『魔人ブウ編』の最後まで放送されました。

ドラゴンボールのアニメ最新作!

ドラゴンボール改が終了後、今度はなんとアニメオリジナルのストーリーで新作が放送されることが発表されたのです!

ドラゴンボール超(スーパー)

全世界のファンが待ちわびていたと言っても過言ではない、アニメオリジナルの新作が『ドラゴンボール超(スーパー)』です。
原作者の鳥山明氏がストーリー制作に関わっているとのことで、開始前から話題にもなっていました。

作画崩壊?

満を持して始まった『ドラゴンボール超』ですが、「作画が崩壊している」とにわかにネット上で話題になっているようです。
一体どのような内容なのでしょう?

ドラゴンボール超の作画が大変

記事番号:108517/アイテムID:3462356のツイッターの投稿画像

Wed Oct 19 11:27:13 +0000 2016

ドラゴンボール超の作画がひどくなってて最近楽しみ! https://t.co/UZfXb13JVt

記事番号:108517/アイテムID:3465224のツイッターの投稿画像

Sun Oct 16 14:02:33 +0000 2016

Twitter上でも作画についてはかなり話題になっていました。
確かに画像を見る限り昔のドラゴンボールとは少し違った作画ですが、これだけ話題になるということは、みんなが期待して見ているということの証だと思います。

アニメオリジナルでありながら、原作者が関わっていることでストーリー的にはかなり面白いと評判でもある『ドラゴンボール超』。
子供の時のワクワクを思い出したい方は、一見の価値ありそうですね!

聞くと今でも熱くなる、ドラゴンボールのアニメ主題歌

さらに子供時代のワクワクを思い出させてくれる、アニメ・ドラゴンボールの代表曲をご紹介します。

摩訶不思議アドベンチャー

初代のアニメ主題歌は、高橋洋樹さんが歌う『摩訶不思議アドベンチャー』でした。
「掴もうぜ!ドラゴンボール!」のフレーズは、今聞いてもカッコいいですね。

CHA-LA HEAD-CHA-LA

ドラゴンボールZの主題歌は「CHA-LA HEAD-CHA-LA(チャラヘッチャラ)」です。
ドラゴンボールと言えばこの曲!という人も多いですよね。

WE GOTTA POWER

ドラゴンボールZの第200話から最終話までの主題歌は、『WE GOTTA POWER』でした。
最後の「ドラゴンボールZ!」という所が凄くカッコ良くてゾクゾクします!

いつまでも愛されるアニメ、ドラゴンボール!

初代アニメの放送開始から30年がたった今もなお、根強い人気を誇るアニメ・ドラゴンボール。

これからも、新しいワクワクをたくさん見せて欲しいですね。