クリーニング代を節約できる!スーツの洗い方をマスターしよう

大事な洋服やスーツなどはクリーニング店にお願いすることが多いですが、自宅での洗い方を一度マスターすればすごい節約になります。洗濯機の機能や洗剤も進化しています。一度、スーツの洗い方を学んでみませんか。長い目でみると、絶対にお得です。

クリーニング代はバカにならない

クリーニングをどれくらいの頻度で利用しているでしょうか。

季節によっても変わりますが、汗を各シーズンは毎週クリーニング。そうでなくても1ヶ月~2ヶ月くらいでスーツをメンテナンスします。

1ヶ月に1度スーツをクリーニングに出すとしても、年間では結構な金額になります。それを何年、何十年と続けることを考えてみてください。

クリーニングに持っていく手間なども考慮して、自宅での洗い方をマスターした方が良いのではないでしょうか。

スーツは家で洗濯できない?

そもそもスーツは家で洗濯できないものなのでしょうか。

スーツはなぜ自宅で洗えないのでしょうか。通常、家庭の洗濯機で洗っているものとの違いで考えてみましょう。

縮み、シワ、型崩れの恐れ

一般的にスーツの素材はウールです。ウールは洗濯すると縮んでしまい、裏地で使用されるキュプラも小じわが残ってしまいます。

縮みやシワは、全体の型崩れを起こします。

色落ちの恐れ

ファッショナブルな女性であれば、スーツのカラーや素材も豊富ですよね。洗濯前にチェックすればある程度は避けられますが、洗濯することで色落ちは避けられません。

自宅では特に洗い方を注意しなくてはいけませんね。

風合いが損なわれる

ウールが水に濡れてキューティクルが乱れると、表面が毛羽立ちフェルトのようになってしまいます。スーツの光沢もなくなりがちです。

クリーニング店の高い技術によって、上記のようなトラブルを避ける洗い方が行われているのですね。

~スーツの洗い方~ 準備するもの

ではトラブルを避ける洗い方をするために、必要なものをチェックします。

おしゃれ着洗い用洗剤

ドライクリーニング専用の洗剤を用意します。色合いや風合いを保ち、型崩れを防ぐための中性洗剤です。

スーツの素材で多いウールはタンパク質でできた素材なので、普通の弱アルカリ性の洗剤では縮みや劣化につながります。

洗濯ネット

表面が毛羽立つのを防ぐために、ネットを使用して洗いましょう。スーツのサイズやパンツ、スカートなど大きさや枚数を確認しましょう。

ハンガー

スーツのサイズに合ったハンガーを用意します。肩の部分は厚みがあるものが良いでしょう。スカートやパンツはピンチハンガーで吊るしても構いません。

アイロン

いくら上手な洗い方をマスターしても、アイロンがなければ台無しです。シワを伸ばすために、必須アイテム。使いやすいアイロンがあればいいですね。

~スーツの洗い方~ 事前のチェックポイント

準備が出来たところで、洗い方のポイントをまとめます。

上下セットで洗う

セットアップのスーツであれば、必ずジャケットとパンツやスカートは同時に洗いましょう。若干の色落ちにより色がずれてしまうことがあります。

洗濯表示の確認

素材の確認と洗濯表示の確認をします。ドライマークがついていれば、ドライ専用洗剤で洗えます。スーツにシルクやカシミア等が混ざっていたら、クリーニング店に相談しましょう。

※今回はウールのスーツでの洗い方なので、高級素材の場合は別途クリーニングなどの方法をおすすめします

色落ちの確認

洗剤の原液を白いタオルやティッシュなどにつけ、スーツの目立たないところでトントンと軽くたたいて確認します。

ポケットの中を確認

スーツの洗い方だけでなく、洗濯をする時の基本です。ポケットの中身を出しておきましょう。意外と小さなものや、女性であればピンやゴム、アクセサリーが入っていることも。

洗い方をマスターしよう

実際に洗い方をマスターしていきましょう。

シミや汚れ部分に原液を塗る

スーツにシミや汚れが気になる部分があれば、洗剤の原液を塗りこみます。馬毛ブラシなどがあれば、やさしく塗り広げられます。

たたんでネットに入れる

スーツはたたんで洗濯ネットに入れましょう。ジャケットは2つ折り、パンツは3つ折り程度にします。

ジャケットのボタンは外し、パンツやスカートは金具とファスナーは閉めておくこと。

汚れが気になる部分が表になるよう、たたみます。

洗濯ネットごと洗濯機に入れる

スーツをたたんだら、洗濯ネットに入れてそのまま洗濯機に入れます。洗濯ネットの中でスーツが動きすぎないよう、ピッタリサイズを選ぶことが大事です。

洗濯コース

洗濯機の機能を確認しましょう。洗い方はドライマークのスーツにはドライコースか弱流コースで洗います。手洗いマークのスーツには、手洗いコースがあればその機能を使うのがポイントです。

洗濯機に手洗いコースがなければ、ドライコースか弱流コースを使用します。

洗剤はムラにならないように

洗剤が一部にだけついてしまうことのないよう、溶かして入れるのがベストです。または、洗濯機に水が入ってからいれるのがよいでしょう。

洗い方で、大切なポイントです。

仕上げが重要

スーツの洗い方がばっちりでも、そのあとの処理がていねいかどうかで仕上がりが変わります。

洗濯が終わったらすぐに取り出し、ハンガーにかけます。その際、手で広げたりシワを伸ばすことをお忘れなく。

スーツは日陰か室内に干しましょう。

更に丁寧に干すならば、ハンガーの肩の部分にタオルを巻きつけて厚みを出すと型崩れ防止に役立ちます。

タオルをおもしにする

スーツの肩口や袖口などにタオルを丸めて入れると、「おもし」代わりになりシワを伸ばせます。乾きにくい部分も乾かせるので一石二鳥です。

ピンチハンガーでつり干し

スーツのスカートやパンツは、ピンチハンガーで筒状にして干します。センタープレスのあるパンツは表側、ないパンツは裏返しで干すのがおすすめです。

アイロンがけ

ほぼ乾いたけど、触ると少し湿っているかなという状態でアイロンをかけます。その方がシワが伸びやすいです。

せっかく洗い方をマスターしても、シワシワではもったいない!

スーツの洗濯表示を確認し、アイロンの温度は適正に保ちましょう。
当て布も忘れないようにし、シワがつきにくいように裏地、表地の順番でかけます。

スーツの肩や袖の部分は、バスタオルなどを筒状にまるめて内側にあてると丸みに沿って立体的に仕上げることができますよ。

自宅で洗おう

スーツの洗い方は、それほど難しくありません。コツをつかめば、いつでも自宅で洗えるようになります。
自信がないなと思っても、少しずつチャレンジしてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ